1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

クラウドコンピューティングの市場規模、2026年に9,473億米ドル到達予測

PR TIMES / 2021年12月28日 19時15分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「クラウドコンピューティングの世界市場 (~2026年):サービスモデル (IaaS・PaaS・SaaS)・展開区分 (パブリック・プライベート)・組織規模・産業・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を12月27日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1035329-cloud-computing-market-by-service-model.html



[画像: https://prtimes.jp/i/71640/2274/resize/d71640-2274-997b569d06655bf641c4-0.png ]


クラウドコンピューティングの市場規模は、2021年の4,453億米ドルからCAGR16.3%で成長し、2026年には9,473億米ドルに達すると予測されています。APAC(アジア太平洋)地域での技導入は増加したものの、全体としてCOVID-19パンデミックによる影響が心配されています。企業のビジネス機能の維持にWFH(ワークフロムホーム)を採用している分野で、同市場が拡大することが予想されます。

クラウドコンピューティングは、企業がインターネット上にホストされたリモートサーバーを使用して、重要なデータを保存、管理、処理するのに役立ちます。Webサイトやモバイルアプリケーションで生成されるデータ量の増加、顧客満足度を高めるための顧客中心のアプリケーションへの関心の高まり、資本支出(CAPEX)と運用支出(OPEX)の管理と削減の必要性などが、新興技術の成長を促進する要因となっています。ビッグデータ、AI、機械学習(ML)などの新興技術が普及し、クラウドコンピューティング市場の成長につながっています。データセキュリティ、ディザスタリカバリ(DR)の迅速化、コンプライアンス要件の充足などの要因が、クラウドコンピューティングサービスの成長を促進しています。リスクの軽減、データの移動や保存における拡張性や柔軟性の実現、ストレージやインフラの複雑さの軽減、ビジネス効率の向上などのニーズが、クラウドコンピューティング市場の成長につながっています。


COVID-19によるクラウドコンピューティング市場への影響

各種企業の多くが、従業員の福利厚生と業務効率の維持のために在宅勤務モデルを採用しており、SaaS(Software-as-a-Service)ベースのコラボレーションソリューションの需要が急増しています。例えば、Microsoft Teamプラットフォームのユーザー数は、コラボレーションソリューションへの需要の高まりにより、全世界で4,400万人に達しています。一方、単体の8x8 Video Meetingsクラウドソリューションは、2020年初頭に150カ国で登録ユーザー数が300%以上増加しました。他にも、Google Hangouts、Cisco Webex、Slack、Zoom、Ding Talk、WeChat Work、Tencent Meetingなど、人気の高いSaaSベースのコラボレーションツールが支持を集めています。

各国のロックダウンにより多くの人が家に留まることになり、Netflix、Hulu、Amazon、Disney+、Twitch、YouTube、Apple TVなどのストリーミングプラットフォームに対する需要が大幅に増加しています。このようなビデオオンデマンド(VoD)の急増により、消費者の要求に応えるためのIaaSの需要が高まっています。世界中の企業が、エンドユーザーの新たなニーズに対応するためにサービスを拡大しています。

推進要因:インフラとストレージのコスト削減による投資収益率の向上

企業は、データをオンプレミスでホスティングする場合、初期導入コストやメンテナンスコストを考える必要があります。さらに、電気代や人件費、ダウンタイムの問題なども企業にとっては懸念材料です。既存の競争や世界的な経済状況により、ビジネスモデルを再構築するための費用対効果の高い手段の採用が加速しています。また、デジタルトランスフォーメーションの導入やカスタマーエクスペリエンスの向上を目指す企業が増えていることも、クラウドコンピューティングサービスの導入を促し、最終的に企業のコストを削減する要因となっています。さらに、クラウドには、企業がサービスを利用した分だけ支払うことができる従量課金モデルのメリットがあり、コスト削減につながります。特に、新興企業や中小企業は、オンデマンドで利用できることや低コストであることなどの利点から、クラウドサービスの導入にシフトしています。また、クラウドサービスを利用することで、従業員は他の重要な業務に集中することができます。企業はクラウドコンピューティングサービスの導入を急ピッチで進めています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1035329-cloud-computing-market-by-service-model.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: https://www.gii.co.jp
委託調査: https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会: https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください