1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

グローバルソフトウェア定義データセンター市場規模調査ータイプ別(ソフトウェア定義コンピューティング(SDC)、ソフトウェア定義ストレージ)、コンポーネント別、組織規模別と地域別ー予測2030年

PR TIMES / 2021年9月10日 9時15分

Kenneth Researchは調査レポート「グローバルソフトウェア定義データセンター市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 09日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10336539




調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

グローバルソフトウェア定義データセンターの市場は、2022年に534憶米ドルの市場価値から2030年末までに2,181憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に22.4%のCAGRで拡大すると予測されます。

ソフトウェア定義データセンター(SDDC)は、完全に仮想化されたインフラストラクチャを提供します。プライベートクラウドとハイブリッドクラウドを柔軟に組み合わせて、包括的なクラウド管理プラットフォームによって管理されるサービスとして提供されます。自動化されたソフトウェアを介して実行されるデータセンターリソースを監視および管理し、エンタープライズのレガシーおよび最新のアプリケーションをサポートします。データセンターの資本支出と運用支出を削減し、効率、制御、敏捷性、柔軟性を向上させるのに役立ちます。

インフラストラクチャの復元力とサービスの稼働時間を強化する必要性、およびネットワークの自動化とエネルギー使用量の削減に関連する費用便益は、予測期間中の市場の成長に牽引するいくつかの要因です。さらに、市場の主要プレーヤーによるサービスの導入やその他の戦略的提携により、この市場に有利な需要が生まれます。

成長に影響を与える主なマクロ経済指標:

研究開発費(GDPの%)、2013-2016年

[画像1: https://prtimes.jp/i/59861/1844/resize/d59861-1844-67eb573a81fca2b2b328-1.png ]



ソース:世界銀行

調査レポートの詳細内容について; https://www.kennethresearch.com/report-details/software-defined-data-center-market/10336539

ソフトウェア定義データセンター(SDDC)は、CPU、ネットワークストレージ、およびインフラストラクチャのセキュリティ要素が仮想化され、サービスとして提供されるデータストレージ機能と呼ばれます。SDDCのさまざまなネットワークソリューションには、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)、およびソフトウェア定義コンピューティング(SDC)が含まれます。これらのソフトウェア定義ソリューションを実装するエンドユーザーには、大企業、 大企業、中小企業が含まれます。

その費用対効果により、これはヘルスケア、テレコム&IT、小売、政府およびBFSI、製造、教育、メディア&エンターテインメント、運輸など、多くの業界で高く採用されています。これは、予測期間中にこのソフトウェア定義データセンター(SDDC)市場の成長を促進すると予想されます。グローバルなソフトウェア定義データセンター(SDDC)市場を推進する主な要因は、セキュリティの必要性の高まり、統合管理、効率的で自動化されたデータセンター運用に関する要件の高まり、および低い運用コストです。しかし、統合の難しさは市場の成長を妨げる可能性があります。さらに、データストレージの需要の増加は、予測期間中に多くの成長機会を提供すると予測されます。

グローバルソフトウェア定義データセンターの市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなどに地域によって分割されています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/59861/1844/resize/d59861-1844-1c932dfd60747ece33de-2.png ]



北米は、大規模な通信大手、定評のあるサプライヤー、ビジネスの生産性と作業効率を向上させるために新しいテクノロジーに継続的に適応するエンドユーザー業界により、世界の主要/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域も2022-2030年の予測期間中に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されます。

グローバルソフトウェア定義データセンターの市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

グローバルソフトウェア定義データセンター市場のセグメンテーション洞察

グローバルソフトウェア定義データセンターの市場は、タイプ別(ソフトウェア定義コンピューティング(SDC)、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)、ソフトウェア定義データセンターネットワーキング(SDDCN)、自動化とオーケストレーション)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、組織規模別(大企業、中小企業(SME))、業種別(BFSI、ITおよびテレコム、政府および防衛、ヘルスケア、教育、小売、製造およびその他)および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「グローバルソフトウェア定義データセンターの市場」というタイトルのレポートは、グローバルソフトウェア定義データセンターの市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバルソフトウェア定義データセンターの市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバルソフトウェア定義データセンターの市場における業界のリーダーはVMware, Inc.、Microsoft CorporationHewlett Packard Enterprise Company、Dell Technologies、Oracle Corporation、International Business Machines Corporation (IBM)、Nutanix Inc、Cisco Systems, Inc.、Huawei Technologies Co., Ltd.、Fujitsu Limitedなどです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10336539

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング