押井守監督も多大な影響を受けた! 『ブレードランナー』の世界観を手がけた世界的工業デザイナー、シド・ミードのドキュメンタリーを放送

PR TIMES / 2012年12月28日 9時35分



WOWOWでは12月28日、SF映画の金字塔とも言われている「ブレードランナー」の世界観を手がけ、以降のSF作品などの未来世界のデザインに多大な影響を与えた世界的工業デザイナー、シド・ミードの創作の秘密に迫るドキュメンタリー番組「ノンフィクションW ブレードランナーの世界を創った男 シド・ミードが描く2042年」を放送する。
「ブレードランナー」はハリソン・フォードが主演を務め、近未来を舞台にレプリカントと呼ばれる人造人間と、彼らを追う専門の捜査官“ブレードランナー”と戦いを描いたSF作品。1982年当時、作品の中では過度な技術革新や環境汚染と人口爆発によってもたらされた混沌とした2019年の未来都市が描かれ、その後のSF映画に多大な影響を与えた。
27日に放送されたWOWOWの情報番組「渋谷LIVE!ザ・プライムショー」ではスペシャルゲストに押井守監督が登場し、影響を受けた人物としてこのシド・ミードの名前を挙げた。公開当時に同作を観て強い感銘を受けたという押井監督は「当時はなんとなく映画をつくるのに、ストーリーとキャラクターと世界観が大事を思っていた。でも、この映画を観て監督から何が見えているのか、つまり“ビジョン”が大事なんだと確信したんだ」と当時を回顧した。
それは自身が監督したアニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』にもつながったと言い「『ブレードランナー』が公開当時はヒットしなかったけどその後じわじわと注目を集めて今でも見られているの理由は、映画の肝は実はストーリーでもキャラクターでもなくビジョンだと当時確信しちゃった。そんな映画を作ると苦労するとは分かっていたけど、当時は若かったからね」と妥協を許さない押井ワールド誕生の秘密も語った。
番組ではそんなシド・ミードへ「理想の未来都市」というテーマで新作イラストを依頼。シド・ミードが思い描く“ユートピア”の制作過程に密着すると共に、その制作過程を通して創作の源泉に迫っていく。


★「ノンフィクションW ブレードランナーの世界を創った男 シド・ミードが描く2042年」はWOWOWプライムで12/28(金)よる10:00、12/30(日)午前11:00、1/9(水)よる7:45、1/14(月・祝)深夜1:20より

★番組のために書き下ろされた新作イラスト「FUTURE city」オリジナル壁紙をプレゼント!
http://www.wowow.co.jp/shibusta/syd/
配信期間:2013年1月15日(火)まで

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング