芸能界屈指のボクシング通、香川照之さんにWOWOWが独占インタビュー!「ノンフィクションW 奇跡の拳 ~マニー・パッキャオの最終章~」を12月7日(金)夜10:00からWOWOWプライムにて放送!

PR TIMES / 2012年12月6日 19時54分



史上2人目となる6階級制覇でボクシング界に革命を起こした“パウンド・フォー・パウンド”マニー・パッキャオ。世界ナンバー1ボクサーにしてフィリピンの国会議員という、2つの顔を併せ持つスーパースターについて、芸能界屈指のボクシング通、香川照之さんにWOWOWが独占インタビューを行った。

――香川さんはパッキャオが“パウンド・フォー・パウンド”になる過程を見られておりますが、パッキャオがパッキャオたる所以とはなんでしょう?

「もうそれはどこにあるのかわかりませんね。パッキャオが生まれ育ったフィリピンの隣町の子がボクシングをやっていて、その子がああなっていてもおかしくないわけですよね。なぜパッキャオじゃなければならなかったのか、なぜあのような選手になっていったのかはいまだにわからないです。最初にフライ級でとったタイトルをウェイトオーバーでKO負けした昔日を思えば、その後全くタイトルと縁がなく引退していてもおかしくなかったはずです。
でも一つにはアメリカのフレディ・ローチというトレーナーと出会ったことが大きいと思います。ボクシングというのはトレーナーとうまくいかなくなるとうまくいかないということは、マイク・タイソンを筆頭とした多くのスーパースターが証明してきています。そういう意味ではパッキャオは、周りの人に恵まれて、ありきたりのことですけどそれに対して反応できる素直さがあったのではないかと推測はできます。あとは本当に思いのほか天から付与されていた、本人の体力とボクシング力みたいなものが恵まれていて、それが花開いたとしかいいようがないと思います。」


――香川さんにとってボクサー・パッキャオの最大の魅力とはなんでしょう?

「あの踏み込みですね。普通の人が踏み込めない、どうやっても人類が踏み込めないあと5センチ、あと3センチまでいつもいつも右足がポンと入ることではないでしょうか。それはもうやってみた人にしかわからないと思います。」


――過去にパッキャオと対戦した選手の談話ですが、ありえない間合いから入ってくるというのと、千手観音に殴られているみたいだったと言っていました。パンチということについてはいかがでしょうか?

「まずはスピードですよね。あとは左ストレートなんですが、パンチの打ち始めから腕が伸びきるまでのどこで当たっても威力が変わらないところが凄いですよね。リッキー・ハットンとの試合の4、5分を見ればそれだけで納得してもらえます。どの軌道で当たっても終わりっていう、そこが強さですよね。野球で例えると、ボールを投げた時の初速と終速が同じというか、ボールがお辞儀をしないイメージですよね。専門的なことはあまりわからないですが、機械が計算上投げているようなボールというのを、人間の肉体でやっているという感覚があるように思います。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング