15歳でデビューし20歳で世界制覇した若き才能アルバレスが天才メイウェザーに挑む・・・「メイウェザーVSアルバレス」を9/15(日)WOWOWにて生中継

PR TIMES / 2013年9月13日 9時36分



THE ONE――現役最強を決める戦い
メイウェザー VS アルバレス
9/14 @MGMグランドガーデン・アリーナ

WBA、WBC世界S・ウェルター級王座統一戦、フロイド・メイウェザー(36=アメリカ)対サウル・アルバレス(23=メキシコ)の12回戦が9月14日(日本時間15日)、アメリカはネバダ州ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われる。
5階級制覇の実績を持ち、現在はS・ウェルター級のWBAスーパー王座、WBCダイヤモンド・ベルト保持者でもあるメイウェザー(44戦全勝26KO)は、これが実に22度目の世界戦となる。「スピード違反」の声もあがるほどの速さと天才的な防御勘でスーパースターの座を守ることができるのか。一方、WBAとWBCのレギュラー王座を保持している43戦42勝(30KO)1分のアルバレスは、持ち味の馬力と強打、若さで新しい時代の扉を開けたいところだ。
メイウェザーに4150万ドル(約41億5000万円)という驚愕の報酬が最低保障されているスーパーファイト。その注目試合を前に、両雄の足跡とイベントの規模を3回にわたって紹介しよう。第2回の今回は、アルバレスの半生を辿ってみた。

■15歳でデビューし20歳で世界制覇
アルバレスは1990年7月18日、メキシコのハリスコ州トラホムルク・デ・スニガで生まれた。フルネームはサントス・サウル・アルバレス・バラガンという。男7人、妹ひとりの8人兄妹の七男だった。一家はのちの世界王者が幼いころ、メキシコ第二の都市グアダラハラに移住している。ニックネームの「カネロ」はシナモンのことで、アルバレスの頭髪が赤いことから親しみを込めてそう呼ばれているのだという。
メイウェザーがそうだったように、こちらもボクシング一家として知られている。ラモン、リカルド、リゴベルトら兄のほとんどがボクサーである。なかでもリゴベルトは石田順裕(グリーンツダ)からWBA世界S・ウェルター級暫定王座を奪った元王者で、兄弟で世界一の座についたことになる。
兄たちの活躍に刺激を受けたアルバレスは13歳のときに本格的にボクシングを始めた。兄に連れられてエディ・レイノソ氏のジムに見学に行ったのが最初だった。ちなみにレイノソ氏はいまもアルバレスのマネージャーとトレーナーを務めている。アルバレスは05年にメキシコのジュニア王者になるなど、アマチュアで20戦を経験したというが、勝敗数に関しては不明だ。このほかアマ戦績に関して「44戦43勝1敗」と報じている資料もある。
プロデビューは05年10月のこと。15歳の誕生日を迎えた3ヵ月後というから驚きだ。
5戦目で4回引き分けを経験した以外は順調に勝利を重ね、十代にして北米王座やユース王座などを手にするまでになった。余談だが、修行のために単身メキシコに渡っていた亀田和毅(亀田=現WBO世界バンタム級王者)とは当時からの友人でもある。兄の大毅が世界挑戦(09年10月)した際にアルバレスは来日、リングサイドで観戦している。
18歳のときから世界トップ10に名前を連ねることになったアルバレスは、世界ランカーのホセ・ミゲール・コット(プエルトリコ)や元世界王者カルロス・バルドミール(アルゼンチン)、さらに同じく元世界王者ラブモア・ヌドゥ(南アフリカ共和国/オーストラリア)らを連破。余勢を駆って臨んだWBC世界S・ウェルター級王座決定戦ではマシュー・ハットン(イギリス)を圧倒し、20歳の若さで世界制覇を成し遂げた。5度の防衛戦では元3階級制覇王者シェーン・モズリー(アメリカ)らを寄せつけなかった。今年4月のオースティン・トラウト(アメリカ)との試合ではサウスポーの相手の技巧に苦しんだが、ダウンを奪って判定勝ち、WBA王座も吸収した。
「メイウェザーと戦うのは、まだ2年早い」(亀田和毅)という声がある一方、「アルバレスが体格の利を生かして馬力で押し込めば勝てるのでは」という期待論もある。当のアルバレスは、ことあるごとに揺るぎない自信を口にしている。「メイウェザーが強いことは十分に分かっている。厳しくタフな試合になることも覚悟している。でも、勝つのは私だ。それが時代の流れというものだ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング