1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界の自己回復グリッド市場ーコンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、アプリケーション別(配電線、送電線)、エンドユーザー別、および地域別ー予測2022ー2030年

PR TIMES / 2021年11月22日 20時45分

SDKI Inc.が「世界の自己回復グリッド市場ー予測2022ー2030年」の新調査レポートを2021年11月22日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58594



自己回復グリッド市場は、2022年に24.3億米ドルの市場価値から、2030年までに44.4億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に9.0%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1429/resize/d72515-1429-55b61d2c4af27d25e92d-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-self-healing-grid-market/172

自己修復グリッドは、リアルタイムの分布データを使用する高度なソフトウェア、自動制御、およびセンサーで構成されるシステムです。これは、障害を特定して切り分け、影響を受ける顧客を最小限に抑えるために配電ネットワークを再構成するのに役立ちます。自己修復グリッドの主な目標は、システムの信頼性を高めることです。これは、サプライフィーダーに取り付けられているリクローザーとスイッチを再構成することで実現できます。このシステムは、リアルタイム通信技術とデジタルコンポーネントを利用して、常に自身の電気的特性を監視します。また、これは、より安定した有用なシステムを維持するいくつかの利点を提供します。

電力会社をサイバー攻撃から守る必要性の高まり、およびスマートグリッドなどのスマートエネルギーインフラストラクチャへの政府投資の増加は、予測期間中に自己回復グリッド市場の成長を促進するいくつかの主要な要因です。さらに、通信技術の進歩、および老朽化したグリッドインフラストラクチャの近代化は、今後数年間で自己回復グリッド市場の成長のための有利な機会を生み出す可能性があります。しかし、高い初期設置コスト、および新興国での自己修復グリッド技術の低い受け入れは、予測期間中に世界の自己修復グリッド市場の成長を制限する可能性があります。

モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、5G(第5世代セルラーテクノロジー)、ロボット工学、仮想現実と拡張現実、クラウドコンピューティングなどの継続的な技術の進歩は、市場の成長の主要な貢献者です。また、これらの革新的なテクノロジーが世界中のビジネスとサービスのほぼすべての部分に与える顕著な影響も、市場の成長に貢献しています。国連貿易開発会議(UNCTAD)の分析によると、5G市場は2018年に608百万米ドルを占めており、さらに2770億米ドルを占めると推定されています。5Gの仕事の数が最も多いのは中国(950万人)で、米国(340万人)と日本(210万人)に続くと推定されています。UNCTADによる他の分析では、日本のICT財輸出(総財輸出の%)は2019年に8%を占めました。同様に、同じ年に米国が8.7%を占めており、ドイツが4.9%、英国が4%、フランスが3.8%と続きました。この成長は、予測期間中に市場の成長を後押しすると推定されます。

自己回復グリッド市場セグメント

自己回復グリッド市場は、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、アプリケーション別(配電線、送電線)、エンドユーザー別(公益事業、民間公益事業)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

自己回復グリッド市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米は、収益と市場シェアの点で主要な地域です。これは、自己回復グリッド技術、とこの地域での配電グリッドの開発に対する政府のイニシアチブの増加に起因しています。しかし、アジア太平洋地域の自己回復グリッド市場は、2022ー2030年の予測期間中に高い成長率/ CAGRで表示されると予想されます高度なグリッドインフラストラクチャと障害検出システムへの投資の増加、および膨大なエネルギー需要を伴う人口の増加により、この地域の自己修復グリッドの需要が高まっています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

自己回復グリッド市場の主要なキープレーヤー

自己回復グリッド市場の主要なキープレーヤーには、Benchmarking、ABB、Eaton、Siemens、GE、G&W、Schneider Electric、Landis+Gyr、Cisco、Oracle、Infosys、Sentient Energyなどがあります。この調査には、自己回復グリッド市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58594

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください