4度目の因縁対決を前にWOWOWが独占インタビュー!世界が注目する「パッキャオvsマルケス」は12月9日(日)午後0:00からWOWOWライブにて独占生中継!

PR TIMES / 2012年12月7日 17時39分



世界のボクシング界をけん引し、激しいファイトスタイルでファンを魅了する“パウンド・フォー・パウンド(最強)”マニー・パッキャオ。2012年6月、ティモシー・ブラッドリーにまさかの敗北を喫したパッキャオの、世界中が注目する再起戦をWOWOWが生中継する。対するは、過去3度対戦しパッキャオが2勝1分とするも、いまだ因縁の残るファン・マヌエル・マルケス。39歳ながら2012年4月に階級を上げてS・ライト級で王座を獲得するなど、衰えを知らない4階級制覇チャンピオンだ。ここまでの3戦はいずれも僅差の判定だったこともあり、マルケスはしっかりと勝利し、パッキャオとの立場の逆転を目指す。また、パッキャオとしてもはっきりとした形で因縁の対決を制し、ボクシングファンの誰もが望むメガファイト、フロイド・メイウェザーとの頂上決戦へと弾みをつけたいところだ。この大注目の一戦を前にWOWOWが両選手に独占インタビューを行った。

【マニー・パッキャオ(フィリピン)/元6階級制覇チャンピオン】
――あなたにとってこの試合どんな意味が?

パッキャオ:大切な一戦ですし、楽しみです。このマルケスとの4試合目をする事でファンの中にある疑いを晴らしたいです。

――これまでに36ラウンド戦った相手ですが、マルケスの印象は?また戦略は?

パッキャオ:彼は今もいいファイターだと思います。だからこそ対戦相手に選んだのです。戦略はたくさんあります。彼のスタイルは熟知しているので、こちらの戦略は使えると思っています。

――この試合が終わったあとの予定は?

パッキャオ:特に考えてないです。

――4戦目ですが、いままでの3試合と違いは感じてますか?

パッキャオ:今回の試合はこれまでとは全然違います。我々のファンが抱いている疑念を払拭する一戦ですから。

――トレーニング・キャンプの違いは?

パッキャオ:今回のトレーニング・キャンプではアグレッシブさにより重点を置きました。あとは戦略や動きの調整。マルケスは私のスタイルを熟知しているはずなので、変化が必要だと思っています。

――今回はどんな試合になるでしょう。判定までは持ち込まない?

パッキャオ:もちろん倒せる機会があればそのチャンスを逃さずに攻めます。以前より攻撃的で動きの多い試合がしたいです。

――予想は?

パッキャオ:予想はしません。全力を尽くすだけです。もし彼が隙を見せたら、もちろんそこを逃さずフィニッシュに持ち込みます。もうファンに疑念を抱かせたくないですし、今回は24歳の時のようなハングリーなマニー・パッキャオをお見せできると思います。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング