1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

現地よりレポート!パッキャオ衝撃のKO負けに騒然!WOWOWライブにて 12月10日(月)夜9:00~「パッキャオVSマルケス」戦をリピート放送!

PR TIMES / 2012年12月10日 16時6分

現地よりレポート!パッキャオ衝撃のKO負けに騒然!WOWOWライブで 今夜12月10日(月)夜9:00~「パッキャオVSマルケス」戦をリピート放送!


マニー・パッキャオ×ファン・マヌエル・マルケスの第4戦は、パッキャオが衝撃のKO負けという結果に終わった。

この世紀の一戦の現地レポートが届いた。


「パッキャオ衝撃のKO負けに騒然  因縁の決着戦は予想外のフィナーレ」

マニー・パッキャオが衝撃のKO負け。
歓声、悲鳴、声にならない雄叫びがアメリカ・ネバタ州ラスベガスのMGMグランドガーデンに響き渡った。

 戦慄の瞬間は6ラウンド終了と同時に訪れた。まさにゴングが打ち鳴らされたときだった。ファン・マヌエル・マルケスのカウンターの右ストレートがパッキャオの顔面に炸裂した。赤コーナーの前で膝からゆっくりと前のめりに沈んだ6階級制覇王者はピクリとも動かない。16000人の大観衆が一斉に立ち上がった。

  あのパッキャオがノックアウトされた。大人数の警備員がリングを囲み、あたりは騒然となった。勝者は陣営に肩車をされ、喜びをあらわにしている。敗者は数分間近く起き上がってこなかった。パッキャオ夫人の泣き崩れる表情が場内のビジョンに映し出され、事態の混乱さに拍車をかけた。リングアナウンサーのマイケル・バッファーが試合結果を「6ラウンド、2分59秒、マルケスのKO勝ち」と興奮気味の口調で伝えた。こうしてパッキャオvs.マルケスの第4戦は幕を閉じた。

  一体こんな結末を予想できた者がいただろうか。確かに現地メディアはパッキャオ不利の声が大多数を占めていたが、際どい判定の末に敗れるのではという意見だった。マルケスが宿敵を破り悲願を達成する、そういう雰囲気があったのは事実だ。場内もマルケスを後押しした。パッキャオサポーターより圧倒的に多いメキシカンが大音量の声援を送っていた。

試合は大「マルケス」コールが包むなかスタートした。パッキャオはいつものように小刻みに上体を左右に振ってパンチを放つ。一方のマルケスは慎重な出足だった。2ラウンドに入り、パッキャオが加速する。左のアッパーカットは空を切ったが、左ストレートがヒットし始める。序盤は過去3度の対戦のように一進一退の攻防が続いた。

  しかし、3ラウンドにパッキャオがダウンする場面が訪れる。大きな弧を描くようにして放ったマルケスの右のフックでダウンしたのだ。過去の対戦で一度もダウンさせたことがなったメキシコの雄がパッキャオをキャンバスに這わせた。

 フィリピンの英雄も黙ってはいない。ダウン後にもマルケスを追いかけ回し、攻撃を弱めない。そして、ついに捕らえる。5ラウンドにカウンターの左ストレートでマルケスからダウンを奪う。よろめきながら倒れたマルケスは立ち上がった後もパッキャオの連打の前にコーナーに詰められ、パンチを浴びる。メキシカンの声は消え、この試合初めての「マニー」コールが響いた。6ラウンドはまさに死闘だった。両者がパンチを撃ち合うまさかの大乱打戦となった。そして、試合は衝撃的なフィナーレへと進んでいった……。

パッキャオvs.マルケスのライバルストーリーは終わったのか。初めてパッキャオから勝利した39歳のマルケスには、もはや証明するものなど何もないだろう。全世界を仰天させた殊勲を手土産にグローブを吊るすことも考えられる。

 連敗を喫したパッキャオは深刻だ。あの一発さえなければ、という見方もできるかもしれない。もう一度戦えば、リベンシする可能性はあるだろう。ここ数試合みられなかった鋭いステップインにかつての輝きが感じられたのは、負けたとはいえ好材料のひとつかもしれない。ただ、屈辱的なKO負けをしたパウンド・フォー・パウンド(最強)にどういった復活ロードを課していくのか。一部のメディアでは引退すべきという厳しい声もあがっている。

  もし仮に5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー戦が今後実現したとしても、それは頂上決戦ではない。ファン、関係者が待ち望んだメガファイトは完全に色褪せてしまったと言わざるをえない。これまでボクシング界をけん引してきたスーパースターはこの先どこへ行くのか。

  2012年12月8日(現地時間)は、パッキャオ時代の終焉として今後語り継がれていくかもしれない。


取材・文:尾崎将司


↓↓↓最新情報はこちらから↓↓↓
■エキサイトマッチ~世界プロボクシング特設サイト(wowow.co.jp/excite)
http://www.wowow.co.jp/sports/excite/


◆◆◆WOWOW番組情報◆◆◆

★因縁決着!6階級制覇vs4階級制覇
12月10日(月)夜9:00[WOWOWライブ]※リピート放送
12月15日(土)午前7:00[WOWOWプライム]※リピート放送

<対戦カード>
ウェルター級12回戦
マニー・パッキャオ(フィリピン)/元6階級制覇チャンピオン vs
ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)/WBO世界S・ライト級チャンピオン


★【緊急決定!ドネアvsアルセ】エキサイトマッチ~世界プロボクシング
次世代スーパースター ドネアが元5階級制覇王者アルセを迎え撃つ!
12月17日(月)夜9:00[WOWOWライブ]
12月15日(土)午前7:00[WOWOWプライム]※リピート放送

<対戦カード>
WBO世界S・バンタム級タイトルマッチ
ノニト・ドネア(フィリピオ)/WBO世界S・バンタム級チャンピオン vs
ホルヘ・アルセ(メキシコ)/元5階級制覇チャンピオン

WBC世界S・バンタム級タイトルマッチ
アブネル・マレス(メキシコ)/WBC世界S・バンタム級チャンピオン vs
アンセルモ・モレノ(パナマ)/WBA世界バンタム級チャンピオン

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング