ファミリーで楽しめる夏フェス「WORLD HAPPINESS 2013」を、9月1日WOWOWで独占放送。高橋幸宏、坂本龍一、細野晴臣出演、スペシャルバンド「The おそ松くんズ」ほか、放送楽曲決定!

PR TIMES / 2013年8月29日 19時30分

「WORLD HAPPINESS 2013」9月1日(日)夜 9:00[WOWOWライブ]



8月11日(日)、“ファミリーで楽しめるライブイベント”として2008年にスタートした音楽フェス「WORLD HAPPINESS」が今年も開催された。今回で6回目。場所は前回と同じく、東京都江東区・夢の島公園陸上競技場。昨年はYELLOW MAGIC ORCHESTRAがトリを務め、ジャンルの枠を超えた華やかで個性豊かな15組アーティストたちが登場したが、今年は昨年を上回る18組のアーティストが出演した。
このフェスはセンター・ステージとレフト・ステージという大小ふたつのステージを交互に使うことによって、セットチェンジによる待ち時間をなくし、途切れることなく音楽を楽しむことができるのも大きな特徴のひとつ。

12時30分、1番手としてセンター・ステージに登場したのは大橋トリオ。このフェスに相応しいハッピーな空気を生み出してくれた。レフト・ステージのトップバッターは、ムーンライダーズの鈴木慶一率いるControversial Spark。元カーネーションの矢部浩志、元the roomのkonoreなど、経験豊富な5人による新バンドだ。このイベントでライブデビューとなったが、洋楽的な要素を取り入れたサウンドでオーディエンスを惹き付けていたのはさすが! そして、「6年目で、こんなに暑いのは初めて」と、まだまだ気温が上昇している中、ステージに登場したのは高橋幸宏。ニューアルバム『LIFE ANEW』に参加した高桑圭(Curly Giraffe)や堀江博久らがステージサポートを務め、セットリストも新作の楽曲が中心に組まれていた。歌はもちろん、全曲ドラムも演奏した高橋。その卓越した技術とタフさも注目されていた。

続いて登場したのはギタリストの大村真司と日本を代表するドラマーの沼澤尚を中心としたコンセプチュアルなこのバンド、MIDNIGHTSUNS。「MAPS」などをパワフルな歌とグルーヴ感あふれる演奏で聴かせてくれたが、彼らの迫力のある演奏に引っ張られて、立ち上がって観ていた人も多かった。5番手は清水ミチコ。 “ひとり多重フェス”状態で、「デイ・ドリーム・ビリーバー~DAY DREAM BELIEVER」、「少年時代」、「さとうきび畑」、「ひこうき雲」、「ヨイトマケの唄」などを歌い、会場を湧かせた。その後、清水ミチコがステージから退場し、矢野顕子のライブへ。「海のものでも、山のものでも」や忌野清志郎の「セラピー」を披露した。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング