「気持よくラウンドできました」。首位と4打差の20位タイでスタートした上田桃子に独占インタビュー!・・・「CNカナダ女子オープン」第2日を8月24日(土)午前4:00~WOWOWにて生中継

PR TIMES / 2013年8月24日 10時31分

カナダのロイヤル・メイフェアGCを舞台に開幕したLPGA女子ゴルフツアー第20戦「<アルバータ> CNカナダ女子オープン」(WOWOWで連日生中継!)。
日本からは宮里藍をはじめ、有村智恵、宮里美香、上田桃子の4選手が出場。立ち上がりの3ホールで3連続バーディをとった上田が後半スコアを伸ばせなかったものの69で回り1アンダー、宮里藍、美香がイーブンパー、有村は4オーバーでそれぞれ初日を終えた。首位と4打差の20位タイとまずまずのスタートを切った上田桃子にWOWOWが独占インタビューを行なった。


Q:最後の18番、ナイスバーディでした。

上田:後半入らないのが続いていましたが、それでもヒットはうまくできていました。ずっと辛抱していたのですが、よいフィニッシュになったのでスッキリしています。

Q:出だしの3連続バーディから、すごい良い雰囲気だったと思います。今日一日振り返っていかがでしょうか?

上田:フェアウェイに行くと比較的短いですし、プレーも午前中は止まりやすかったです。しっかりピンを狙っていきやすかったですね。グリーンのピンポジが難しいホールだったり、フェアウェイを外してしまったりしたホールは難しかったです。そういうミスは受け入れようと思いながらラウンドしていました。今日は一日テンションも落ち着いていて、自分に自信を持ちながらプレーできていました。久しぶりに気持よくラウンドできました。

Q:パットはかみ合っていました?

上田:前半のグリーンがすごく綺麗だったので、良いイメージで打てました。今週からパターをずっと使っていたやつに戻しました。そのフィーリングがすごく良かったので良いスコアで回れたのだと思います。

Q:ボギーは惜しかったですね。

上田:こういうコースはどうしても(ボギーが)出てしまいます。それを受け入れながらプレーしていました。それでもよいチップインがあったり、よいバーディだったりがありました。自分の中ではボギーを早い段階で消化できていました。明日はボギーを一つでも少なくしたいです。バーディをしっかり取っていくには、フェアウェイをキープすることがマストです。しっかりフェアウェイをキープしてプレーしたいと思います。

Q:そういう意味では18番のバーディフィニッシュは大きかったですね。

上田:はい。赤文字にしたいなあと思って、17番と18番とやっていました。それでもスコアのことをあまり考えないで、一打一打良いショットを打とうと思い丁寧なプレーができたことが、最後のバーディにつながったのかなと思います。

Q:明日もよろしくお願いいたします。

上田:頑張ります。


「<アルバータ> CNカナダ女子オープン」第2日は、8月24日(土)午前4:00~WOWOWライブにて生中継する。


詳しくは、WOWOW 番組オフィシャルサイト(wowow.co.jp/lpga)へ。
http://www.wowow.co.jp/sports/lpga/


◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

<アルバータ> CNカナダ女子オープン
・第2日 8月24日(土)午前4:00~[WOWOWライブ]※生中継
・第3日 8月24日(土)深夜3:00~[WOWOWライブ]※生中継
・最終日 8月25日(日)深夜3:00~[WOWOWライブ]※生中継
・総集編 8月29日(木)よる7:30~[WOWOWライブ]

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング