倖田來未最新ツアーの模様を、バックステージの様子も合わせてWOWOWでオンエア!

PR TIMES / 2013年9月5日 9時23分

「倖田來未 LIVE TOUR 2013 ~JAPONESQUE~」9月8日(日)よる9:00[WOWOWライブ]



2012年1月にアルバム『JAPONESQUE』をリリースした後、産休に入った倖田來未。今年3月にスタートした全国アリーナツアー“KODA KUMI LIVE TOUR 2013 ~JAPONESQUE~”は、約3年ぶりのアリーナツアーであることに加え、オリジナルアルバム『JAPONESQUE』だけでなく、2月にリリースしたカバーアルバム『Color the Cover』も盛り込んだ充実の内容で、開幕するやいなや話題となっていた。そのツアーファイナルを飾った6月30日の横浜アリーナ公演をレポートする。

ステージの巨大スクリーンに映し出された美しい古都の映像、そして花魁風の衣装に身を包んだ彼女による「So Nice」で幕を開けたこの日の公演。大歓声で迎えたファンに応えるように、ゆっくりと客席を見渡しながら歌う彼女の顔にも笑顔が浮かぶ。途中、ダンサーを引き連れステージ後方から前方へと歌いながら移動する様子は、まさに花魁道中そのもの。目の前で繰り広げられる豪華絢爛な世界観に、観客は一人残らず魅了された。「D.D.D.」「情熱」を歌い上げた後、次の曲に入るところで場内の雰囲気は一転する。突如スクリーンに「我と思うもの手を上げい」というメッセージが映し出されると同時に、次々とダンサーたちが客席に飛び出していく。そして4名のファンをステージに上げると、チャイナドレス風のセクシーな衣装に着替えた彼女が登場。「KO-SO-KO-SO」を歌いながら一人ひとりと濃厚な絡みを見せ、ステージ上の4人はもちろん、それを見守る客席からも悲鳴にも似た歓声が上がった。

第2幕では、「V.I.P」や「ESCALATE」などダンサブルなナンバーが中心。また、「ピンク スパイダー」では映像も駆使し、鳥かごに閉じ込められた彼女が消えるというイリュージョンも披露。さらに、7月31日リリースのシングル「Summer Trio」の中から「IS THIS TRAP?」が演奏されると、一足早く新曲を聴けた喜びに加え、リズミカルなアッパーチューンに観客は大いに盛り上がった。

エメラルドグリーンのドレスに身を包み、「Alone」で幕を開けた第3幕。「恋しくて」を切なく歌い上げた後、彼女が“大切な人”のために書いたという「darling」を披露。この曲では、パーカッションとギター、コーラスのみのアコースティック編成で客席にせり出したサブステージに立ち、やわらかな表情で、まるでファン一人ひとりを見るように歌っていたのが印象的。また、「Brave」では“誰よりもあなたの大切な人になりたかったんだ”という歌詞を“みんなの大切な人になりたかった”に替え、時折涙を流す彼女の姿に、観客もまた目を潤ませていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング