連続ドラマW「配達されたい私たち」 21年ぶりにドラマ主題歌を提供した佐野元春と古厩智之監督のトークセッションの模様を配信決定!

PR TIMES / 2013年5月31日 15時21分

社会的な題材を軸にした硬派なドラマ作りに定評があるWOWOWの「連続ドラマW」最新作として放送中の「配達されたい私たち」。5/17(金)赤坂のWOWOWで主題歌「虹をつかむ人」を提供した佐野元春と、監督・古厩智之のトークセッションが実施された。



社会的な題材を軸にした硬派なドラマ作りに定評があるWOWOWの「連続ドラマW」最新作として放送中の「配達されたい私たち」。5/17(金)赤坂のWOWOWで主題歌「虹をつかむ人」を提供した佐野元春と、監督・古厩智之のトークセッションが実施された。

このトークセッションの模様を、WOWOWの特設サイトにて5/31(金)~6/16(日)までの期間限定で公開する。

佐野の楽曲がドラマの主題歌として起用されるのは、実に21年ぶり。この楽曲で佐野が投げ掛けているメッセージと、少しづつ心を取り戻していく主人公を通じて描かれているドラマのテーマが深く重なりあうことから、番組制作側がコラボレーションを熱望。佐野にオファーすることで主題歌として決定した。 佐野と古厩は今回が初対面だったが、進行の鹿野淳(音楽評論家)を交え、本作を通じた「映像」と「音楽」を通じてのコラボレーションを行った者同士、作品のこと、表現活動のことを語り合った。


■詳しい内容は連続ドラマW「配達されたい私たち」特設サイトまで
http://www.wowow.co.jp/dramaw/haitatsu/

■放送情報
連続ドラマW「配達されたい私たち」
毎週日曜夜10:00~ WOWOWプライムにて放送中(全5話)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング