ドローンに特化した映像編集講座を4月開講|デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー

PR TIMES / 2020年3月4日 17時55分

・デジタルハリウッド ロボティクスアカデミーのドローン専攻では、ドローンの映像編集に特化した講座「ドローン専攻 映像編集オプション」を4月に開講する

・「ドローン専攻 映像編集オプション」では、映像教材では教えきれなかった“ドローンに特化した映像編集手法”が学べる内容となる

・講師には、デジタルハリウッドが主催するドローンの映像コンテスト「DroneMovieContest2017」においてグランプリを受賞、その後海外のコンテストでも様々な受賞歴をお持ちの株式会社NAVA代表取締役の佐々木光洋氏が担当




 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、2015年に開校した『Digital Hollywood Robotics Academy』(デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー)において、ドローンの映像編集に特化した講座「ドローン専攻 映像編集オプション」を開講します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/496/1787/resize/d496-1787-692078-0.jpg ]


 デジタルハリウッド ロボティクスアカデミーのドローン専攻では、これまでに約400名の卒業生を輩出してきました。コースの中では安全運航管理を前提とした、知識や操縦技能を学んでいただきますが、卒業後に映像編集まで学びたかったという声を多数頂きました。

 そこで2年前からは独自制作・配信をしている映像教材のコンテンツの一つに映像編集ソフト「Adobe Premiere」の教材を追加し、ドローンの知識が学べるだけでなく、映像編集ソフトの使い方も学べるコースとして展開してきました。

 そして今回開講する「ドローン専攻 映像編集オプション」では、映像教材では教えきれなかった“ドローンに特化した映像編集手法”が学べる内容となります。

 本講座では、基本的な編集方法からインパクトのある見せ方、編集のための思考法や映像心理学、さらに編集で演出するテクニックなどを2日間で学べます。

講師には、デジタルハリウッドが主催するドローンの映像コンテスト「DroneMovieContest2017」においてグランプリを受賞、その後海外のコンテストでも様々な受賞歴をお持ちの株式会社NAVA代表取締役の佐々木光洋氏が担当します。

これから映像編集を始めようと思われている方、すでに編集をしているが単調な見せ方になってしまうとお悩みの方、映像コンテストでの受賞を狙っている方など様々な方にご受講いただきたい内容となっております。


【講座概要】

名称:ドローン専攻 映像編集オプション

授業日程:
1回目 2020年4月12日(日) 10:30~17:30
2回目 2020年4月26日(日) 10:30~17:30

※全2回の授業となります。

会場:デジタルハリウッド東京本校

東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F・4F

受講料:45,000円(税抜)

定員:20名

授業内容:
【映像制作の考え方】基礎

<映像編集ための視座>
・映像のメリットとそれを活かすための要素
・興味を持たせ続けるための方法
・カットの連続が意味を成す
・シンプルなショットが重要
・ドローン映像の効果的な使い方


・BGMを最初に決める。探す手段
・良いBGM/悪いBGM
・BGMのテンポに合わせる
・テンションが上がる所を作る
・SE/現場音の必要性

<編集の基本と実践>
・編集の基礎
・編集の方針
・編集のコツ
・地上カットとの映像の組み合わせ
・時間をあけて改めて見る

【映像制作の考え方】応用

<映像心理学>
・次のカットを継続して見せるためには
・カットの長さについて
・演出の方法
・YouTubeで惹きつけるには
・公開前にするべきこと

<演出テクニック>
・演出意図
・演出テクニックの例
・エンドカットの意味付け

<編集-技術>
・エフェクト(ブレ補正、ノイズ除去)
・トランジション/ナチュラルトランジション
・LOG撮影とカラーグレーディング
・テキスト/テキストデザイン

受講申込:以下のフォームよりお申し込みを受け付けております。

https://www2.school.dhw.co.jp/movie_editingoption

※締切:2020年3月31日(火)迄


【講師紹介】

[画像2: https://prtimes.jp/i/496/1787/resize/d496-1787-859612-1.jpg ]


佐々木 光洋 / 株式会社NAVA
空撮アーティスト/ディレクター/ビジュアルコミュニケーションプロデューサー

DroneMovieContest 2017 グランプリ、BLUE2BLUE DRONE FILM FESTIVAL BEST STILL PHOTOGRAPH受賞など国内、海外で様々な賞を受賞。
幼少期より8mmフィルムにて映像制作を開始、その後テレビ番組制作やウェブ制作などを手掛け2005年に株式会社NAVAを設立。ビジュアルコミュニケーションをキーワードに映像・ウェブ・イベントなどさまざまなコンテンツの制作を行っている。
2013年にいち早くドローンを導入し、視覚効果の高いドローン映像の研究やディレクションなどを行っている。

佐々木講師の受賞歴・メディア掲載情報はこちらから。

https://www.nava.tv/drone-shooting/

<講師からメッセージ>

佐々木です。よろしくお願いします。
ドローン空撮の映像をどのように見せたらよいか悩んだことはありませんか。この講座では映像編集初心者の方に向けてどのように編集したら良いか、そして効果的に見せるにはどうしたら良いかを学べるよう構成いたしました。また技術的なところだけでなく、映像が与える心理学的側面などもお伝えしたいと思っています。この講座で映像をワンランクアップするための方法を学んでいきましょう。


●デジタルハリウッド株式会社
https://www.dhw.co.jp/

1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。現在、東京と大阪に専門スクールと、全国の各都市にWebと映像について学べるラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」、そしてeラーニングによる通信講座「デジハリ・オンラインスクール」を展開。2004年には、日本初となる株式会社によるビジネス×ICT×クリエイティブの高度人材育成機関「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、翌年4月には「デジタルハリウッド大学」を開学。設立以来、9万人以上の卒業生を輩出している。
さらには、2015年4月、スタートアップ志望者を対象としたエンジニア養成学校『ジーズアカデミーTOKYO』を開校、同年11月には日本初のドローンビジネスを皮切りに、ロボットサービス産業の推進を目的とした『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校した。
デジタルコンテンツ業界の人材育成と、産業インキュベーションに力を注ぐ。
2019年に設立25周年を迎えた。


●デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー

[画像3: https://prtimes.jp/i/496/1787/resize/d496-1787-930210-2.png ]


http://www.dhw.co.jp/robotics

「LIFE with Robotics!」をコンセプトに、よりよいみらいを描き、実生活の中にロボットの活用機会をデザイン・実装できる人材の養成を行います。
ロボットの実生活における利活用の促進と、利用者の保護のバランス感覚を持ったサービスロボティクスのプロフェッショナルの育成に全力を注ぎ、ロボット共生社会の実現を目指します。

◇デジタルハリウッド ロボティクスアカデミーに関するお問い合わせ◇
robotics@dhw.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング