横浜・みなとみらい駅にマクロス“実物大”VF-25バルキリー出現!

PR TIMES / 2013年8月9日 18時35分



9日、WOWOWで12日より放送する「超時空要塞マクロス」の放送を記念して、横浜のみなとみらい駅で1/1スケールのVF-25バルキリーを展示するオープニングセレモニーを開催。牧野力(WOWOW編成局長)、小林仁(横浜市文化観光局横浜魅力づくり室横浜プロモーション担当課長)、岸哲也(横浜高速鉄道 みなとみらい駅 駅長)、村岡春佳(横浜観光親善大使)が出席してテープカットを行った。

WOWOWでは人気アニメ「マクロス」の30周年を記念して、シリーズの原点であるTVシリーズ「超時空要塞マクロス」と、劇場版「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」をハイビジョン版でTV初放送する。これを記念して、みなとみらい線みなとみらい駅B3階にあるみらいチューブの会場に、1/1スケール(縦10m×横9m)の可変戦闘機「VF-25Fバルキリー」を9月2日まで期間限定で展示。監修を河森正治監督やイラストレーターの天神英貴氏が手がけ、整備ドッグに待機しているバルキリーの迫力と臨場感をリアルに伝わる空間になっている。

冒頭の挨拶で牧野氏は「かつてアニメは子どもたちを対象にした作品が多かったですが、マクロスから一気に大人にも満足していただける内容の作品になりました。それは、そこに描かれている人間の葛藤が、本当に青春ドラマとして描かれてきたからだと思います」と、同作が日本アニメに与えた多大な影響をアピール。駅長の岸氏も「駅施設も見ようによっては要塞のように見えると思いますので、駅全体を見て楽しんでいただけたらと思います」と、駅とバルキリーのコラボレーションを堪能してほしいとファンに呼びかけた。

また、セレモニーには人気キャラクターのリン・ミンメイが横浜中華街出身であることにちなみ、チャイナドレス姿のリン・ミンメイに扮した女性モデルも来場。華やかに彩られた中、訪れたファンはバルキリーをバックに記念撮影をしたりイベントを満喫していた。なお、WOWOW加入キャンペーンの一環として、その場で新規加入申し込みを行うとバルキリーの手のひらに乗って記念撮影した写真をプレゼントする。


<放送情報>
「超時空要塞マクロス」(全36話)
第1話~第6話 8月12日(月)夜7:00~
第7話~第10話 8月13日(火)夜7:00~
第11話~第15話 8月14日(水)夜7:00~
第16話~第21話 8月15日(木)夜7:00~
第22話~第27話 8月16日(金)夜7:00~
第28話~第36話 9月8日(日)午後3:30~
『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』 9月14日(土)夜8:00

詳しい情報は特設サイト⇒ wowow.bs/60

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング