1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【ライブ配信セミナー】塗布膜乾燥のメカニズムと乾燥トラブル対策 1月21日(金)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

PR TIMES / 2021年12月20日 13時15分

本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったウェビナー(ライブ配信セミナー)となります。

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: https://cmcre.com/ )では、 各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「塗布膜乾燥のメカニズムと乾燥トラブル対策」と題するセミナーを、 講師に鏡 裕行 氏 徳山大学 福祉情報学部 教授)をお迎えし、2022年1月21日(金)13:30より、 ZOOMを利用したライブ配信で開催いたします。 受講料は、 一般:44,000円(税込)、 弊社メルマガ会員:39,600円(税込)、 アカデミック価格は26,400円(税込)となっております(資料付)。
セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!
  https://cmcre.com/archives/88804/
質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。




塗布膜の乾燥機構の解明は、様々な工学等の分野で求められている重要な課題です。塗布膜の乾燥においては、例えば乾燥後の膜厚分布が均一になることが求められますが、多くの場合、膜厚分布が均一にならず、また乾燥条件によって膜厚分布が変化することが経験的に知られていました。均一な乾燥後の膜厚分布を得るためには、塗布膜の乾燥過程の機構を解明することがまず必要で、その解明を経て、必要な制御を系に施すことにより、均一な乾燥後の膜厚分布を得るという目標へ近づくことになります。均質な膜分布を得る場合も同様です。また、乾燥後の様々な欠陥を克服する際にも、同様のプロセスが必要となります。
本講演では、塗布膜の乾燥工程の機構を解明するにあたり必要となる物理学的知識、考え方の講義から始めて、それらを基にした上記工程のモデル化の実際、およびその数値シミュレーションの実際を概説し、塗布膜乾燥機構の本質を理解します。また、これに基づいて様々な塗布膜不具合の原因を物理学的に考察します。そして、膜乾燥における様々な欠陥、問題の克服と、膜厚分布の制御の方法について考察します。この講演が、今後参加者が実際に扱う系の乾燥過程の理解および乾燥後の欠陥対策のヒントとなることを目指します。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テーマ:塗布膜乾燥のメカニズムと乾燥トラブル対策
開催日時:2022年1月21日(金)13:30~16:30
参 加 費:44,000円(税込) ※ 資料付
  * メルマガ登録者は 39,600円(税込)
  * アカデミック価格は 26,400円(税込)
講 師:鏡 裕行 氏  徳山大学 福祉情報学部 教授

【セミナーで得られる知識】
塗布膜乾燥の機構を理解できる。
塗布膜乾燥および関連する現象について、物理学的および数理的理解ができる。
所望の膜厚・膜質分布となる乾燥方法・条件を設計できる(膜厚・膜質分布を制御できる)。
乾燥後の塗布膜の不具合の原因を推測できる。

※本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

2)申し込み方法
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト
https://cmcre.com/archives/88804/
からお申し込みください。
折り返し、 視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
詳細はURLをご覧ください。
[画像: https://prtimes.jp/i/12580/1651/resize/d12580-1651-b7976335629b91a73484-0.jpg ]


3)セミナープログラムの紹介
1.塗布膜の乾燥工程の概要と課題
 1.1 乾燥させるとは?
  1.1.1 乾燥が進行する原理
  1.1.2 乾燥を進行させる方法
 1.2 レジスト塗布工程の例
  1.2.1 塗布方法
  1.2.2 乾燥方法
 1.3 乾燥後に求められるもの
2.液体の理論
 2.1 液体の一般理論
  2.1.1 液体中の分子に働く力
  2.1.2 液体を固体から乱れた状態としてとらえる
  2.1.3 液体を気体論的に考える
 2.2 液体論からみた蒸発の理論
 2.3 液体の凝集力の起源
 2.4 液体の理論のモデルへの導入のポイント
3.溶液の理論
 3.1 溶液の一般論
  3.1.1 溶液とは
  3.1.2 平衡状態の溶液の化学ポテンシャル
  3.1.3 非平衡状態の溶液の化学ポテンシャル
 3.2 高分子溶液の特徴
 3.3 溶液の理論のモデルへの導入のポイント
4.表面・界面の理論
 4.1 表面張力
 4.2 界面のぬれ
 4.3 界面のゆらぎ
 4.4 表面張力波と緩和時間
 4.5 表面・界面の理論のモデルへの導入のポイント
5.溶媒の蒸発速度の理論
 5.1 蒸発速度の式
6.溶液中の溶質・溶媒の動力学
 6.1 拡散方程式
 6.2 流体方程式
 6.3 揮発中という非平衡状態での動力学
  6.3.1 化学ポテンシャルからの拡散係数の導出(平衡系)
  6.3,2 化学ポテンシャルからの拡散係数の導出(非平衡系)
7.平坦な基板上に塗布された高分子溶液の揮発過程
 7.1 レイリー数とマランゴニ数
 7.2 最もシンプルなモデル化
 7.3 シンプルなモデルの改良
 7.4 精密なモデル
 7.5 数値シミュレーション結果の例
  7.5.1 膜厚分布の時間発展
  7.5.2 乾燥後の膜厚分布の乾燥速度依存性
  7.5.3 乾燥後の膜厚分布の塗布膜厚依存性
  7.5.4 乾燥後の膜厚分布の濃度の拡散係数依存性
  7.5.5 乾燥後の膜厚分布の溶媒の拡散係数依存性
  7.5.6 乾燥後の膜厚分布の固有粘性率依存性
  7.5.7 乾燥後の膜厚分布の蒸発潜熱依存性
  7.5.8 乾燥後の膜厚分布に対する高分子溶液特有の蒸気圧変化の効果
  7.5.9 液膜の表層と内部の乾燥の時間発展の違い
8.シミュレーション技術
 8.1 拡散方程式の解法
 8.2 流体方程式の解法
9.実験によるモデルの検証
10.モデルの発展
 10.1 3次元モデル
 10.2 溶質の種類が複数ある場合
 10.3 溶媒の種類が複数ある場合
 10.4 具体的な現象へのモデルの応用(様々なムラ等)
 10.5 マランゴニ効果の考慮
11.膜厚制御の実際、今後
 11.1 様々なムラ等の制御の例
 11.2 端部の凹凸の制御の例1:温度管理
 11.3 端部の凹凸の制御の例2:気圧管理
 11.4 端部の凹凸の制御の例3:濃度管理
12.様々な形状への応用
 12.1 基板の側面への塗布の影響
 12.2 球状体への塗布膜の場合
13.塗布膜の設計における留意点

4)セミナー対象者や特典について
※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
★ 受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

【セミナー対象者】
塗布膜乾燥の機構を理解できる。
塗布膜乾燥および関連する現象について、物理学的および数理的理解ができる。
所望の膜厚・膜質分布となる乾燥方法・条件を設計できる(膜厚・膜質分布を制御できる)。
乾燥後の塗布膜の不具合の原因を推測できる。

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
  https://cmcre.com/archives/88804/

5)ウェビナー(オンライン配信セミナー)のご案内
〇 LCA(ライフサイクルアセスメント)から見たCFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築
  開催日時:2022年1月11日(火)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/86553/

〇 接着剤の正しい選び方&使い方
  開催日時:2022年1月12日(水)10:30~17:00
   https://cmcre.com/archives/88425/

〇 技術者・研究者向け 記載要件に基づいた特許の読み方・書き方
  開催日時:2022年1月12日(水)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/88539/

〇 電磁ノイズ低減を実現するシールド技術の基礎と応用
  開催日時:2022年1月12日(水)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/88411/

〇 金属材料等の資源循環実現に向けたリサイクル技術の基礎・課題・展望
  開催日時:2022年1月13日(木)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/87627/

〇 再生医療用機能性高分子足場材料の最新動向
  開催日時:2022年1月13日(木)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/87215/

〇 結晶構造に基づく水電解用複合酸化物触媒の研究
  開催日時:2022年1月13日(木)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/89576/

〇 ガスの吸着・脱着の基礎と効果的な活用法
  開催日時:2022年1月14日(金)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/88301/

〇 ゼオライトの基礎と合成・物性評価
  開催日時:2022年1月14日(金)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/88188/

〇 AI画像認識システムの基礎と応用
  開催日時:2022年1月17日(月)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/88927/

〇 プラスチックとゴムの環境問題とその解決策
  開催日時:2022年1月17日(月)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/90018/

〇 金属積層造形(金属3Dプリンター)の現状と今後について
  開催日時:2022年1月17日(月)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/87103/

☆開催予定のウェビナー一覧はこちらから!↓
  https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/

6)関連書籍のご案内
☆発行書籍の一覧はこちらから↓
  https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/
以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください