「リーガは美しく、楽しいリーグだと自信を持って言える」。リーガ・エスパニョーラ13-14シーズン開幕直前!元日本代表キャプテン宮本恒靖氏が、リーガの見どころを徹底解説!

PR TIMES / 2013年8月16日 15時33分



WOWOWでは、世界中からスーパースターが集結するスペインサッカー リーガ・エスパニョーラを、生中継を中心に2013-14シーズンも毎節5試合(平日開催・変則開催節は除く)お届け!8/17(土)の開幕を目前に控え、今季よりWOWOW専属解説者に就任した元日本代表キャプテン宮本恒靖氏に、リーガ新シーズンの見どころを語っていただいた。


Q:今季のリーガで最も楽しみな選手を教えてください。

宮本:やっぱりネイマールですね。コンフェデレーションズカップであれだけの結果を残しました。その一因には、ブラジル代表の中で彼がしっかりとしたポジションを築いていて、周りも彼のプレーを理解していることがあります。バルセロナではまだそこまで溶け込めていないと思うので、どれだけ早く周囲を納得させるパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。

Q:彼にはチームの中でどういった役割が期待されますか?

宮本:昨シーズン、バルセロナはメッシを消された時に苦しみました。ネイマールの決定力の高さは抜群だと思いますし、左サイドからの崩しにも期待がかかります。アウェイで苦しい試合、ここしかないというチャンスで彼が試合を決められれば、信頼も勝ち取れると思います。

Q:リーガをはじめとした主要タイトルを獲得するために、バルセロナに求められるサッカーとは?

宮本:世界的に、ポゼッションだけではなく、縦に早いサッカーに戻りつつあると感じています。バイエルンにしても、ドルトムントにしてもそうですが、そういったチームとどのように戦っていくかがポイントとなるでしょう。昨シーズンはそこでバルセロナの良さを消されてしまいましたが、今季、ネイマールが加わったことでまた変化が生まれると思います。

Q:レアル・マドリードがこの夏で多くの補強を行い、新監督も迎えました。期待を聞かせてください。

宮本:アンチェロッティ監督が来て、サッカーも変わると思います。現時点では、イグアインが抜けたことでフォワードの枚数が少なくなっています。クリスティアーノ・ロナウドが役割を変えるのか、カカーが復活するのかなど、どのように変わっていくかが見どころです。

Q:タイトル奪還に向け、どういった点がポイントとなりますか?

宮本:モドリッチが使われるようになると、ポゼッションサッカーでも良いアクセントがつけられると思います。昨年も終盤では使われていましたが、最初はシャビ・アロンソとケディラでした。モドリッチはミドルシュートも決められますので、彼が入ることで一層試合を支配できるようになると思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング