グラミー賞2部門受賞!デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)映画初監督ドキュメンタリー映画をWOWOWでオンエア!

PR TIMES / 2014年2月5日 9時29分

「サウンド・シティ ―リアル・トゥ・リール ポール・マッカートニー、ニール・ヤング、カート・コバーンが愛した伝説のスタジオ」2月9日(日)夜11:00[WOWOWライブ]



第56回グラミー賞2部門受賞!(「最優秀サウンドトラック・アルバム」「最優秀ロック・ソング」)
デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)映画初監督ドキュメンタリー映画「サウンド・シティ -リアル・トゥ・リール ポール・マッカートニー、ニール・ヤング、カート・コバーンが愛した伝説のスタジオ」をWOWOWで2月9日(日)夜11:00オンエア!

サウンド・シティは、1970~80年代にロックの名盤の数々を生み出した伝説のレコーディング・スタジオ。1991年、ここでニルヴァーナの傑作『ネヴァーマインド』をレコーディングしたデイヴは、既に旧式となっていたアナログ機材特有の生々しい音に魅了され、2011年のスタジオ閉鎖を機に映画の製作を決意。
その作品「サウンド・シティ ―リアル・トゥ・リール」は、同じくその音に惚れ込んだポール・マッカートニー、ニール・ヤング、故カート・コバーン、フリートウッド・マック、トム・ペティらのコメントや、サウンド・シティの機材を移設したデイヴのスタジオでの彼らとのセッションが盛り込まれた、音楽ファン必見のドキュメンタリーとなった。

この作品から、 2014年1月26日(日本時間27日)に開催された第56回グラミー賞授賞式で、 「Cut Me Some Slack」が最優秀ロック・ソングに、そしてサウンドトラックが最優秀サウンドトラック・アルバムを受賞した。

WOWOWでは、この「サウンド・シティ -リアル・トゥ・リール ポール・マッカートニー、ニール・ヤング、カート・コバーンが愛した伝説のスタジオ」を、2月9日(日)夜11:00~オンエア。ぜひお見逃しなく!

■■■WOWOW番組情報■■■
「サウンド・シティ -リアル・トゥ・リール ポール・マッカートニー、ニール・ヤング、カート・コバーンが愛した伝説のスタジオ」
2月9日(日)夜11:00[WOWOWライブ]
伝説のスタジオ「サウンド・シティ」の隆盛と衰退を追う。ロックのアイコン、デイヴ・グロールが映画初監督を務めるドキュメンタリー映画。この作品から、「Cut Me Some Slack」が第56回グラミー賞の最優秀ロック・ソング、そしてサウンドトラックが同賞最優秀サウンドトラック・アルバムを受賞した。
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/104785/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング