1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

セルラーIoTの市場規模、2027年に154億米ドル到達予測

PR TIMES / 2021年11月24日 18時45分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「セルラーIoTの世界市場 (~2027年):コンポーネント (ハードウェア・ソフトウェア・サービス)・技術 (2G・3G・4G・LTE-M・NB-LTE-M・NB-IoT・5G)・用途・産業・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を11月22日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1024372-cellular-iot-market-by-component-hardware-software.html



[画像: https://prtimes.jp/i/71640/1767/resize/d71640-1767-c270e95967f8e236de01-0.png ]


セルラーIoTの市場規模は、2021年の39億米ドルからCAGR25.7%で成長し、2027年には154億米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促す主な要因としては、スマートシティインフラストラクチャーやビルディングオートメーション分野でのセルラーIoTモジュールの導入が進んでいること、農業オートメーションや環境モニタリングでセルラーIoTの需要が高まっていることなどが挙げられます。さらに、医療用ウェアラブルにおけるセルラーIoTモジュールのアプリケーションの増加、車両テレマティクスおよび車両管理におけるセルラーIoTモジュールのアプリケーションの増加が、同市場の成長機会を生むと予想されます。


COVID-19がセルラーIoT市場に与える影響

COVID-19パンデミックの発生は、セルラーIoT市場に多大な影響を与えています。パンデミックが北米やアジアの発展途上国で継続しているため、製造業や政府部門は多くの課題に直面しています。世界最大規模の米国の自動車産業は、2020年の第3四半期以降低迷しており、企業は製造活動を縮小しています。その上、自動車用のセルラーIoTモジュールやチップセットが極端に不足しているため、今後数年間は自動車産業の成長が制限されると予想されます。メキシコは、北米の自動車産業と深い関りがあり、メキシコの自動車産業も多大な損失を被っています。

欧州、特に英国、アイルランド、スコットランド、フィンランドの製造拠点では、ロックダウンや渡航制限により、労働力の確保が困難になっています。そのため、欧州のセルラーIoT市場では、2021年末までは封鎖措置が完全に解除されない限り、損失が発生することが予想されます。同様に、この地域の製造業の生産活動も大幅に縮小しており、さまざまなセルラーIoT製品やソリューションの需要も減少しています。

牽引要因:セルラーIoTモジュールのスマートシティインフラストラクチャーやビルディングオートメーション分野での導入

セルラーIoTモジュールを導入している主な業種は、スマートシティインフラとビルディングオートメーションです。2020年時点で、セルラーIoT市場の収益の約30%がこれらの垂直市場から生み出されています。NB-LTE-M、NB-IoT、5Gなどの新興のセルラーIoT技術は、バッテリー駆動のデバイスをインターネットに接続するための安価で電力効率の高い方法を提供しています。スマート街灯からスマート駐車場まで、これらの技術は、既存の2Gや3G技術よりも効率的にデバイスを接続するのに役立ちます。スマートシティにおけるセルラーIoTの主な用途としては、街路灯、交通感知・制御機器、インフラ監視機器、廃棄物管理機器、駐車場管理機器などが挙げられます。世界各国の政府は、インフラ改革に力を入れており、この目標を達成するために多くのパイロットプロジェクトが立ち上げられています。また、北米や東欧政府は、このようなプロジェクトにインセンティブを与え、官民パートナーシップ(PPP)を構築しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1024372-cellular-iot-market-by-component-hardware-software.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: https://www.gii.co.jp
委託調査: https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会: https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください