「10代の頃からスマパン・ファン」RIZE・JESSEとしょこたんが“グランジ/オルタナティブ・ロックの雄”スマッシング・パンプキンズを語る。スマパンのNYライブをWOWOWでオンエア!

PR TIMES / 2013年9月14日 10時44分

「洋楽年鑑 スマッシング・パンプキンズ」9月14日(土)よる6:00[WOWOWライブ]

ニュー・アルバム『オセアニア』で完全復活を遂げた“グランジ/オルタナティブ・ロックの雄”スマッシング・パンプキンズの最新NYライブ。



毎年「グラミー賞授賞式」を生中継で放送しているWOWOWの洋楽番組「洋楽年鑑」。これまでマムフォード&サンズ、シャーデー、レディ・アンテベラム、ルー・リードといったグラミーアーティストを取り上げてきたが、今回フィーチャーするアーティストは、オルタナティブ・ロックを代表するバンドのひとつに挙げられるスマッシング・パンプキンズ。1988年にシカゴで結成されたこのバンドは、全世界で3000万枚を超える売り上げを記録し、4枚のアルバムがプラチナディスクに認定されている。2000年までにグラミー賞に10度ノミネートされるなど、まさに世界が認める実力派バンドだ。
2000年12月に解散。その後、ボーカル&ギターのビリー・コーガンは新バンド“ズワン”を結成したり、ソロとして作品を発表したり、活動の幅を広げていたが、2006年4月に再結成を宣言し、翌2007年にアルバム『ツァイトガイスト』で見事に復活。昨年6月にも8枚目となるアルバム『オセアニア~海洋の彼方』をリリースしている。今回の洋楽年鑑では、最新アルバムのリリース後に行なわれた大規模なツアーの中から、昨年12月のニューヨークでのライブの模様をお届けする。

ピックアップしたアーティストの魅力を映像で掘り下げていくのが「洋楽年鑑」の大きな特徴だが、MCを務める“しょこたん”こと、中川翔子とゲストとのトークもこの番組の大きな見どころ。今回は、ミクスチャーロックバンドRIZEでギター&ボーカルを務めるJESSEをゲストに迎えて収録が行なわれた。

JESSEは10代の頃からのスマパンのファンで、番組の収録にも1993年に来日公演を観に行った時に購入したバンドTシャツを着てくるほどの気合いの入りよう。1996年の来日公演でのエピソードや自らのグラミー賞への思いなどを熱く語った。激しい音があったり、クリーンな音で聴かせる部分があったり、ひとつの曲の中でも振り幅があるのがグランジ/オルタナティブ・ロックの良いところ。スマパンの良さを分かりやすく語るJESSEの言葉に、熱心に耳を傾けるしょこたんの姿も印象的だった。
ジャンルは違うが、JESSEもしょこたんも音楽活動を行っていて、JESSEはChar、しょこたんは中川勝彦と父親がミュージシャンという共通点もあり、トークを通してすっかり意気投合した様子。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング