1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【京都ホテルオークラ】GINORI 1735 コラボレーション アフタヌーンティー

PR TIMES / 2021年10月15日 13時0分

リュクスな空間で旅行気分

京都ホテルオークラ(本社:京都市中京区 (株)京都ホテル、東証2部上場、代表取締役社長 福永法弘)では2021年11月1日(月)より、バー「チッペンデール」にて、イタリアのラグジュアリーライフスタイルブランド「GINORI 1735」とコラボレーションしたアフタヌーンティーを提供いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5118/1563/resize/d5118-1563-7b52306bb103f2301b09-0.jpg ]

「GINORI 1735」創業の地、フィレンツェと京都市が1965年より姉妹都市の関係にあり、また、ホテル創業者と親交のあった伊藤博文が参加した岩倉使節団が1873年にフィレンツェを訪れ、当時のジノリ工場を見学、西洋技術や文化の見聞を広めたことにちなみ、企画いたしました。

12月30日(木)までの第一弾「vol.1 イタリアの旅路」では、イタリアのブラッドオレンジジュースを使ったウエルカムドリンクや、トスカーナ地方発祥の伝統菓子「ビスコッティ」をはじめ、イタリアのスイーツを織り交ぜた17種のスイーツ・セイボリーがジノリのテーブルウエア上を彩ります。バー「チッペンデール」のクラシカルでヨーロピアンな雰囲気の空間で、ちょっぴり海外旅行気分を味わえるリュクスな時間をお愉しみいただきます。

◆概要
【商品名】GINORI 1735コラボレーションアフタヌーンティー vol.1 イタリアの旅路
【提供店舗】バー「チッペンデール」(京都ホテルオークラ2階)
【期間】2021年11月1日(月)~12月30日(木)*2日前までに要予約/各回組数限定
【時間】2部制 各90分 [第1部]13:00~14:30 [第2部]15:00~16:30
【価格】1名様 6,050円(消費税・サービス料込)
【ご予約・お問い合わせ】TEL.075-254-2541(チッペンデール直通/10:00~20:00)

◆GINORI 1735について
1735年にイタリア・フィレンツェで創業したイタリアの名窯「GINORI 1735」は、300年近くにわたりMade in Firenzeにこだわり伝統技術と現代的なセンスを兼ね備えた製品づくりを行っているブランドです。
2020年9月よりブランド名をRichard Ginori(リチャード ジノリ)から「GINORI 1735(ジノリ1735)」へ改めました。
1873年には岩倉具視を特命全権大使とする遣外使節団が、フィレンツェのジノリ工場を訪れた記録が残っています。

◆メニュー
<ウエルカムドリンク>


ノンアルコールカクテル~シチリアの太陽~
イタリアのブラッドオレンジジュースに、ノンアルコールのスパークリングワインを合わせた、太陽のような鮮やかなオレンジ色の一杯。

<スイーツ・セイボリー>
[上段]

パンナコッタとマチェドニア
イタリア語で「調理したクリーム」を意味する名前のとおり、クリーミーでなめらかなパンナコッタにイタリアの銘酒「アマレット」の香りをまとわせ、彩り豊かなフルーツを合わせています。
ビスコッティ
イタリア中部のトスカーナ地方が発祥といわれる焼き菓子。アーモンドやドライフルーツが入った豊かな風味をお愉しみいただけます。
モンテ ヴェルデ
白餡をベースにした抹茶クリームをメレンゲの上に絞った和テイストモンブラン。その外見からイタリア語で「緑の山」を意味する「モンテ ヴェルデ」と名付けています。
バーチ ディ ダーマ
イタリア北部のピエモンテ州発祥といわれ、クリームをコロンと丸みのある2つのクッキー生地ではさんだその形から「貴婦人のキス」という名前が付いています。

[中段]


スコーン2種(プレーン・抹茶)
プラリーナ ディ チョコラート
リンゴのコンポートを、カルヴァドスで香りづけしたガナッシュチョコレートで包んだボンボンショコラ。表面をピスタチオで飾っています。
トンカ豆のカタラーナ
独特の甘い香りが特徴のトンカ豆を使ったクレームブリュレをアイス風に仕立てた一品。

[下段]


厚切りポテトチップス
季節のフルーツ
サヴァラン
ブリオッシュ生地を洋酒に浸した洋菓子。イタリアのレモンリキュール「リモンチェッロ」の風味をきかせています。
マリトッツォ ティラミス風
2021年話題のスイーツをミニサイズで。コーヒーの風味をつけたブリオッシュ生地の間に、マスカルポーネチーズとクリームチーズを合わせたクリームをたっぷりはさみ、ココアクランブルをあしらってティラミス風に仕上げています。

[外付け皿]


カシスのジェラート
自家製ピクルスとオリーブ
カプレーゼ
「カプリ島のサラダ」と呼ばれるトマトとモッツァレラチーズのサラダをピンチョススタイルにし、バジルオイルを絡めた一品。
オマール海老のトルタ サラータ
オマール海老にほうれん草とオニオンを合わせたキッシュ。
和牛ハンバーグのパニーノ
くるみとラムレーズンのパルマ産生ハム巻き ブルスケッタ風

<ドリンク>


ウイリアムソン ブレンドティー(ホット)
ウイリアムソン アールグレイ(ホット)
アイスブレンドティー/ブレンドコーヒー(ホット・アイス)
フレッシュハーブティー(ホット)
京都 美濃与 大豆珈琲(ノンカフェイン)
和束茶 煎茶(ホット)
和束茶 和紅茶(ホット)



[画像2: https://prtimes.jp/i/5118/1563/resize/d5118-1563-38024263ec4620675a7f-1.jpg ]


京都ホテルオークラについて
京都市の中心部に佇む、1888年創業の伝統あるホテル。2021年で創業133周年。京の風情とヨーロピアンテイストが調和した落ち着いた趣の館内には国内外の賓客を迎えてきた歴史が刻まれています。高さ約60メートルの最上階レストランフロアからの眺めは美しく、東山三十六峰や鴨川、古都の街並みを一望いただけます。
2022年1月より「ホテルオークラ京都」に名称変更予定。

〒604-8558 京都市中京区河原町御池
TEL. 075-211-5111(代表)
アクセス:地下鉄東西線「京都市役所前駅」直結。/JR京都駅より車で約15分。
webサイトURL: https://www.hotel.kyoto/okura/

*リリースの内容は発表現在のものです。諸般の事情により変更される場合がございます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング