全豪オープンテニスに挑むクルム伊達公子に独占インタビュー!「全豪オープンテニス」WOWOWライブで連日生中継!

PR TIMES / 2013年1月15日 10時46分



オーストラリア・メルボルンでいよいよ開幕したシーズン最初のグランドスラム「全豪オープンテニス」(WOWOWで1月14日(月・祝)~27日(日)連日フルハイビジョン生中継)。
大会第2日目に行われる女子シングルス1回戦で、ロシアのナディア・ペトロワと対戦することとなったクルム伊達公子選手。42歳を迎えた今もなお常に前へと進み続けているクルム伊達公子選手に、WOWOWが現地にて独占インタビューを行った。


Q:オーストラリアに入られて、ボールを打った感触などはどうですか?

クルム伊達:中国、シドニーと思っていた以上に試合数をこなせたということもあって、感触的には悪くはないですし、メルボルンに入ってからも、非常にいい練習はこなせてきているかなと思います。ただ風が強かったり、気温差が激しかったりしているので、そのあたりでまだストリングの張りの強さの調整なども決めかねていたり、試合会場でまだ練習できていなかったりなど、もう少しやっておきたいことがあるかなという状況です。


Q:昨シーズンはドバイの大会で優勝されて、この全豪への本戦ストレートインが決まりました。やはりグランドスラムの本戦からスタートできるということはどんな意味がありますか?

クルム伊達:これまでは当然、本戦の場に立ちたいという前提の上で、今の自分の年齢を考えると試合数をできるだけ少なくして、照準を絞って自分のパフォーマンスを発揮できるように、本戦からストレートインできることがいいと思っていました。ですがやはり年齢が年齢とはいえ、試合をこなしながら自分の調子を上げる方が、身体的には辛いのですが、テニスはすごくよくなるということも同時にあるので、そういう意味では予選の中で揉まれながら、調子が上がっている中で1回戦を迎える方が自分のテニスには向いているのかなとも思っていました。


Q:昨シーズンは怪我にも多く悩まされました。コンディションを保つという意味では今シーズン、何か心がけることはありますか?


クルム伊達:ツアーの中にいると、いつもどうしても小さい違和感はあるので、そういうことを抱えながらも負担がそれ以上大きくなる前に、ブレイクをとる勇気を持たなければいけないなと毎年学んではいます。でもなかなかそのタイミングが難しいですね。早め早めにそのブレイクをとる決断をして、いい状態をキープすることが何よりも大事かなと思っています。


Q:今シーズンに入ってプレースタイルの変更など戦い方に変化はありますか?

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング