1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【岡山大学】日韓の木材利用研究の交流に向けた講演会 「韓国における木材利用と木造建築の現状」〔11/28,火 岡山大学津島キャンパス〕

PR TIMES / 2023年11月17日 10時15分



2023(令和5)年 11月 17日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/

[画像1: https://prtimes.jp/i/72793/1823/resize/d72793-1823-bee99eab2002b5011792-0.jpg ]



◆概 要
 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:那須保友)のグリーンイノベーションセンターでは、2023年11月28日(火)に「日韓の木材利用研究の交流に向けた講演会 「韓国における木材利用と木造建築の現状」」を本学津島キャンパスの共育共創コモンズ(OUX:オークス)で開催します。

 みなさまのご参加をお待ちしています。


【日 時】
 2023年 11月 28日(火)13:30~15:00

【会 場】
  岡山大学共育共創コモンズ(OUX:オークス)
  (岡山県岡山市北区津島中3丁目1-1 岡山大学津島キャンパス)
[画像2: https://prtimes.jp/i/72793/1823/resize/d72793-1823-2502fe7f2eec9ac3bc24-2.jpg ]


【概 要】
 韓国では、日本の拡大造林と同様に、1970年代の森林緑化時期に植林した森林資源が成熟し、2017年にはOECD加盟国平均121m3/haを超え154m3/haとなっている。しかし、木材自給率は15%程度にとどまっており、国産材利用の拡大政策が必要となっている。
 韓国の住宅は、特に都市部においてはRC造のマンションが一般的で、高層ビルが林立する風景は韓国の典型的な都市風景である。木造建築は極めて少ないが、1992年のソウルオリンピック以降、欧米からのパッケージで輸入された2×4材の輸入住宅建てられたり、伝統的な木造住宅である韓屋が見直されたりしている。また、最近では、大断面集成材構造の国立森林研究所や、国内で生産されたCLTパネル材を用いた木造とRCの混構造3階建て集合住宅などが建てられ、大規模木造建築も徐々にではあるが建設されている。
 本講演では、ティンバイエンジニアリングを専門とするソウル大学のJung-Kwon OH准教授が、韓国における木材利用や木材工業、そして木造建築の現状を話す。

【講 師】
 Jung-Kwon OH(吳正權)先生(ソウル大学 森林科学科専攻 准教授)

【経 歴】
 1975年韓国光州生まれ
 ソウル大学森林科学専攻博士課程修了
 カナダUBC博士研究員
 韓国建築基準法改正委員会委員
 WCTE調整委員会委員
 韓国森林局木材利用委員会委員等歴任

【オーガナイザー】
 岡山大学グリーンイノベーションセンター 教授 中村 昇

【講演言語】
 英語

【定 員】
 150人

【参加費】
 無 料

【お申込み方法】
 下記のURLよりお申し込みをお願い申し上げます(締切日:11月22日(水)まで)。
 https://forms.office.com/r/Xc3VLeUZea

【ポスター】
 https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/event/20231128flyer.pdf

【主 催】
 岡山大学グリーンイノベーションセンター


◆参 考
・岡山大学グリーンイノベーションセンター
 https://www.gic.okayama-u.ac.jp/


<参考イベント>
【岡山大学】岡山大学グリーンイノベーションセンター「CLTを学びたい人のためのリカレント講習2023」〔11/25,土 岡山大学津島キャンパス〕
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001797.000072793.html




[画像3: https://prtimes.jp/i/72793/1823/resize/d72793-1823-5d5fdaaf08497db3ad0c-7.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/72793/1823/resize/d72793-1823-4cfdb5ef9944f252f23a-6.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/72793/1823/resize/d72793-1823-1df4a277a2f3622e3638-6.jpg ]



◆本件お問い合わせ先
 岡山大学自然系研究科等総務課
 TEL:086-251-8004
 E-mail:gicenter8004◎adm.okayama-u.ac.jp
     ※ ◎を@に置き換えて下さい
 https://www.gic.okayama-u.ac.jp/

<岡山大学の産学官連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学官連携本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8463
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学SDGs~地域社会の持続可能性を考える(YouTube):https://youtu.be/Qdqjy4mw4ik
 岡山大学Image Movie (YouTube):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
「岡大TV」(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCi4hPHf_jZ1FXqJfsacUqaw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2023年11月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001761.000072793.html

 岡山大学「THEインパクトランキング2021」総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html
 岡山大学『大学ブランド・イメージ調査2021~2022』「SDGsに積極的な大学」中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000072793.html
 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html
[画像6: https://prtimes.jp/i/72793/1823/resize/d72793-1823-a938a2ae5a2681c8f3e0-3.jpg ]

国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています。地域中核・特色ある研究大学として共育共創を進める岡山大学にご期待ください

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください