1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

3月26日開設!シェアオフィス&コワーキングスペースを兼ね備えたスタートアップスタジオ『GINZA SCRATCH / ギンザ スクラッチ』|G's ACADEMY×ファイブスターインタラクティブ

PR TIMES / 2021年3月1日 17時45分



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:吉村 毅、学長:杉山 知之)が運営する、起業家・エンジニア養成スクール『G's ACADEMY』(ジーズアカデミー)は、株式会社ファイブスターインタラクティブ(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長兼CEO:木村省悟)とともに、スタートアップスタジオ『GINZA SCRATCH / ギンザ スクラッチ』を、2021年3月26日に開設します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/496/1915/resize/d496-1915-946736-0.jpg ]


 コロナ禍で社会全体のDXが進み、Webサービスやアプリケーションは生活においてなくてはならない立ち位置へと進化してきております。インターネットを通じて提供されるサービスが私たちの生活の一部になってきている状況の中、これまでは機能の存在価値が高かったサービスに対して、次第にアート性やデザイン性を重視したブランディングの価値が増していくことが考えられます。

 グローバル展開を目指す日本発のスタートアップに期待される内容として、デザイン性やアート性は欠かせないものになってくるでしょう。

 日本の美学やアイデンティティの反映されているサービス構築のため、日本のアートの集積地である銀座からグローバルに発信する日本発のスタートアップの育成を行っていきたいという想いから、G’s ACADEMYは株式会社ファイブスターインタラクティブと共同で、スタートアップスタジオ『GINZA SCRATCH / ギンザ スクラッチ』を2021年3月26日に開設することになりました。

GINZA SCRATCHホームページ : https://www.ginzascratch.jp



スタートアップスタジオ『GINZA SCRATCH / ギンザ スクラッチ 』とは


起業家の純粋な『志』を『具体的な形にする』ことに最重点を置いたシェアオフィス&コワーキングスペースです。G's ACADEMYが起業家・投資家ネットワークをサポート、株式会社ファイブスターインタラクティブがスタートアップの立ち上げ時に必要不可欠なブランディングや各種デザイン・CI(コーポレート・アイデンティティ)UI/UX設計・デジタルプロモーションのノウハウを提供、さわかみグループが資金調達のアドバイスや出資を行い、株式会社日本創発グループがビジネススキームの支援をすることで、起業家が事業成長に集中できるような環境を提供します。



GINZA SCRATCHの特徴


[画像2: https://prtimes.jp/i/496/1915/resize/d496-1915-781079-2.png ]


1. クリエイティブワークに集中する空間を最高立地に提供。新たなアイディアに出会える空間を設計

銀座駅から徒歩3分の好立地、且つ長時間滞在に最適な空間で集中作業とミーティングの両方の利用に適した空間とインテリアを提供します。

2. CI・ブランディングを専門家集団でサポート。起業家・投資家ネットワークがあなたをバックアップ

ファイブスターインタラクティブによるCI/UI/UX設計・ブランディング・デジタルプロモーションの相談や支援、G’s ACADEMYによるスタートアップ有識者の講演、アドバイザーを設置。
スタートアップの立ち上げに必要な機能を専門家集団でサポートします。

3. 挑戦者のコミュニティの持つ熱量があなたを支援

コミュニティマネージャー、コンシェルジュによるメンバー同士の紹介と接続を行い、起業家ネットワークの繋がりをサポート。毎月のPitch会や懇親会を通じて、互いに刺激を受けられる機会を提供します。
また、GINZA SCRATCHの会員企業が、G’s ACADEMYが抱える1,300名の起業家・エンジニアコミュニティとシームレスにつながり、地域を超えた起業家コミュニティを形成していきます。



利用料金


[画像3: https://prtimes.jp/i/496/1915/resize/d496-1915-758353-1.png ]

★GINZA SCRATCHのOPEN記念キャンペーンとして4月末までの申し込みで入会金(15,000円)が無料となります。



衛生管理、感染防止対策について


GINZA SCRATCHでは新型コロナウイルス感染症対策を行い、施設内を安心安全に使用していただくために、定期的な消毒、空気の換気、ご来店時にはアルコールでの手指消毒、マスクの着用、検温へのご協力をお願いしております。


<運営企業>

デジタルハリウッド株式会社

[画像4: https://prtimes.jp/i/496/1915/resize/d496-1915-173638-3.jpg ]

https://www.dhw.co.jp/

1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。
現在、東京と大阪に専門スクールと、全国の各都市にWebと映像について学べるラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」、そしてeラーニングによる通信講座「デジハリ・オンラインスクール」を展開。2004年には、日本初となる株式会社によるビジネス×ICT×クリエイティブの高度人材育成機関「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、翌年4月には「デジタルハリウッド大学」を開学。
設立以来、9万人以上の卒業生を輩出している。
さらには、2015年4月、スタートアップ志望者を対象としたエンジニア養成学校『ジーズアカデミー』を開校、同年11月には日本初のドローンビジネスを皮切りに、ロボットサービス産業の推進を目的とした『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校。
デジタルコンテンツ業界の人材育成と、産業インキュベーションに力を注ぐ。


さわかみグループ

[画像5: https://prtimes.jp/i/496/1915/resize/d496-1915-647922-4.png ]


https://sawakami.com/

さわかみグループは現在13社で運営されている企業グループ。各社に共通する理念は「世の中をおもしろくする」こと。具体的に、一般生活者の財産形成のお手伝いをさせていただく「さわかみ投信」は、日本初の独立系直販投信として一般生活者の資産形成を担い、20年以上の実績と約12万名の顧客を持つ。その多くの顧客に、お金の不安を解消する過程で個々人がおもしろい世の中づくりに参加するためのモデルとしてグループ活動に発展した。
地域創成、映画・動画製作、スポーツ・文化・芸術支援、環境保護活動、観光業、後継者問題解決、自然エネルギー事業、ビール製造、公益寄付財団など、他分野におけるインキュベーションを通じ、世の中にお金をまわして人々が明るくなることに注力。


株式会社 日本創発グループ

[画像6: https://prtimes.jp/i/496/1915/resize/d496-1915-422432-5.png ]

https://www.jcpg.co.jp/

日本創発グループは、印刷事業、デジタルコンテンツ開発、プロダクト開発、セールスプロモーション開発という事業領域と、これらを支えるクリエイティブ部門を持つ、「創るチカラ」が集まったプロフェッショナル・グループです。
それぞれの領域でベストを尽くしクライアントの課題解決、ご要望にお応えしていくのはもちろんのこと、各領域を横断し、豊富なノウハウと高い製造技術を合わせた新しい価値をご提供しています。
グループ事業会社の株式会社ファイブスターインタラクティブと共に、デジタルコンテンツ分野のシナジーを生み出しています。


株式会社ファイブスターインタラクティブ

[画像7: https://prtimes.jp/i/496/1915/resize/d496-1915-948641-6.png ]

https://5star.co.jp/

株式会社ファイブスターインタラクティブは、株式会社日本創発グループのデジタル系事業会社として、海外・国内のグローバル企業に向けたデジタルプロモーションのコンサルティングを行っています。大手外資系企業の日本向けデジタルプロモーション戦略を専門的に行う業務を強みとして、社内スタッフが多言語に対応しWEB等デジタルプロモーションのデザイン・システム構築からスマートデバイスのコンテンツ開発をはじめ、Eコマースサイトの構築、ローンチ後の運用、ソフトウェア構築、SNS運用、翻訳、撮影、映像制作、イベント支援など、外資系企業の日本向けローカライズ業務全般に幅広く携わっており、クライアント企業のパートナーとして、CI(コーポレート・アイデンティティ)ブランディングを支援するコンサルテーションに取り組んでいます。



G’s ACADEMY(ジーズアカデミー)


[画像8: https://prtimes.jp/i/496/1915/resize/d496-1915-294036-7.jpg ]


https://gsacademy.jp/

「G’s ACADEMY(ジーズアカデミー)」は「セカイを変えるGEEKを養成する」をテーマに、2015年4月にデジタルハリウッドが設立したエンジニア養成スクールです。
このコンセプトが共感を呼び、入学者の約80%が起業志望者、ベンチャー企業への就職希望者となっています。

[画像9: https://prtimes.jp/i/496/1915/resize/d496-1915-677702-8.jpg ]


入学時は全くのプログラミング初心者だった方々が、卒業時にはサービスを次々と立ち上げ、卒業間もなくVCからの資金調達に成功するなど奇跡的なストーリーを生み出し、現在は約1,300名の起業家×エンジニアコミュニティに成長しています。

また、多くの起業志望者に対応すべく、インキュベート機関「D ROCKETS」を設立。
「D ROCKETS」は表参道G’s TOKYO BASEに併設されており、起業家とエンジニアの化学反応を引き起こし「セカイを変えるようなサービスを日本から生み出すこと」に貢献しています。
[画像10: https://prtimes.jp/i/496/1915/resize/d496-1915-788313-9.jpg ]


なお、運営母体であるデジタルハリウッド大学と大学院では、大学発ベンチャーの設立数が全国11位(令和元年度実績)となっており、多数の起業家を輩出しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング