1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【ライブ配信セミナー】リチウムイオン電池の3Dプリンティングと高エネルギー化 2月7日(月)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

PR TIMES / 2022年1月19日 13時15分

本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったウェビナー(ライブ配信セミナー)となります。

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: https://cmcre.com/ )では、 各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「リチウムイオン電池の3Dプリンティングと高エネルギー化」と題するセミナーを、 講師に小林 弘明 氏 東北大学 多元物質科学研究所 本間研究室 助教)をお迎えし、2022年2月7日(月)13:30より、 ZOOMを利用したライブ配信で開催いたします。 受講料は、 一般:44,000円(税込)、 弊社メルマガ会員:39,600円(税込)、 アカデミック価格は26,400円(税込)となっております(資料付)。
セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!
  https://cmcre.com/archives/90680/
質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。



リチウムイオン電池の幅広い普及に伴い、各々のニーズに応じた蓄電デバイスのオンデマンド製造技術やその高エネルギー化が求められています。本セミナーでは、3Dプリント技術を活用した固体リチウムイオン電池のオンデマンド製造技術や、高電圧・高容量リチウムイオン電池正極の最新の開発状況について解説します。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テーマ:リチウムイオン電池の3Dプリンティングと高エネルギー化
開催日時:2022年2月7日(月)13:30~16:30
参 加 費:44,000円(税込) ※ 資料付
  * メルマガ登録者は 39,600円(税込)
  * アカデミック価格は 26,400円(税込)
講 師:小林 弘明 氏  東北大学 多元物質科学研究所 本間研究室 助教

【セミナーで得られる知識】
リチウムイオン電池の3Dプリント製造に関する知識
ポストリチウムイオン電池に関する知識や開発指針

※本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

2)申し込み方法
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト
https://cmcre.com/archives/90680/
からお申し込みください。
折り返し、 視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
詳細はURLをご覧ください。
[画像: https://prtimes.jp/i/12580/1678/resize/d12580-1678-0e60b014e82039d86471-0.jpg ]


3)セミナープログラムの紹介
1. リチウムイオン電池の3Dプリンティング
 1.1. 3Dプリント技術と電池応用
 1.2. 電極材料の3Dプリント技術
 1.3. 固体電解質材料の3Dプリント技術
 1.4. 3Dプリントを用いた新しい電極材料
2. リチウムイオン電池の高エネルギー化
 2.1. ポストリチウムイオン電池の開発状況と最新動向
 2.2. 高電位正極を活用するコーティング技術
 2.3. 多電子反応を利用した高容量正極材料


4)講師紹介
【講師略歴】
1989年8月生まれ
2017年3月 東京大学 博士後期課程 修了 博士(工学)
2017年4月より 東北大学 多元物質科学研究所 助教
2021年9月より 東北大学 高等研究機構を兼務
【研究内容】
高エネルギーリチウムイオン電池正極・マグネシウム蓄電池など次世代蓄電デバイス材料開発
【所属学会】
日本化学会、電気化学会、電池技術委員会、日本セラミックス協会

5)セミナー対象者や特典について
※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
★ 受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

【セミナー対象者】
電池材料開発に携わる方、特に固体電池やポストリチウムイオン電池開発に携わる方

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
https://cmcre.com/archives/90680/

6)ウェビナー(オンライン配信セミナー)のご案内
〇 プラスチック/ゴムの劣化・破壊メカニズムとその事例および寿命予測法
  開催日時:2022年1月28日(金)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/89673/

〇 遺伝子改変マウス作製技術の基礎と応用:PITT法、Easi-CRISPR法、i-GONAD法を中心に
  開催日時:2022年1月28日(金)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/88286/

〇 火災事故に学ぶ、LiB電池の安全対策
  開催日時:2022年1月28日(金)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/89290/

〇 EUVレジスト材料開発と評価・プロセス技術
  開催日時:2022年1月31日(月)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/90397/

〇 リチウムイオン電池の実務マニュアル ~ 製造、販売、保管、輸出入と法規制 ~
  開催日時:2022年1月31日(月)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/90484/

〇 CO2からメタノールへの変換効率を高める触媒の新開発
  開催日時:2022年2月1日(火)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/90785/

〇 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速条件の設定手法
  開催日時:2022年2月1日(火)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/88232/

〇 第一原理計算 入門 ~ 原理の把握と実践的な知識・ノウハウの習得 ~
  開催日時:2022年2月1日(火)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/89605/

〇 バイオマテリアル技術からみた再生医療の最前線と今後の方向性
  開催日時:2022年2月2日(水)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/89272/

〇 リチウムイオン蓄電池最適管理のための残量・劣化推定技術解説
  開催日時:2022年2月2日(水)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/88216/

〇 機能設計を目指したデータ解析技法
  開催日時:2022年2月3日(木)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/89808/

〇 エポキシ樹脂全般の知識とリサイクル技術
  開催日時:2022年2月3日(木)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/90900/

☆開催予定のウェビナー一覧はこちらから!↓
https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/

7)関連書籍のご案内
☆発行書籍の一覧はこちらから↓
  https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/
以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください