アジア・テレビジョン・アワード2012にWOWOWオリジナルドラマ3作品が初ノミネート!

PR TIMES / 2012年11月15日 16時11分

WOWOWのオリジナルドラマが、アジア・テレビジョン・アワード2012にノミネートされました。当社の作品が同賞にノミネートされるのは初めてです。
今回ノミネートが決定した作品は以下の3作品です。


■連続ドラマ部門
「連続ドラマW 推定有罪」
■単発ドラマ・テレビ映画番組部門
WOWOW開局20周年記念番組 ドラマWスペシャル 倉本聰「學」
WOWOW開局20周年記念番組 三谷幸喜「short cut」


アジア・テレビジョン・アワードは、アジア各国のテレビ放送業界において優れた番組や人物、技術などを表彰する国際的な賞で、1996年の創設から今年で17回目を迎えます。ドキュメンタリー、ドラマ、アニメーションなど30を超える部門で表彰が予定されており、受賞作の発表および授賞式は12月6日(木)にシンガポールで行われます。
WOWOWオリジナル番組については、「連続ドラマW 贖罪」が第69回ヴェネチア国際映画祭など主要な国際映画祭で上映された他、「ブルーマン×鼓童 BLUEMAN MEETS和太鼓」、「ブルーマン×市川亀治郎 BLUEMAN MEETS 歌舞伎」が第40回国際エミー賞の芸術番組部門にノミネートされるなど、日本だけでなく海外からの注目度も高まっています。
WOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。」のコンセプトの下、今後もオリジナルコンテンツの充実を図り、上質なエンターテインメントをお届けしていきます。


【お問い合わせ先】

(マスコミ関係)広報部 TEL03(4330)8080
(IR関係)IR経理部 TEL03(4330)8089


■ 「連続ドラマW 推定有罪」 概要
初回放送
2012 年3 月25 日(日)~4 月22 日(日) <全5 話>
番組内容 ※番組情報は初回放送時のものです。
戦場を取材していたジャーナリスト・加山(仲村トオル)の元に衝撃的な一報が入る。12 年前に起こった幼児殺害事件の犯人として服役していた篠塚(國村隼)が、実は冤罪だったのだ。当時、この事件の取材をしていた加山は、確信を持って篠塚が犯人だという記事を書き続けていたが、12 年を経てそれが誤っていたと立証されてしまった。篠塚の弁護人・石原(黒木瞳)は会見を開き、警察のずさんな捜査を非難、失われた12 年の苦しみを訴える。しかし、篠塚の娘・美保(本仮屋ユイカ)は、今になって出所した父親に対し、複雑な思いを抱く。また、被害者の姉・弘子(ミムラ)も、この事実を受け入れ難く感じていた。会見を厳しい表情で見つめる刑事・浅田(陣内孝則)は、篠塚を犯人として刑務所へ送り込んだ張本人。無実の人間を捕らえてしまった浅田、犯人に仕立てて世論をあおってしまった加山。…それぞれが今、“冤罪”という事実に向き合いはじめる。
<スタッフ・キャスト>
原作・脚本:前川洋一
監督:鈴木浩介
出演:仲村トオル、黒木瞳、ミムラ、本仮屋ユイカ、寺島進、松尾スズキ、中村俊介、袴田吉彦、相島一之/草笛光子、竜雷太/光石研、柴俊夫、陣内孝則(友情出演)、國村隼 ほか

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング