TOKYO FM・81プロデュース共催シナリオコンテスト「オーディオドラマ・アワード」作品募集スタート

PR TIMES / 2021年1月19日 19時15分

開局50周年を迎えたTOKYO FMでは、創立40周年を迎えた大手声優プロダクション81プロデュース(中尾隆聖(バイキンマン(「それいけ!アンパンマン」ほか)、玄田哲章(アーノルド・シュワルツェネッガー出演作品の吹替ほか)、高山みなみ(江戸川コナン(「名探偵 コナン」ほか)はじめ多くの人気と実力を兼ね備えた声優が所属)と共催でアニーバーサリー事業として、「オーディオドラマ・アワード」を開催致します。作品募集がいよいよスタート!(応募〆切2021年3月31日)応募の詳細はサイトをご覧ください。( https://audee.jp/ada/



[画像1: https://prtimes.jp/i/4829/2250/resize/d4829-2250-549454-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/4829/2250/resize/d4829-2250-705500-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/4829/2250/resize/d4829-2250-615899-2.jpg ]

◆「オーディオドラマ・アワード」開催によせてのメッセージ◆
想像力を味方にできるオーディオコンテンツは、大いなる可能性があると私たちは考えます。
なかでも、オーディオドラマには、見えないからこその魅力がたくさんあります。

映像では捉えきれない、心模様。
増幅される感動、恐怖や驚き、そして、より伝わる人のぬくもり。

このたび、私たちは「オーディオドラマ」のシナリオを、広く募集いたします。

優秀作品は、中尾隆聖、玄田哲章、高山みなみ、三木眞一郎、江口拓也、斉藤壮馬、上田麗奈、高橋李依、芹澤優、田中美海をはじめ多くの実力と人気を兼ね備えた声優が所属する81プロデュースの、超豪華声優陣が、あなたの創作したキャラクターを演じ、オーディオドラマ化します。

そして、TOKYO FMの放送および配信プラットフォームを通して、リスナーのみなさまにお届けする予定です。

<株式会社81プロデュース>
代表取締役社長 南沢道義。
中尾隆聖、玄田哲章、高山みなみ、三木眞一郎、江口拓也、斉藤壮馬、上田麗奈、高橋李依、芹澤優、田中美海をはじめ多くの実力と人気を兼ね備えた声優が所属する大手声優事務所。


<募集要項>

■400字×20枚程度
■Wordデータ、PDFデータもしくはテキストデータとします。
■応募はエンターテインメント作品に限ります。
小説形式とし、1,000文字以下の梗概と登場人物紹介を必ず一緒にご提出ください。
■募集テーマは、設けず自由な発想で募ります。
■応募者の性別、年齢、職業は問いません。
アマチュアの方も、プロの小説家や脚本家の方も、いずれもご参加いただけます。但し、応募者が未成年の場合は、親権者に本募集要項の内容について同意を頂いたうえで、ご応募ください。
■応募作品は、未発表のものに限ります。
他の団体や企業などの公募に応募中の作品や、あるいは既に受賞した作品は、本賞に入選した場合でも、判明した時点で受賞資格を失い、既に交付済みであれば賞金等もご返還いただきます。
■お一人につき、一作品までの応募に限らせていただきます。
複数作品を応募されたことが判明した時点で、失格とさせていただきます。

最優秀賞(1作品)…賞金10万円&ラジオドラマ化
優秀賞(2作品)…賞金5万円&ラジオドラマ化



<審査員>


【審査委員長】

[画像4: https://prtimes.jp/i/4829/2250/resize/d4829-2250-495596-3.jpg ]

●南沢道義(株式会社81プロデュース代表取締役社長)
数多くの国内外のアニメーション作品、洋画や海外ドラマの吹替版の制作に携わる一方、全国新人声優発掘オーディション「81オーディション」において多くの人気・実力派声優を輩出、また、声優・俳優の養成機関である「81アクターズスタジオ」にて次世代の声優業界を担う若者の育成に力を注いでいる。


【特別審査員】

[画像5: https://prtimes.jp/i/4829/2250/resize/d4829-2250-214698-4.jpg ]

●高野之夫(豊島区長)
豊島区長。豊島区議会議員、東京都議会議員を務めたのち、1999年に豊島区長に就任、現在6期目。一貫して愛する豊島区に全身全霊を傾け、文化を基軸にしたまちづくりによって国際アート・カルチャー都市を推進してきた。
そのひとつとして、マンガ家憧れのトキワ荘を復元した「トキワ荘マンガミュージアム」を開館し、ときに自らコスプレに扮するなど、豊島区が誇るマンガアニメ文化の魅力を全国に向けて発信している。

[画像6: https://prtimes.jp/i/4829/2250/resize/d4829-2250-586330-6.jpg ]

●西澤潤(小学館)
編集者、プロデューサー。『ビッグコミックオリジナル』副編集長、『週刊ポスト』編集長代理、月刊小説誌『STORY BOX』編集長、小学館新書統括を経て、現在に至る。井沢元彦『逆説の日本史』、大沢在昌『俺はエージェント』、宮部みゆき『模倣犯』、弘兼憲史&坂田信弘『GOLF練習嫌いはこれを読め!』等のベストセラーをはじめ、プロデューサーとして、テレビ番組『逆説の日本史』『日本史真髄』(共にTBS NEWS)、オーディオブックも手掛ける。

[画像7: https://prtimes.jp/i/4829/2250/resize/d4829-2250-686692-5.jpg ]

●河北壮平(講談社)
文芸第三出版部にて「講談社ノベルス」編集長などを経て、現在文庫レーベル「講談社タイガ」編集長。近作の担当に、相沢沙呼『medium 霊媒探偵定塚翡翠』、野崎まど『タイタン』などがある。


[画像8: https://prtimes.jp/i/4829/2250/resize/d4829-2250-468460-7.jpg ]

●北阪昌人(脚本家)
作家・脚本家。日本放送作家協会会員・日本脚本家連盟会員。
ギャラクシー賞、文化庁芸術祭優秀賞、民放連賞など受賞多数。
『NISSAN あ、安部礼司』『FMシアター』『文学の扉』他、ラジオドラマ脚本多数。東京作家大学にてラジオドラマセミナー開講。
著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、絵本『えいたとハラマキ』(小学館)、『ラジオドラマ脚本入門』(映人社)がある。


[画像9: https://prtimes.jp/i/4829/2250/resize/d4829-2250-296461-8.jpg ]

●延江浩(作家/エフエム東京ゼネラルプロデューサー)
TOKYO FM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。
国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。
小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞、放送文化基金グランプリ、日本民間放送エンタテーメント部門最優秀賞など受賞。



<連動番組>

TOKYO FMで放送中「羽多野渉と古賀葵 コエ×コエ」でも連動して最新情報をお届けします!

[画像10: https://prtimes.jp/i/4829/2250/resize/d4829-2250-137767-9.jpg ]

◇番組概要:
81プロデュースと、TOKYO FMがお送りするアニーバーサリー・イヤー・プログラム。81プロデュースに所属する羽多野と古賀が、「声」「台詞」「言葉」にフォーカスし、深堀り。紹介する楽曲も“いいコエ”に着目!パーソナリティやリスナーが「格好良いコエ」「かわいいコエ」など心に残る視点でセレクトし、邦楽・洋楽、アニソン問わずオールジャンルでお届け。
◇放送 : TOKYO FM
◇日時 : 毎週土曜日 深夜3時30分~深夜4時00分
◇パーソナリティ: 羽多野渉 古賀葵 コエタマちゃん(CV: 奥友沙絢)
◇番組サイト: https://audee.jp/program/show/50252


◆番組パーソナリティから
【羽多野渉】
「自由な発想という事で思いついたら書き出して頂いて送って欲しいです。
個人的にはサイバーパンクな世界観が好きで、機械と人間が融合しているような、
そんなストーリーとかあったらカッコいいな~と思いますね!」

【古賀葵】
「例えば、異世界に飛んでみたり!タイムスリップしてみたり!
劇的に感情が揺れ動く冒険ものとかいいですね!」

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング