【LINEマンガ】『やまとは恋のまほろば』が、第23回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門で「審査委員会推薦作品」に選出!

PR TIMES / 2020年3月6日 15時45分

「ananマンガ大賞」での「大賞」受賞に続き、2つ目の受賞。受賞を記念し、全35話を無料でイッキ読みできるキャンペーンを本日から「LINEマンガ」で開始



LINE Digital Frontier株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営する電子コミックサービス「LINEマンガ」 https://manga.line.me/ で好評連載中のオリジナル作品『やまとは恋のまほろば』(作:浜谷みお)が、第23回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門にて「審査委員会推薦作品」に選出されたことをお知らせします。

あわせて、これを記念し、本日3月6日(金)より3日間、「LINEマンガ」のアプリ内にて、現時点での本作品の全話にあたる35話を無料で公開するキャンペーンを開催しますことをお知らせします。


文化庁メディア芸術祭 公式サイト: https://j-mediaarts.jp/


[画像1: https://prtimes.jp/i/1594/2074/resize/d1594-2074-372093-2.png ]


『やまとは恋のまほろば』は、ぽっちゃり体型な自分を「前方後円墳に似ている」と自嘲する主人公・三和穂乃香が、大学の古墳サークルに所属し、ひょんなことから同じサークルの同期・飯田くんを意識しはじめる、ぶきっちょな恋の成長ストーリーです。コンプレックスという誰もが共感できる要素と、優しい作風の中に見え隠れするリアルな心情描写が多くの読者の共感を集め、2019年5月27日の連載開始から、はやくもLINEマンガオリジナルを代表する一作品となっています。

そして、このたび、本作品が第23回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門(応募総数666作品)において、「審査委員会推薦作品」に選出されました。本作品が賞を獲得するのは、2019年12月25日に受賞した「第10回ananマンガ大賞」での「大賞」に続き、2つ目となります。

LINEマンガは、マンガ市場のさらなる発展と活性化を目指し、引き続き読者に喜ばれる作品を提供していきます。



無料イッキ読みキャンペーン 概要

「審査委員会推薦作品」への選出を記念し、「LINEマンガ」アプリ内【毎日無料】タブにて、『やまとは恋のまほろば』が35話無料でイッキに読めるキャンペーンを開催中です。ぜひこの機会にお楽しみください。
期間:3月6日(金)~3月8日(日)
対象:1話~35話まで
URL: https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000422



マンガ『やまとは恋のまほろば』について

作者  :浜谷みお
更新  :毎週月曜日
ジャンル:恋愛
URL : https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000422
内容  :三和穂乃香は、おたけやま古墳の麓にある大学の古墳研究会(通称:古研)に所属している。親友の友葉は大学デビューを果たし、一人疎外感を感じつつも、穂乃香にとって古研は唯一の癒やしだった。しかしある日、古研の同級生・飯田くんをひょんなことから意識し出してしまい…!? 古墳が引き寄せる、ぶきっちょな恋の成長ストーリー。



LINEマンガについて


[画像2: https://prtimes.jp/i/1594/2074/resize/d1594-2074-922576-0.png ]



「LINEマンガ」は、アプリで気軽にマンガ作品が楽しめるスマートフォン向け電子コミックサービスです。電子コミックストアでは250社以上の出版社・レーベルを通じて38万点以上の作品を配信し、出版社横断型の約2,000作品を“無料で23時間ごとに1話ずつ”読める「毎日無料」タブにて配信しております。さらに、「LINEマンガ編集部」が手がける連載作品や、多様なジャンルをフルカラーの縦読み形式で楽しめる「LINE WEBTOON」など、LINEマンガでしか読めない約240タイトルのオリジナル作品を展開しております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング