1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「スラム街をエコタウンに」約300点 長坂真護氏によるアートが日本橋三越本店に大集結。【長坂真護展 Still A Black Star/We Are Same Planet~私たちは繋がっている~】

PR TIMES / 2021年9月22日 15時15分

会場:日本橋三越本店 本館7階 催物会場 会期:2021年10月13日(水)~10月24日(日)[最終日午後6時終了]

URL: https://www.mistore.jp/shopping/event/nihombashi_e/nagasakamago_50
※諸般の事情により予告なく変更・中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。必ず事前にホームページをご確認いただき、ご来店ください。




[画像1: https://prtimes.jp/i/8372/1893/resize/d8372-1893-1acb0b96af4c50d1aafe-6.jpg ]

日本橋三越本店では10月13日(水)~10月24日(日)まで”長坂真護展 Still A Black Star/We Are Same Planet~私たちは繋がっている~ “を開催します。ガーナのスラム街に不法投棄された先進国の電子機器廃棄物を再利用し、アートにする活動をしている長坂真護氏。今回は約300点のアートを「ガーナ」「スーパースターズプロジェクト」「月」「新世界」そして新たに小豆島を舞台にした「 We Are Same Planet 」を加えたテーマにて展示します。また、本館7階 催物会場だけではなく本館1階 ウインドーや屋上にも作品を展示し、日本橋三越本店では最大規模の展覧会となります。


ガーナ
ガーナのスラム街の電子機器廃棄物の山を見て抱いた「この現実を変えたい」「世界最高のエコタウンにしたい」という強い想いをアートへと昇華した、メインとなる作品シリーズ。


[画像2: https://prtimes.jp/i/8372/1893/resize/d8372-1893-bcccdf1994e17a64d1ef-5.jpg ]

働く For You 660,000円(20×20cm)


We Are Same Planet
2021年7月にガーナのスラム街「アグボグブロシー」の現地スタッフから街が消滅したと突然連絡が入る。そのガーナの失業者に雇用を提供するため、これ迄の空気を汚す焼き場の仕事から、空気を綺麗にする仕事への導入を目指しオリーブの木に着目する。ガーナの土地にてオリーブの栽培をし、新しい雇用やフェアトレードができるオリーブ農園を作るため、小豆島のオリーブ農園にて勉強中の長坂氏。その生活の中で瀬戸内海にもガーナにも沢山の投棄ゴミがあるということに気づき、マイクロプラスチックやシーグラスなどの投棄物を再利用した、新シリーズ「We Are Same Planet」をここ日本橋三越本店で初お披露目します。



スーパースターズプロジェクト
スラム街に住む子ども達に新しい道をつくるべく立ち上げた、“スラム街からスーパースターを生み出そう” というアートプロジェクト。売上は報酬として支払い、得られた収入を画材購入費に充ててもらい、新たな作品を生み出してもらうというサイクルを構築します。


[画像3: https://prtimes.jp/i/8372/1893/resize/d8372-1893-8d3d32e124b8ff23e4eb-1.jpg ]

スーパースターズ110,000円(45×45cm)




2015年、パリの同時多発テロ後かつて住んでいた街で、目の当たりにした“恐怖” と平和に対する考え方の甘さに“葛藤” を抱く。失意の中、夜空に浮かぶ満月を見た際にこれこそが世界中を照らしてくれる“世界平和の象徴” であると気づき世界平和への願いと月が直感的につながったことで描かれた作品シリーズ。


[画像4: https://prtimes.jp/i/8372/1893/resize/d8372-1893-0519e56dc9c89527638f-2.jpg ]

「FULL MOON」1,760,000 円(57×57cm)


新世界
古い概念を捨て、新たな思想を築くことを迫られた2020 年。“ニューノーマル” という新しい概念思想と、長坂氏が見つめる先の未来を絵で表現した作品。


[画像5: https://prtimes.jp/i/8372/1893/resize/d8372-1893-615ebce6dd5a46b0363e-4.jpg ]

内界は外界であり、外界は内界であって、内界は外界である13,200,000円(180×240cm)


本館 屋上 日本橋庭園にもアート作品が登場!
2019 年夏にアグボグブロシーで過ごした53 日間の中で、現地の人々とともに力を合わせて平和の象徴であるムーンタワー(月の塔)を制作。そのムーンタワーを日本で再現したのがこの作品であり、ガーナの大地に捨てられていたペットボトルを素材として利用し、球状に編み上げ、中心にライトを設置することで、
鈍くも美しい光を放つ平和の象徴が空間を照らします。


[画像6: https://prtimes.jp/i/8372/1893/resize/d8372-1893-805ad95d227c9b9a6fbd-3.jpg ]

※イメージ画像です。

※掲載商品の価格はすべて税込みです。
長坂真護展 Still A Black Star/We Are Same Planet~私たちは繋がっている~
会場:日本橋三越本店 本館7階 催物会場
会期:2021年10月13日(水)~10月24日(日)[最終日午後6時終了]

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング