最強布陣で臨む日本チームの宮里藍と横峯さくらに独占インタビュー!女子ゴルフの世界一を決める国別対抗戦「インターナショナル・クラウン」をWOWOWで7月24(木)~28日(月)連日生中継!

PR TIMES / 2014年7月23日 13時32分



今年より新設された女子ゴルフの世界一を決める国別対抗戦「インターナショナル・クラウン」。LPGAが主催するまさに女子ゴルフのワールドカップをWOWOWでは連日生中継でお届けする。
今大会の出場国はLPGA2年連続賞金女王のインビー・パーク擁する韓国、世界ランキング1位のステーシー・ルイスやレクシー・トンプソンなど同10位内に3選手がいるアメリカなど世界の強豪8カ国。日本からは、宮里藍を筆頭に、横峯さくら、宮里美香、比嘉真美子の4選手が出場を予定している。大会への参加が決まっている宮里藍と横峯さくらにWOWOWが独占インタビューを行った。

【宮里藍】
Q:インターナショナル・クラウン初開催となりますけど、楽しみにしていることがありましたら教えて下さい。

宮里藍:プロになってこういうチーム戦っていうのには、なかなか恵まれてないというか、自分としてはそこまで経験がないので、純粋にその分すごい楽しみです。あとチームも仲の良い、さくらプロと、美香プロと比嘉真美子プロということで、すごくバランスのとれたチームになっていると思うので、本当に待ちきれないっていうのが率直な意見です。

Q:沖縄勢、4分の3ですね。

宮里藍:そうですね、それもすごいんですけど、さくらプロも入れると九州勢だけで4人固まったって感じですね。真美子プロに関しては一緒に回ったことがないので、どういうプレーをするのかは分からないですけど、飛距離がある選手だっていう風には聞いてますし、チームにとってはすごくいい武器になるかなって思います。

Q:国を背負っての戦いとなりますけど、特別な思いはありますか?

宮里藍:初めての開催なので、たぶん他の国の選手も含めて、手探り状態だとは思うんですけど、長い目で見ていくと、第一回目っていうのは逆にチャンスだと思いますし、いい雰囲気で試合を迎えられたらいいなと思います。

Q:普段は個人プレーのゴルフですけど、今回はチームプレーです。どんなことを心がけてプレーしたいと思いますか?

宮里藍:やっぱり国を代表して出てくるというだけで、お互いのそのプレッシャーの度合いというのは全然違うと思うので、その辺のコントロールはすごい難しいとは思います。でもみんなその辺はプロなので、しっかりと自分をコントロール出来ると思いますし、あとはコースに入ってしまえば、それぞれがそれぞれの良さを活かしていけるような、そういう雰囲気作りをしていけたらいいなと思います。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング