第6回WOWOWシナリオ大賞 受賞作決定!

PR TIMES / 2013年3月19日 14時52分

 第6回WOWOWシナリオ大賞の受賞作が決定いたしました。応募総数492編の中から、大賞1編、優秀賞2編が選出されました。結果は以下の通りです。


<第6回WOWOWシナリオ大賞 受賞作一覧>

大 賞 : 「愛の告発」      香坂 隆史(こうさか たかふみ)氏
優秀賞:「帰郷」         井上 志津(いのうえ しづ)氏
     「未亡人の背中」   水野 知佐子(みずの ちさこ)氏

 大賞の香坂隆史氏には賞金500万円、優秀賞の井上志津氏、水野知佐子氏には、それぞれ賞金100万円を贈呈いたします。
 また、今回の大賞受賞作「愛の告発」については、2013年度内のドラマ化に向けて制作に入る予定です。


【お問い合わせ先】

(マスコミ関係)広報部 TEL03(4330)8080
(IR関係)IR経理部 TEL03(4330)8089


<第6回WOWOWシナリオ大賞 選評>
選考委員長 崔洋一氏(映画監督)
 昨年は残念ながら大賞を出すことができず、今期は選考委員全員が覚悟を持って選考に臨んだ。上質のエンターテインメントとは、世相の移ろいをきちんと見定め、なおかつ、それにおもねること無く独自の世界性=物語を観客、視聴者に放ち、提供することだ。シナリオ大賞は名実共にプロアマを問わず、新しい書き手、力ある新人作家のための登竜門であることを再認識していただきたい。
 大賞「愛の告発」は“普通”に生きることを喜びとする市井の主人公が内部告発をきっかけに人生設計を狂わし、家庭を壊し、それでも正直に生きることが思わぬ大人の恋をうみ、その恋があらたなサスペンスをあぶり出す上質な大人のドラマと全員一致で評価した。
 優秀賞「未亡人の背中」もまた現代を生き抜くシニアの感情の移ろい、愛憎の葛藤を主人公の世間離れした滑稽さも含め、品のある筆致で描き、味わい深いペーソスと笑いで大いに読ませる作品である。
 同優秀賞「帰郷」の時代に置き去りにされてしまった老婦人の存在は哀しい。現代史の狭間に埋もれたファンタジーとでも呼べば良いのか。老女と少女の“幸せに生きる”ための瑞々しい対話は寓話的世界の重みを描く好編である。
 結果的には“分別盛り”の作品が大賞、優秀賞として評価されたのだが、やや厳しい視点で振り返れば“新しい世代”の登場が薄かったともいえる。若齢だからこそ領域を超えた無尽のエネルギーを放つ特権を持つ若人が“世界”を変えないで誰が変えるのだ、と申し上げたい。
 来期、シナリオ大賞への大いなる挑戦と挑発を期待し総評とします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング