1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

産業用マシンビジョンレンズ市場ー展開別(一般的なマシンビジョンシステムおよびロボットセル)、製品タイプ別、オファリング別、アプリケーション別、および地域別ー予測2022ー2031年

PR TIMES / 2022年1月7日 16時15分

SDKI Inc.は、「産業用マシンビジョンレンズ市場ー予測2022ー2031年」新レポートを 2022年01月07日に発刊しました。この調査には、産業用マシンビジョンレンズ市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-104960



産業用マシンビジョンレンズ市場は、2022年に7,046.9百万米ドルの市場価値から、2031年までに11,316.7百万米ドルに達すると推定され、2022-2031年の予測期間中に6.1%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1655/resize/d72515-1655-31f6e149f31f1a9c3f0a-0.png ]

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/press-details/industrial-machine-vision-lens-market/512

産業用マシンビジョンレンズは、コンピューターシステムが動いている物体やアイテムを検査、分析、認識できるようにする技術の一種です。これらのレンズで撮影された画像は、主に作業ガイダンスとセキュリティ監視に使用されます。マシンビジョンレンズは、主にスマートカメラとスマートセンサーの組み合わせです。

分析と検査の必要性の高まりは、産業用マシンビジョンレンズ市場の成長の主な推進要因であると予想されます。さらに、セクターでの機械学習と自動化の使用の増加も、予測期間中に産業用マシンビジョンレンズ市場の成長に貢献しています。テクノロジーは、実行する仕事のために仕事と労働者の流れを監視するための産業の主要な側面です。多くの産業での検査の採用の増加は、予測期間中に産業用マシンビジョンレンズ市場の成長を牽引すると予測されています。

しかし、熟練労働者の可用性は予測期間中に産業用マシンビジョンレンズ市場の成長を抑制する可能性があります。

VR / AR(仮想現実/拡張現実)人工知能(AI)、5G、IoT、クラウドコンピューティングなどの技術的進歩の高まりは、市場の成長を推進している注目すべき要因です。国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、世界で84億のIoTデバイスがあり、IoT市場は2018年に1,300億米ドルを占めており、2025年までに1.5兆米ドルを獲得すると推定されています。また、2019年の世界のICT輸出(総輸出に占める割合)は11.536であり、米国が8.7%を占めており、日本が8%の割合でそれに続きました。さらに、世界のアクティブなインターネットユーザーの増加は、世界人口の約60%に達しており、市場の成長をさらに促進しています。2020年12月末までに、世界中のアクティブなインターネットユーザーの総数は約43億人になりました。これらの要因は、さらに、市場のプレーヤーに有利なビジネス機会を生み出すと予測されており、今後数年間で市場の成長を後押しするとさらに予想されます。

産業用マシンビジョンレンズ市場セグメント

産業用マシンビジョンレンズ市場は、展開別(一般的なマシンビジョンシステムおよびロボットセル)、製品タイプ別(スマートカメラベースおよびPCベース)、オファリング別(ソフトウェアとハードウェア)、アプリケーション別(品質保証と検査、位置決めとガイダンス、測定、識別、および予知保全)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

産業用マシンビジョンレンズ市場の地域概要

産業用マシンビジョンレンズ市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

アジア太平洋地域の産業用マシンビジョンレンズ市場は、予測期間中に6.9%のCAGRで2,537.0百万米ドルの収益を生み出すと予測されています。より安いレートでの労働力の利用可能性のためにこの地域に多数の製造ユニットが存在することは、この地域の産業用マシンビジョンレンズ市場の成長を推進する主要な要因です。一方、ヨーロッパ地域の産業用マシンビジョンレンズ市場は、予測期間中に6.4%のCAGRで2,813.5百万米ドルの収益を生み出すと予測されています。ヨーロッパの産業用マシンビジョンレンズ市場の成長は、生産コストの低下と資本機械のコストの低下により、労働力のパフォーマンスの監査、測定、および定量化が適切になるため、上昇すると推定されています。

産業用マシンビジョンレンズ市場の主要なキープレーヤー

産業用マシンビジョンレンズ市場の主要なキープレーヤーには、Intel Corporation、ISRA VISION AG、Sony Corporation、Teledyne Technologies Incorporated、OMRON Corporation、KEYENCE CORPORATION、National Instruments、AlphaTechSys Automation LLP、OMRON Corporation、COGNEX CORPORATIONなどがあります。この調査には、産業用マシンビジョンレンズ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-104960

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください