スペースシャワーTVプラスで放送中の燐舞曲の冠レギュラー番組『燐舞曲(D4DJ)はじめます。』プロデュースによる燐舞曲初のワンマンライブが開催決定!

PR TIMES / 2021年2月10日 19時45分

SPACE SHOWER TV Plus PRESENTS 燐舞曲(RONDO) 1st LIVE [Re] incarnation ─甦生─ at Zepp Haneda

株式会社スペースシャワーネットワーク(代表取締役社長:近藤正司、本社:東京都港区)が運営する、音楽専門チャンネル スペースシャワーTVプラスが主催するライブイベント「SPACE SHOWER TV Plus PRESENTS 燐舞曲(RONDO) 1st LIVE [Re] incarnation ─甦生─ at Zepp Haneda」を3月20日(土)に開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/2929/1717/resize/d2929-1717-225901-1.jpg ]

スペースシャワーTVプラス(以下、スペシャプラス)は、みんなで楽しむポップミュージック ステーションとして、新旧・洋邦を問わずポップチューンを中心とした選曲で世代を超えて楽しめる、ヒット曲満載の音楽チャンネル。そんなスペシャプラスでは現在、ブシロードによるDJ×アニメ×ゲームという新たなメディアミックスプロジェクトD4DJの“燐舞曲”(ロンド)にフィーチャーした冠レギュラー番組「燐舞曲(D4DJ)はじめます。」を放送中。

 番組では、普段見ることができないメンバーの素顔、メンバーインタビュー、ミュージックビデオの制作とその裏側などをお届け。昨年6月末に公開された、SiMの代表曲カバー「KiLLiNG ME」のミュージックビデオは100万回再生を超えるなど、番組プロデュースのもと、スペースシャワーが持つ音楽クリエイティブの技術と情熱が見事に重なり合った作品は大きな話題を呼んだ。このミュージックビデオの公開で、ロックファンからも支持をうけ、11月には第2弾MV「カレンデュラ」を公開し、ますます勢力を拡大中だ。

 そして、 「燐舞曲(D4DJ)はじめます。」番組開始当初から掲げてきた5大プロジェクトのひとつ「ライブイベントの開催」が念願かなって遂に開催決定!スペシャプラスがプロデュースしてお届けする燐舞曲初のワンマンライブとなる。先日6日に配信番組内でメンバーから発表された開催決定のお知らせには、発表した本人たちの喜びもひとしお、ファンからも多く喜びの声が届いた。

 昨年10月に配信がスタートした、スマートフォン向けリズムゲーム「D4DJ Groovy Mix」(以下グルミク)は100万ダウンロードを達成、さらにミニアニメ「ぷっちみく♪ D4DJ Petit Mix」の放送もスタート。各ユニット、オリジナル楽曲やカバー楽曲も増えていき、 D4DJ全体で盛り上がりを見せている中、独自の世界観とその音楽性で一際異彩を放つ燐舞曲のワンマンライブ。番組を通じ、これまでの彼女たちの活動や等身大な姿を追い、共にしてきたスペシャプラスと、初のワンマンライブに懸けるメンバー4人の想いが重なるライブをぜひ目に焼き付けて欲しい。

【イベント公演詳細】

[画像2: https://prtimes.jp/i/2929/1717/resize/d2929-1717-816042-0.jpg ]


<公演タイトル>
SPACE SHOWER TV Plus PRESENTS
燐舞曲(RONDO) 1st LIVE [Re] incarnation ─甦生─ at Zepp Haneda

<公演概要>
日時:3/20(土) 17:30開場 / 18:30開演
会場:Zepp Haneda(TOKYO)
チケット:全席指定 ¥6,380 (税込・入場時別途ドリンク代)
※お一人様2枚まで
※未就学児童入場不可
※チケットは全て電子チケットとなります。チケットのお受け取りには、お手持ちのスマートフォンへ専用アプリのダウンロードが必要となります。

<出演>
燐舞曲(RONDO) from D4DJ
Vo. 青柳 椿(CV:加藤里保菜)
Gt. 月見山 渚(CV:大塚紗英)
Cho./VJ 矢野緋彩(CV:もものはるな)
DJ 三宅葵依(CV:つんこ)

主催:SPACE SHOWER TV Plus
企画/制作: SPACE SHOWER NETWORKS INC.  
制作協力/運営:H.I.P.

◆詳細はスペシャプラス「燐舞曲(D4DJ)はじめます。」
オフィシャルサイトでご確認ください
https://www.spaceshowertv.com/rondo

ご紹介いただく際は、版権表記として以下をご記入ください。
(C)bushiroad All Rights Reserved.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング