全仏オープンテニス、自身初の3回戦に挑む錦織圭に独占インタビュー!本日「全仏オープンテニス」3回戦に出場!・・・WOWOWで生中継

PR TIMES / 2013年6月1日 16時14分

フランス・パリで開催されている「全仏オープンテニス」。大会5日目に行われた男子シングルス2回戦で、スロベニアのグレガ・ゼムラをセットカウント3-1で破り、全仏では自身初、日本男子選手としては39年ぶりとなる3回戦進出を果たした錦織圭に、WOWOWが現地にて独占インタビューを行った。錦織は本日男子シングルス3回戦で地元フランスのブノワ・ペールと対戦する。

Q:見事3回戦進出です。おめでとうございます。

錦織:ありがとうございます。

Q:2回戦は本当にタフなコンディションだったと思います。二回の中断、そしてかなり激しい雨の中のプレーでした。コートの状況も、ボールも重くて大変だったと思いますが。

錦織:本当に大変な一日でした。待ったり、プレーしたりで、集中力を保つのが大変でした。後半良いプレーができて、危ない場面も結構ありましたけど、正直勝てたのは嬉しいです。

Q:あれだけの雨の中試合した経験は過去にありますか

錦織:久しぶりか、初めてくらいです。二、三回いったりきたりっていうのは久しぶりにやりました。ある意味、最初のワンセットオールになった後の雨は、しっかり気持ちを切り替えられたので、逆に良かったです。さすがに、あれだけ雨が続くのは大変でしたね。

Q:素晴らしいスタートで6-1、そして第2セット4-1、ツーブレイクアップの場面。そこからなにが起きたのでしょうか。そしてワンセットオールになってからどうやって切り替えて戦ったんでしょうか?

錦織:4-1から自分のプレーが落ちて、相手もアンフォースドエラーがなくなってきたので、少しパニックになったというか。何をしたらいいのか分からなくなって、セカンドセットをとられてしまいました。そこから中断もあり、気持ちを切り替えて、攻めることを意識できたので良かったです。

Q:全体的にボールの感触はよかったように見えましたが?

錦織:途中までは本当に完璧でしたね。自分のアンフォースドエラーもあって、相手がアンフォースドエラーをなくしてしっかりつなぎに来たので、それに対応しきれなくて、挽回されたところはありました。ただ、基本的には自分でしっかり打って行くことを心掛けていたので、それができている時は完璧に近い試合だったと思います。

Q:3回戦に向けてひとこと。

錦織:ペールは今年調子がよくて、ローマ大会でベスト4までいっている。早い展開が好きで、バックでどんどんフラットで打ってくる。強い相手には変わりないので、しっかり準備をして頑張りたいと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング