「ロイヤルプロ藤沢並木台」オープン(ニュースリリース)

PR TIMES / 2020年10月29日 18時45分

■職方の「安心」に応える、厳選した商品と豊富な在庫を持つホームセンター 

 大和ハウスグループのロイヤルホームセンター株式会社(本社:大阪市西区、社長:中山正明)は、2020年11月5日(木)、神奈川県藤沢市において、全国で59店舗目、神奈川県下で10店舗目となる「ロイヤルプロ藤沢並木台」をオープンします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/2296/1430/resize/d2296-1430-479611-0.jpg ]

 「ロイヤルプロ藤沢並木台」は、職方に特化した品揃えのプロ業態で、どんな時でも頼りにされる“安心感のあるお店”をコンセプトに、電動工具や木材、水道用品など職方向けの商品を約37,000アイテム(※1)取り揃え、建築関連の現場で働くお客さまのベストサポーターとして、様々なご要望にお応えします。
 また、当店は太陽光発電システムや、エネルギー消費を管理し、自動で出力を調整できる空調制御システムなどを採用したZEB化実証店舗として、快適性と省エネルギーを両立させることで、環境に配慮した店舗を実現しました。
 「ロイヤルプロ藤沢並木台」は地域に根ざし、皆さまに愛される施設を目指します。
※1. 同一商品で色やサイズなど異なるものも含みます。


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/2296/table/1430_1.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/2296/1430/resize/d2296-1430-234359-1.jpg ]


●開発背景
 「ロイヤルプロ藤沢並木台」が面している県道312号田谷藤沢線は、都市計画によると「新江ノ島水族館」などが面している国道134号線まで延長予定で、交通量の増加が予想されるため、来店されるお客さまの増加が見込まれる場所となっています。
 また、ドミナント戦略(※2)として、日用品や収納用品、家電など一般のお客さま向けの商品も多数取り扱っている「ロイヤルホームセンター藤沢」や「ロイヤルホームセンター戸塚深谷」などが周辺に位置しているため、今回は職方に特化した店舗を展開することで、相互連携を図り、地域のお客さまのニーズにお応えします。


 
 あわせて、藤沢市は横浜市への通勤圏としても人気が高い地域で、人口は神奈川県下で4番目となる43万人以上(※3)で、年々増加しているため、周辺のマンションや、戸建住宅のリフォーム・建て替えなどが進み、建築関連の商品需要が高まることが期待されます。
※2. 特定の地域に集中して出店し、経営効率を高める戦略。
※3. 神奈川県ホームページより。2020年9月1日現在。



1. 約37,000アイテムを取り揃えた工具・資材関連売場
 工具・資材関連売り場では、建築関係や内装工、配管業者など現場での作業に従事している方向けに、電動工具や木材、水道用品など、約37,000アイテム(※1)取り揃えました。
 特に、金属類のビスやネジなどの商品は、様々な種類を使用することを想定し、当社最大級の約10,000アイテム(※1)を用意するとともに、塗料や補修商材など、お客さまから要望が多い内装関連の商品も約3,000アイテム(※1)取り揃えました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/2296/1430/resize/d2296-1430-763653-2.jpg ]

 また、当社同規模店舗と比べ、屋外の軒下売場の面積を約1.8倍広く確保し、集成材や単管パイプなどの資材関連商品を、店内売場と合わせ約4,400アイテム(※1)取り揃えました。
 木材関連商品は、年間を通して上小節(※4)にこだわった質の高い「赤松」や、国産の杉を使用した「LVL」(※5)など、品質にこだわった商品を約250アイテム(※1)取り揃えました。
※4. 木材の材面品質を表す等級の一つ。
※5. 複数の薄い板の繊維方向を揃えて積層後、接着して造られる建材。


[画像4: https://prtimes.jp/i/2296/1430/resize/d2296-1430-314599-3.jpg ]

2. 「人と地球にやさしい」店舗を目指した、「ロイヤルプロ」では初のZEB化実証店舗
 当社は「ZEBリーディング・オーナー」(※6)に登録し、「人と地球にやさしい」、共創共栄を目指した店舗を建築しています。
 今回は、「ロイヤルプロ」では初のZEB化実証店舗として、自然の力を活かす「パッシブコントロール」や、省エネを実現する「アクティブコントロール」、エネルギーを見え化する「スマートマネジメント」の3つの環境技術を組み合わせたことに加え、屋上に設置した太陽光発電システムの発電エネルギー(51.8kW)を活用することで、年間の一次エネルギー消費量を約76%削減し、快適性と省エネルギーを両立しています。
※6. ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の実現・普及に取り組む建築主。

(1)自然の力を活かす「パッシブコントロール」
 外皮性能向上のため、外壁および屋根には断熱性の高いグラスウール断熱材を使用した他、開口部の最小限化、壁面緑化などを取り入れています。

(2)省エネを実現する「アクティブコントロール」
 エネルギー効率の高い空調設備や、LED照明器具を全面に採用しています。

(3)BEMSを活用したエネルギーを適性に制御する「スマートマネジメント」
 BEMS(※7)を活用することで、エネルギー量の見える化を図り、エネルギー消費を監視。大幅なエネルギー消費が発生しそうな場合には、自動的に空調出力を抑制し、最適運転を行います。
※7. 省エネルギーに役立てるために、建物のエネルギーや室内環境を把握するシステム。

[画像5: https://prtimes.jp/i/2296/1430/resize/d2296-1430-565768-4.jpg ]

3. 店舗設計から各種サービスまで、お客さま満足度向上を目指した取り組み

[画像6: https://prtimes.jp/i/2296/1430/resize/d2296-1430-447774-5.jpg ]

(1)サッと買ってサッと出れる、お買い物しやすい売場

 車14台分の積み込み場を入り口近くに設けるとともに、大型商品購入後もすぐに車へ積み込めるよう、従業員が積み込み作業をサポートすることで、職方もスピーディーに現場へ向かうことができます。
 また、早朝営業(6時30分~)を実施することで、朝早い建設現場での作業開始前にもご利用いただけます。


(2)お得にお買い物できる会員サービス
[画像7: https://prtimes.jp/i/2296/1430/resize/d2296-1430-904160-6.jpg ]

 お客さまにお得にお買い物をしていただけるよう、ポイント還元などのサービスが受けられる、会員制度をご用意しています。
 一般のお客さま向けには、クーポン情報が受け取れ、ポイントが当たるスクラッチくじに毎日挑戦できる「スマホ会員証」(※8)や、法人・個人事業主のお客さま向けには還元率が高く、最大88日後にお支払い可能な「プロカード」(※9)など、お客さまのお買い物のスタイルに合った会員制度をご利用いただけます。

■「ロイヤルプロ藤沢並木台」の概要

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/2296/table/1430_2.jpg ]


[表3: https://prtimes.jp/data/corp/2296/table/1430_3.jpg ]



[表4: https://prtimes.jp/data/corp/2296/table/1430_4.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング