パナソニック、欧州で車載と産業分野に注力~エレクトロニカ2014に出展

PR TIMES / 2014年11月14日 16時28分



パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ ヨーロッパ(PAISEU)は、2014年11月11日~14日、ドイツ・ミュンヘンで開催されている「electronica(エレクトロニカ)2014」に出展。これは、同年10月1日に欧州におけるパナソニックの車載と産業分野の戦略を統合し、ビジネス拡大を目的に設立されたPAISEUとして初の出展となります。

PAISEUのウィルヘルム・スティーガー社長はエレクトロニカ出展に際し、「欧州のお客様のニーズを理解し、ご要望にいち早く対応するためにPAISEUは設立されました。新会社の社長として、新技術の導入を加速し、欧州での開発に注力していきます。私たちは、欧州のお客様に最適なビジネスパートナーだと認めていただけるよう、パナソニックブランドを強化していきたいと思います」と語っています。

▼【速報動画】パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ ヨーロッパ electronica 2014で総合力を披露
※日本語字幕をONにしてご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=r_-g6bJEPkI


▼【写真】Panasonic at electronica 2014
https://plus.google.com/photos/102894371789579256396/albums/6080807285315398561

<展示ハイライト>

■車載関連
パナソニックは世界中の主要メーカーと広くビジネスを展開しています。なかでも注力しているのがエネルギー分野です。たとえば、パナソニックの車載リチウムイオン電池は、様々なHEV/PHEV/EVに搭載されています。また、車載デバイスでは、高電圧リレーがHEV/EVなどの回路安全遮断に重要な役割を果たしており、フィルムコンデンサはHEV/EVなどのモーター制御インバータの平滑用に採用いただいています。

■スマートホーム
RF、Bluetooth(TM)、Wi-Fiの無線通信に対応したモジュールで、パナソニックは家の中でのワイヤレス接続を進化させ、スマートハウスのアプリケーションを創出しています。electronica 2014では、LEGO Mindstormロボットや、コーヒーメーカーのワイヤレス操作をご紹介しています。

また、ヒートポンプの進化もご紹介。インバータマイクロコントローラが、モータとコンプレッサを制御し、欧州のご家庭の温水暖房・給湯の効率化を図ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング