1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

レーザーマーキング装置の市場規模、2027年に47億米ドル到達予想

PR TIMES / 2021年11月1日 19時15分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「レーザーマーキングマシンの世界市場:用途別・種類別・地域別の展望、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響の分析、将来予測 (2021年~2027年)」(KBV Research)の販売を11月1日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/kbv1029594-global-laser-marking-machine-market-by-type-by.html



[画像: https://prtimes.jp/i/71640/1457/resize/d71640-1457-273b2df01e05b9775a2e-0.png ]


レーザーマーキング装置の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR7.6%で成長し、2027年には47億米ドルに達すると予想されています。レーザーマーキング装置は、永久的なレーザーマークを表面に印刷するために利用される機械装置を指します。グリーンレーザー、ファイバーレーザー、紫外線(UV)レーザー、YAGレーザー、CO2レーザーなどの集光ビームを利用してマーキングを行います。

この光は特定の場所を狙って照射されるため、高品質で正確、かつコントラストの高いマークを刻むことができます。一般的に、これらのマーキングには、バーコードの機械読み取り可能なデータ、シリアルナンバーのテキスト、マトリクスコードやグラフィック、固有の識別コードなどが含まれます。また、セラミック、チタン、スチール、プラスチック、アルミニウム、木、ガラス、銅、紙などの様々な表面に刻印することができます。

さらに、これらのレーザーマーキング装置は、より速く、永久的で、正確なマーキングや彫刻を提供します。優れたビーム品質、高効率、優れた信頼性により、多くの産業用途に使用されています。また、電子・半導体分野では、シリコンウェハーやプリント基板にレーザーマーキングを行い、トレーサビリティーを確保するために利用されています。レーザーマーキングとは、集中した光のビームを利用して、表面に永続的なマークを刻む方法で、連続波、ファイバー、パルス、グリーン、UVなどのレーザー加工機で実行される幅広いアプリケーションが含まれます。


COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの影響で、医療分野ではレーザーマーキング装置やサービスの需要が急増しました。マスクなどの医療機器の需要が急増したことで、世界的にレーザーマーキング装置の需要が高まっています。COVID-19患者の治療に使用される医療機器は、パンデミックの影響を受けて需要が急増しています。

多くの医療機器メーカーや企業が、製品にブランド名やその他の認証を刻印するためにレーザーマーキング装置を採用しています。さらに、サンプル採取用のポリプロピレンチューブを備えたCOVID-19検査キットの需要が高く、UVレーザーを使用してさまざまな認証事項を記載することで、レーザーマーキング装置市場の成長を加速させています。COVID-19キットのこれらの刻印は、患者を識別するために、特定の情報をマーキングしています。

市場の成長要因

製品のトレーサビリティーの重要性の高まり

レーザーマーキング装置は、素材を問わず様々な製品に、重要な情報や関連情報を刻印するのに役立ちます。これらの機械は、バーコード、ブランド名、製造日などの情報を永続的かつ正確にマーキングします。また、電子・半導体分野では、シリコンウェハーやプリント基板へのレーザーマーキングに使用され、トレーサビリティの確保に役立っています。

より速く、より正確なマーキング

レーザーマーキングの技術は、より迅速で、時間の節約に役立ちます。従来のマーキング方法は、特定の工具を使用し、慎重に実行しなければならず、非常に時間がかかっていました。それに比べて、レーザーマーキングは命令するだけで、何の問題も時間の無駄もなく、命令された仕事をすることができます。さらに、企業のプロセスを加速させ、コスト削減にもつながります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/kbv1029594-global-laser-marking-machine-market-by-type-by.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: https://www.gii.co.jp
委託調査: https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会: https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください