「この勝利をバネに次も頑張りたい」。全豪オープンテニス2回戦進出を決めた錦織圭に独占インタビュー!全豪オープンテニス第3日をWOWOWにて生中継!

PR TIMES / 2014年1月15日 9時35分



オーストラリア・メルボルンで開催中のシーズン最初のグランドスラム「全豪オープンテニス」(WOWOWでは1月13日(月・祝)~26日(日)連日生中継)。
大会第2日に行われた男子シングルス1回戦で地元オーストラリアのマリンコ・マトセビッチを、6-3、5-7、6-2、4-6、6-2のフルセットの末に破り、初戦を突破した錦織圭にWOWOWが現地にて独占インタビューを行なった。


Q:3時間41分、苦しい中でも価値のある勝利でしたが、ご自身ではどう振り返りますか?
錦織:1回戦から長い試合になりましたが、それでも5セット目は集中を取り戻して、力強いテニスが出来たのでよかったです。

Q:スタッツで見るとエラーが50本あったものの、これはフォアで攻めていった結果だとも思いますが、いかがですか?
錦織:ちょっと攻め急いでしまった時が多く、風もあったので、もう少し後ろからミスを減らして出来れば良かったと思います。

Q:今日の風と40度を超える暑さに関して、試合中はいかがでしたか?
錦織:暑さはなんとか保てていました。ブリスベンの方が湿度もあってきつかったですが、今日は暑さよりも風がコート上で渦巻いていたので、それがやりにくかったです

Q:風のせいでサーブのトスアップの微調整なども難しかったのではないですか?
錦織:そうですね。トスが思い通りにあがらなかったり、風がワンサイドだったり、難しかったですね。

Q:フォアハンドの出来に関してご自身の評価はいかがですか?
錦織:ストロークはすごく良くなっています。フォアから前に入って攻める形も作れていますし、今日も良い時はしっかり自分から打てていたので、良くなっていると思います。

Q:第4セット以降セカンドサーブが格段に良くなって、第5セットの3時間半を過ぎたあたりで今日の最速198kmが出たのはすごいですね。
錦織:最後に集中を取り戻すことが重要になってくるので、しっかりギアをあげて3-0にして、先にブレイクできたのは良かったです。

Q:相手が地元の選手でしたが、応援の声は錦織さんの方が多いぐらいでした。いかがでしたか?
錦織:僕もそんな気がします。相手が現地の選手にもかかわらず、日本人に限らずオーストラリア人の方にも、たくさんのサポートや声援をいただきました。すごく嬉しかったです。

Q:2回戦の相手はセルビアのラヨビッチですが、どんな印象をお持ちですが?
錦織:名前は知っていますが、まだ一回もプレーを見たことがないので、今日・明日とじっくり調べて臨みたいと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング