1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

『2025年にEOSが迫るWindows環境を継続する方法』というテーマのウェビナーを開催

PR TIMES / 2023年11月13日 10時45分

マジセミ株式会社は「2025年にEOSが迫るWindows環境を継続する方法」というテーマのウェビナーを開催します。



[画像: https://prtimes.jp/i/54842/1507/resize/d54842-1507-8f5dc87322a4e7c88961-0.jpg ]



(詳細及び参加申込はこちら)
https://majisemi.com/e/c/marubeni-itsol-20231122/M1D


・本セミナーは、IT事業者以外のエンドユーザー企業の方が対象です。該当企業以外の方のお申込みをお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

■2025年10月にやって来る「Windows 10」EOS問題など、全社的なWindows環境の整備は待ったなし
2025年10月、Microsoftの「Windows 10」がサポート終了(EOS)期限を迎えます。同時に「Windows Server 2012/2012 R2の拡張セキュリティ更新プログラム 2年目」、各種Officeアプリのサポートも終了予定です。広範囲のWindows関連製品・サービスがEOSの時期を迎えるに当たり、多くの企業では全社的な業務環境の整備に取り掛かる必要に迫られています。特に影響範囲が広いのが、全従業員が業務利用するクライアント端末です。Windowsを利用する企業では、2025年10月にどのような変化が訪れるのでしょうか。

■Windows関連製品・サービスのEOS時期に起こり得ること
まず、サーバOSがEOSを迎えた場合、新しいセキュリティアップデートが提供されなくなります。その結果、新たな不具合が生じたり、脅威や脆弱性が発見されても対応できずにサイバー攻撃やデータ侵害のリスクが増大します。また、新しいアプリケーションやサービスの対象外となる可能性もあり、ソフトウェアやデータの互換性を考慮しなければなりません。一方、OfficeアプリケーションがEOSを迎えた場合、OSがサポートされていてもアプリケーション固有の脆弱性へのアップデートが提供されなくなり、セキュリティ・インシデント発生の可能性が高まります。そのため、基本的にサーバOSのバージョンアップや基盤の要件に合致する業務アプリへの刷新が必要となることが考えられます。

■仮想デスクトップ活用でWindows環境を継続。Citrix DaaSで管理・運用負荷軽減、品質の向上も
本セミナーでは、2025年にEOSが迫るWindows 10/Windows Server環境の移行・運用における注意点を解説します。また、移行先の最適な選択肢として「Azure Virtual Desktop」で継続する際の課題を洗い出すとともに、その解決策として具体的なソリューションであるクラウド型VDIサービス「Vdia」をご紹介します。
セキュリティと利便性を両立できるだけではなく、低コスト・短期間で手軽に導入でき、AVDに不足している機能をアップグレードしたDaaSとしての導入効果などが期待できます。2025年にサポート終了を迎えるWindows環境の維持やリプレースに不安を持っている方は、ぜひご参加ください。


(詳細及び参加申込はこちら)
https://majisemi.com/e/c/marubeni-itsol-20231122/M1D

■主催
丸紅ITソリューションズ株式会社
■協力
株式会社オープンソース活用研究所
マジセミ株式会社

マジセミは、今後も「参加者の役に立つ」ウェビナーを開催していきます。

★他のWebセミナーの申し込み、過去セミナーの動画・資料については、以下からご確認ください★
https://majisemi.com?el=M1D

★ウェビナーを開催したい方はこちらの動画をご覧下さい★
https://youtu.be/pGj3koorgSY

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください