1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

デジタルハリウッドアカデミー、京都精華大学の全学部必修科目にてオンライン授業の効果的運用を共同開発

PR TIMES / 2021年6月10日 18時15分



 ICT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO吉村毅、学長:杉山知之 以下デジタルハリウッド)と京都精華大学(所在地:京都市左京区、学長:ウスビ・サコ)は、京都精華大学の全学部1年生全員を対象にしたデジタルクリエイティブスキルの効果的で効率的な育成を目的として、2021年度よりオンライン授業の導入及び活用支援サービス「デジタルハリウッドアカデミー」の業務提携を行っています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/496/1946/resize/d496-1946-979291-0.jpg ]


 2021年度より京都精華大学が新たに設置する科目『グラフィックデザインソフトスキル』はAdobe Photoshop(R)とAdobe Illustrator(R)の基本操作を修得する内容です。アートやデザイン、マンガ等視覚に訴える表現を追求する学生にとっては必須のソフトです。さらに文系の学部の学生も自身の研究について、文章だけでは無く写真やイラスト、図、グラフ等をプレゼンテーションに使用することで伝える力が大幅に向上します。

 最近はデジタルデバイスとしてスマホのみを使用する学生が圧倒的に多く、PC操作そのものに不慣れな学生が多いこともあり、これらの大きな力を獲得することは新しい時代において全ての学生に必須であると考え、1年次の必修科目として設置しました。

 デジタルハリウッドは上記科目において、効果的なオンデマンド型オンライン授業を京都精華大学と共同開発しています。当社は具体的には以下の業務を担当しています。


(1)オンデマンド型動画教材の提供
(2)シラバス設計の支援
(3)学習管理システム(Learning Management System)の提供
(4)制作課題、確認テスト等の提供
(5)オフィスアワー(同時双方向型の学習サポート)の担当



■オンデマンド型授業科目『グラフィックデザインソフトスキル』概要

コンピュータグラフィックの基本を習得します。具体的には、コンピュータグラフィック作成アプリケーションソフトのスタンダードであるAdobe Photoshop(R)とAdobe Illustrator(R)の入門から基本操作の習得を目標とします。成果物として、名刺デザイン、フライヤーデザイン、バナーデザイン、ポスターデザインを行います。

[画像2: https://prtimes.jp/i/496/1946/resize/d496-1946-785792-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/496/1946/resize/d496-1946-622167-2.png ]



■京都精華大学

https://www.kyoto-seika.ac.jp/
[画像4: https://prtimes.jp/i/496/1946/resize/d496-1946-255502-3.jpg ]


1968年に開設した表現の総合大学。芸術学部・デザイン学部・マンガ学部に加えて、2021年4月に国際文化学部・メディア表現学部を新設し、5学部の学びで「表現で世界を変える人」を育てます。各学部の専門教育に加え、思考の方法や広い視野を身につける「教養教育」、企業等と連携し実践的に学ぶ「社会実践力育成プログラム」、他学部の科目を学べる「マイナー科目制度」など、独自のカリキュラムを整備し、世界を変える表現力を身につけます。在学中から異文化に触れる機会が多いことも特徴の一つで、多くの卒業生が4年間の学びを活かして、世界中で活躍しています。


■デジタルハリウッドアカデミー

https://academy.dhw.co.jp/
[画像5: https://prtimes.jp/i/496/1946/resize/d496-1946-681573-4.jpg ]


デジタルハリウッドでは、2005年のデジタルハリウッド大学開学当初より動画教材と対面授業を組み合わせる「ブレンディッド・ラーニング」による、教育の標準化と教育効果の向上を実現してきました。このノウハウを活かして、大学・専門学校・高等学校・中学校・小学校・塾・障害者支援サービス企業・教育サービス企業向けのオンライン授業の導入及び活用支援サービスが「デジタルハリウッドアカデミー」です。

新型コロナウィルスの脅威を経験して、教育のオンラインとリアルの最適な融合が問われています。

当サービスでは、毎年繰り返し教育している基礎スキルについては、授業効率の向上も実現します。 これらの改善を通じて創出できた新たな時間を活用して、学生一人ひとりの目的・目標に合わせて、きめ細やかに対応するアダプティブ・ラーニングを推進します。

これらを行うために、具体的には、動画教材の提供および開発、カリキュラムリニューアル、教員向け研修、教員紹介、デジタルハリウッド教員派遣による出張授業・オンライン授業の実施、さらには学生募集サポートから就職サポートまで、幅広くご支援させていただいております。

<導入実績60校(2021年6月現在)>


■デジタルハリウッド株式会社

https://www.dhw.co.jp/
[画像6: https://prtimes.jp/i/496/1946/resize/d496-1946-728094-5.jpg ]


1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。

現在、東京と大阪に専門スクールと、全国の各都市にWebと映像の学べるラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」、そしてeラーニングによる通信講座「デジハリ・オンラインスクール」を展開。

2004年には日本初、株式会社によるビジネス×ICT×クリエイティブの高度人材育成機関「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、翌2005年4月に「デジタルハリウッド大学」を開学。

設立以来、デジタルハリウッド全体で9万人以上の卒業生を輩出している。
さらには、2015年4月、スタートアップ志望者を対象としたエンジニア養成学校『ジーズアカデミーTOKYO』を開校、同年11月には日本初のドローンビジネスを皮切りに、ロボットサービス産業の推進を目的とした『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング