2016年映画公開決定!夢枕獏山岳小説の金字塔「神々の山嶺」が「エヴェレスト 神々の山嶺」とタイトルを新たに、合本版としてKADOKAWAより発売!

PR TIMES / 2015年10月26日 18時22分

世界最高峰の地で愛と運命に挑む男たちを描いた夢枕獏による山岳小説の金字塔「神々の山嶺」。
上下2巻の文庫として発売されていた本作が映画化を記念して、「エヴェレスト 神々の山嶺」とタイトルを新たに、合本版として10/25に角川文庫から発売となった。



世界最高峰の地で愛と運命に挑む男たちを描いた夢枕獏による山岳小説の金字塔「神々の山嶺」。
上下2巻の文庫として発売されていた本作が映画化を記念して、「エヴェレスト 神々の山嶺」とタイトルを新たに、合本版として10/25に角川文庫から発売となった。

この「神々の山嶺」、大作ゆえに今までは上下巻の2巻構成だったが、来年3月12日の映画公開を記念して、その感動を一度に味わえる合本版としての発売となった。
約1100ページにも及ぶ超大作を、1300円というリーズナブルな価格で堪能することができる。
[画像: http://prtimes.jp/i/7006/1850/resize/d7006-1850-923611-1.jpg ]



また、この合本版のカバーと帯を合わせると、映画のポスターデザインがそのままに、立ちはだかる山の脅威に今にも挑んでいくような、主演の岡田准一と阿部寛のドラマティックなビジュアルが現れる。

壮大な自然の脅威と、熱い人間ドラマを大いに味わってもらいたい。


≪作品情報≫
【10/25発売】
エヴェレスト 神々の山嶺
著者: 夢枕獏
定価(税別) 1300円
ISBN 978-4-04-103453-8-C0193

あらすじ
世界初のエヴェレスト登頂目前で姿を消した登山家・ジョージ・マロリー。
失踪の鍵を握る古いカメラを手に入れた深町誠は、孤高の登山家・羽生丈二に出会う。
世界最高峰の地で愛と運命に挑む男たちを描いた山岳小説の金字塔が、合本版で登場。
柴田錬三郎賞に輝いた夢枕獏の代表作。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング