1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【名古屋プリンスホテル スカイタワー】身も心も癒される2泊3日のリトリート旅 NAGOYAの空で生まれ変わる私の一日「Nagoya Sky Stay~Elegant Retreat~」を販売

PR TIMES / 2023年11月30日 16時56分

健康への意識の高まりから生まれた観光業界のトレンド ウェルネスツーリズムに注目

名古屋プリンスホテル スカイタワー(所在地:愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12、総支配人:春山 新悟)は、いつも頑張っているご自身と大切な人とのご褒美旅に、日々の喧騒から離れ心身のバランスを整える2泊3日のリトリート旅「Nagoya Sky Stay~Elegant Retreat~」を2023年12月8日(金)から販売いたします。



近年、旅先でのスパや食体験などを通して、地域の魅力に触れ、心身ともにリフレッシュし明日への活力を得る「ウェルネスツーリズム」が次世代型観光として注目されています。名古屋市においてもウェルネスに特化した様々なコンテンツを通じて新しいライフスタイルを提案する「ウェルネスタイルNAGOYA」プロジェクトが始動しています。本プランでは、「NAGOYAの空で生まれ変わる私の一日」をキーワードに、地上140mの高層ホテルならではの体験をご用意しております。煌めく夜景に包まれ身も心も潤うアロマトリートメントや、地元企業である株式会社MTGが展開するビューティーブランド「ReFa」商品、計9アイテムでキレイに整う美容体験。また異なる2つの食体験として、朝日が差し込むゲストルームでお召しあがりいただく藤田医科大学の臨床栄養学 飯塚 勝美教授監修のバランスの取れた朝食と、地元老舗うなぎ問屋が営む「うなぎ四代目菊川グローバルゲート店」で栄養値豊富なうなぎを湯引きや白焼きなど多様な食べ方で楽しめるコース料理をご用意いたします。

煌めく名古屋の街並みや遠くにそびえる中央アルプスの山々まで一望できる冬の大パノラマ。日常の喧騒から離れた優雅な2泊3日のリトリート旅を提供いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/24668/2086/resize/d24668-2086-907f5c1be665585ed940-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/24668/2086/resize/d24668-2086-ed9e0a5a6a0d5138b227-1.jpg ]

Nagoya Sky Stay~Elegant Retreat~ 概要


【期間】 2023年12月8日(金)~2024年3月29日(金)チェックイン
【料金】 1名さま ¥130,000(1室2名さま プレミアムコーナーツインルーム)
【内容】 2泊室料+朝食(2回)+うなぎ四代目菊川コース料理+アロマボディトリートメント90分コース
【お問合せ】 TEL:052-756-3101(受付時間9:00A.M.~6:00P.M.)
滞在イメージ 一例


【金曜日】※チェックイン時間 7:00P.M.~
8:00P.M.   夕食を済ませて遅めのチェックイン
8:30P.M.   ゲストルームで夜景を見ながらウェルカムシャンパンで乾杯
9:30P.M.   ReFaブランドの最新シャワーヘッド、重炭酸入浴剤で疲れを洗い流すバスタイム
[画像3: https://prtimes.jp/i/24668/2086/resize/d24668-2086-8cdc8ef4bd7953c9ee82-2.jpg ]

【土曜日】 
6:30A.M.   ゲストルームに差し込む朝日とともに気持ちの良い週末の目覚め
[画像4: https://prtimes.jp/i/24668/2086/resize/d24668-2086-f2a6a188712ebf6a4acb-3.jpg ]

7:30A.M.   臨床栄養学教授監修の栄養バランスの取れた朝食をゲストルームで
[画像5: https://prtimes.jp/i/24668/2086/resize/d24668-2086-907f5c1be665585ed940-0.jpg ]

9:00A.M.   ReFaブランド(美容ローラー、アイロンなど)の美容体験
[画像6: https://prtimes.jp/i/24668/2086/resize/d24668-2086-0818e1058cefeef3a57c-4.jpg ]

1:00P.M.   うなぎ四代目菊川グローバルゲート店で鰻コース料理を堪能
3:00P.M.   グローバルゲート商業棟でショッピング。ホテル周辺散策
5:00P.M.   クラブラウンジ(カクテルタイム)でオードブルとお酒を楽しむ
8:00P.M.   夜景を望むゲストルームでアロマボディトリートメント体験
[画像7: https://prtimes.jp/i/24668/2086/resize/d24668-2086-264387a7b001bcea94be-5.jpg ]

9:30P.M.   ReFaブランドの最新シャワーヘッド、重炭酸入浴剤で疲れを洗い流すバスタイム
[画像8: https://prtimes.jp/i/24668/2086/resize/d24668-2086-d87dece69993cda76502-6.jpg ]

【日曜日】※チェックアウト~12:00NOON、クラブラウンジ利用~2:00 P.M.
6:30A.M.   ゲストルームに差し込む朝日とともに起床
7:30A.M.   臨床栄養学教授監修の栄養バランスの取れた朝食をゲストルームで
9:00A.M.   ReFaブランド(美容ローラー、アイロンなど)の美容体験
12:00NOON  チェックアウト クラブラウンジでゆったりティータイム
2:00P.M.   ホテル出発

ゲストルームで使える ReFaアイテム


リファファインバブル ピュア ReFa FINE BUBBLE PURE
バスタイム中にふれ続ける水に着目したReFaから、敏感な肌のことを考え抜いたシャワーヘッド。全身を包み込む2つの泡、ウルトラファインバブルとマイクロファインバブルがやさしく汚れを落とし、心地よく温め、うるおいを与える。浴びるたび、肌や髪の美しさに磨きがかかります。
リファスパタブレット ReFa SPA TABLET
入浴時間を至福のリラックスタイム変える、薬用入浴剤。お湯に溶けた重炭素イオン※が温浴効果を高めることにより、芯から全身を温め、美の大敵となる冷えや日々の疲労にアプローチ。内側から美しさを引き出し、いきいきとした毎日へ。
※炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム(無水)(有効成分)
リファビューテック ドライヤープロ ReFa BEAUTECH DRYER PRO
髪を乾かすではなく、頭皮を乾かす・毛先を乾かすというプロフェッショナルのブローテクニックに着目。プロフェッショナルは熱を手先で感知し、髪に最適な温度をつくり出しています。「プロセンシング」はそんなプロの技術を再現したテクノロジー。対象物センサーが頭皮と毛先の温度を感知し、温風と冷風を自動で切り替えることで、頭皮と毛先を熱ダメージから守ります。
リファビューテック カールアイロン 32 ReFa BEAUTECH CURL IRON 32
サロン帰りの髪は、プロフェッショナルの技により驚くほどしっとりやわらかい。
表面はしっかり乾いているのに内部には水分がギュッと詰まったレア質感。
ReFaの独自技術である「カーボンレイヤープレート」はこのプロの技をテクノロジーで再現。水・熱・圧をコントロールして美しい立体感がつづく “レア髪カール” を実現します。
リファビューテック ストレートアイロン ReFa BEAUTECH STRAIGHT IRON
サロン帰りの髪は、プロフェッショナルの技により驚くほどしっとりやわらかい。表面はしっかり乾いているのに内部には水分がギュッと詰まったレア質感。独自の技術「カーボンレイヤープレート」が、ストレートアイロンによる水・熱・圧のダメージを抑えながら、髪を美しく整えます。
リファイオンケアシャンプー、リファイオンケアトリートメント
リファカラットレイ ReFa CARAT RAY
波打つようなデザインが美しい、手になじむ流線型のボディ。その中でひときわ
存在感を放つ大きなソーラーパネルが、多くの※1「マイクロカレント」を生み出します。エステティシャンの手技「ニーディング」の動きを再現したダブルドレナージュ※2ローラーの深くつまみ流す動きで、艶やかに輝く、引き締まった肌へ。
※1メーカー比(ReFa CARATと比較して)
※2ドレナージュとはエステティシャンの流れるような動きを表現したものであり、人体への効果効能を表現したものではありません。
リファフォーボディ ReFa for BODY
入射角度を細かく設定し、絶妙な間隔で配置された4つの360°のマルチアングル構造のローラーがつまみ流す、つかみ絞るという「スパイラルニーディング」の動きを再現。リファ独自のボディケア専用設計で太ももの裏やヒップ、ウエストなどゆるみやすい肌にパワフルにアプローチし、美しく引き締めます。

その他、リファイオンケアシャンプー ReFa ION CARE SHAMPOOとリファイオンケアトリートメント ReFa ION CARE TREATMENTもご用意しております。

藤田医科大学 臨床栄養学 飯塚 勝美教授 プロフィール
1993年に大阪大学医学部を卒業。大阪大学医学部附属病院内科研修医、市立豊中病院内科医員を経て、2000年大阪大学大学院医学系研究科内科学にて博士課程を修了。2002年からテキサス大学生化学教室に留学、2004年帰国後、群馬大学、岐阜大学を経て、2021年から藤田医科大学医学部大学院医学研究科臨床栄養学教授に就任。
研究テーマ
・栄養素(特に糖質)の種類と質に注目した栄養療法の開発
・生活習慣病の病態形成における糖質活性化転写因子ChREBPの意義
・ITとバイオマーカーを活用した食事摂取量調査法の開発

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください