「熱い気持ちをもって一生懸命戦います」。2度目の防衛戦に臨む山中慎介にWOWOWが独占インタビュー!・・・11月3日(土)午後4:45~[WOWOWライブ]にて生中継(無料放送)!

PR TIMES / 2012年11月1日 15時41分



WBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳)とWBC世界フライ級王者・五十嵐俊幸(帝拳)が、11月3日(土)「TOUCH!WOWOW 2012」の日に宮城・ゼビオアリーナ仙台でダブル世界タイトルマッチに臨む。この試合は東北復興支援チャリティーイベントとして、WOWOWでは無料放送で生中継する。山中選手は、切れ味抜群の左ストレートを武器とするWBC世界バンタム級チャンピオン。2度目の防衛戦となる今回は、S・フライ級で2度の世界タイトル獲得経験を持つWBC世界バンタム級6位の強豪、トマス・ロハスと対戦する。大注目の一戦を前にWOWOWが山中選手に独占インタビューを行った。


――2度目の防衛戦が迫ってきました。現在のコンディションはどうでしょう?

夏場はあまり調子が上がらなかったんですが、徐々に涼しくなってきて、調子もやっといい感じになってきています。


――今回が2度目の防衛戦となるわけですが、どんな戦いをしたいですか?

倒すだけでなく、しっかりポイントもとって、最終的には倒せるようなボクシングをしたいですね。相手もポイントをとるのが巧いというイメージがあるので、そういう選手からしっかりポイントをとって、弱らせて倒すという形が理想。今回はそれがテーマです。


――世界的なビッグネームであるダルチニャンを倒した前回の初防衛戦を振り返ってください。内容的には圧勝だったと思うのですが、どんな試合でしたか?

作戦通りといえば作戦通りでしたが、もうちょっといけたかなという部分は映像を見て思いました。今後の課題にできればいいかなと思っています。


――初防衛戦は難しいとよく言われますがいかがでしたか?

初防衛としてのプレッシャー、緊張というのは全くなかったですね。やっぱり相手があれだけ名前のある選手だったので、試合への意識が強かったです。


――ダルチニャンを粉砕して、自分の中で変わったことは?

試合までの精神的な成長というのは感じますね。試合中もここ最近は落ち着いてできるようになっていますし、そこが一番大きいです。


――11月3日のタイトルマッチは仙台での試合です。仙台への思い入れなどはありますか?

仙台には今年の4月に試合終わってからボランティアで行かせてもらいましたし、いろいろ辛い環境をみているので、思いはあります。そこに住まれていた方にも話を聞いて、悲しいこともいっぱいあったんですが、みんな元気に話されたりしていたので、すごいなとこっちが逆に元気をもらっていました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング