LINE MUSIC、サブスク時代のベストソング・アーティストを発表!サービス5周年を記念した特集サイトをオープン

PR TIMES / 2020年6月11日 12時15分

歴代LINE MUSICランキング1位は『Official髭男dism「Pretender」』に決定!最も再生されたアーティスト1位は『AAA』、インディーズアーティスト1位は『t-Ace』

LINE MUSIC株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)は、当社が運営する音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」がサービス開始から5周年を迎えるにあたり、5年間で最も人気だった楽曲やアーティストを発表いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/1594/2303/resize/d1594-2303-166855-0.jpg ]

「LINE MUSIC」は、2015年6月11日にスタートいたしました。邦楽から洋楽まで様々なジャンルの楽曲を6,400万曲以上配信しており、累計ダウンロード数3,200万を突破しております。気分に合わせてLINEのプロフィールに設定できる「プロフィールBGM」や「LINE着うた(R)」など、「LINE」アプリと連携した独自機能が人気を集め、MAU(月間アクティブユーザー)は1,300万人(2020年1月時点)となっております。


2020年1月からは、ユーザー登録無し・広告無しですべての楽曲*2やミュージックビデオを毎月フル再生できる「独自フリーミアムモデル*1」を導入しました。これにより、いろいろなシーン・場面に合った自身のスタイルで、「聴きたい!」と思ったそのときにオンデマンドで自由に音楽をお楽しみいただけます。


「LINE MUSIC」は、様々な機能をアップデートすることで、より多くのユーザーが世界中の新しい楽曲・アーティストに出会えるような入り口になるとともに、サブスクリプション型音楽サービスの楽しさを直接体験していただく機会を創出し、日本の音楽市場の活性化を目指して、日々新たな挑戦を続けています。

*1:1回フル再生後、翌月1日にリフレッシュされるまでは通常通り30秒試聴。楽曲・MV再生に伴うアーティストへの対価に関しては、すべてお支払いしています。
  詳細はこちら: https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3052
*2:ダウンロード購入限定曲は対象外


そして、本日「LINE MUSIC」は、サービス開始から5周年を迎えたことを記念し、5年間で最も人気だったベストソング・アーティストを発表いたします。また2015年~2020年までの歴代ヒット曲を年代ごとに振り返ることができる5周年記念サイトを公開しました。
URL: https://music.line.me/pr/5th/




ランキングサマリー


・5年間で最も人気だった楽曲は、Official髭男dism「Pretender」。
・5年間で最もBGMに最も設定された楽曲も、Official髭男dism「Pretender」と2冠受賞。
・5年間で最もLINE着うた(R) (呼出音・着信音)に設定された楽曲は、JY「好きな人がいること」。
・5年間で最も再生されたアーティストは「AAA」。インディーズアーティストでは、ラッパー「t-Ace」。





ランキング項目 (集計期間:2015年6月11日~2020年4月30日)


1.5年間で最も人気だった歴代LINE MUSICランキング*3
2.ジャンル別 歴代LINE MUSICランキング
3.5年間で最もBGMに設定された楽曲*4
4.5年間で最もLINE着うた(R)に設定された楽曲
5.5年間で最も聴かれたアーティストランキング
6.5年間で最も聴かれたインディーズアーティストランキング
*3:再生回数を含むLINE MUSICの独自のロジックにて算出(ダウンロード限定楽曲は除く)
*4:5年間で最もBGM(プロフィールBGM+トークBGM)に設定された回数を元に算出





5年間で最も人気だった歴代LINE MUSICランキング1位はOfficial髭男dism「Pretender」。


「5周年ランキングTOP100」をプレイリストでチェック: https://lin.ee/uZeOOHY/lnms
[画像2: https://prtimes.jp/i/1594/2303/resize/d1594-2303-161073-5.jpg ]


5年間で最も人気だった楽曲は、Official髭男dism「Pretender」でした。同曲は配信スタートとなった2019年5月から2020年4月までの12か月間連続で、月間ランキングTOP5にランクインし続けたロングヒット作品です。また、TOP10のうち4曲が、Official髭男dismの楽曲というところから、ストリーミングを代表するヒットアーティストに。

2位は、2018年7月リリースのあいみょん「マリーゴールド」、3位は、2019年2月リリースのKing Gnu「白日」、4位はEd Sheeran「Shape of You」、5位は清水 翔太「My Boo」となりました。


ジャンル別の歴代LINE MUSICランキング
世界中で大ヒットし、第59回グラミー賞にもノミネートされたThe Chainsmokers「Closer feat.Halsey」や、結婚式の定番曲Maroon 5「Sugar」、大ヒット映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』の主題歌G-Eazy & Kehlani「Good Life」などがランクインしました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/1594/2303/resize/d1594-2303-626212-6.jpg ]




5年間で最もBGMに設定された楽曲ランキング1位は、Official髭男dism「Pretender」


「5周年BGMランキングTOP100」をプレイリストでチェック: https://lin.ee/yz5ewo4/lnms

[画像4: https://prtimes.jp/i/1594/2303/resize/d1594-2303-442608-4.jpg ]


5年間で最もBGM(プロフィール+トークBGM)に設定された楽曲も、Official髭男dism「Pretender」でした。2位3位も「5年間で最も人気だった歴代LINE MUSICランキング」と同じく、あいみょん「マリーゴールド」、King Gnu「白日」でした。4位は菅田 将暉「まちがいさがし」、5位はback number「クリスマスソング」とランクインしています。

何度も聴くほどお気に入りの楽曲は、パーソナルなページでもあるLINEのプロフィールBGMに設定したいユーザーの気持ちが窺えます。5年間でプロフィールBGMに設定された合計設定数は、1億6,903万4,354回でした。(集計期間:2015年6月11日~2020年4月30日)


現在、「プロフィールBGM」ユーザーは1,200万人(※2020年5月時点)を突破、LINE上の友だちが設定している音楽であることから、自然と愛着のある音楽との出会いに繋がったり、友だちとの会話の入り口になることから、音楽を通じたコミュニケーションの一環として楽しんでいただいております。




5年間で最もLINE着うた(R) (呼出音・着信音)に設定された楽曲1位は、JY「好きな人がいること」


「5周年着うたランキングTOP100」をプレイリストでチェック: https://lin.ee/SonEk70/lnms

[画像5: https://prtimes.jp/i/1594/2303/resize/d1594-2303-963674-3.jpg ]


5年間のうち、最もLINE着うた(R) (呼出音・着信音含む)に設定された楽曲は、2017年5月リリースのJY「好きな人がいること」でした。同曲はドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)の主題歌として広まり、リリースから3年経った今もなお、多くの恋するユーザーから歌詞に共感を得ており、「歌ってみた」や弾き語り動画がSNS上で見られます。


続く2位は、2016年8月リリースのピカチュウ(CV:大谷育江)「ピカチュウのうた」。「ピカチュウ」や「ピカ」を連呼する同曲の虜になってしまったユーザーが続出し、ピカチュウの可愛い声が着信をお知らせしてくれるので電話を楽しみにするユーザーも。


3位は2015年5月リリースの、平井 大「Slow & Easy」でした。ウクレレや波の音に癒される同曲は、夏になると聴きたくなる定番曲となりました。「焦ることない、のんびり行こうよ」というメッセ―ジが込められ、これからの季節にぴったりのサマーソングです。4位は清水 翔太「My Boo」、5位はwhiteeeen「キセキ~未来へ~」でした。



5年間で最も聴かれたアーティスト1位は「AAA」。


[画像6: https://prtimes.jp/i/1594/2303/resize/d1594-2303-195466-2.jpg ]


5年間のうち、LINE MUSICで最も再生されたアーティスト1位は「AAA」でした。2位は「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」、3位は「西野 カナ」、4位は「BTS」、5位は「Official髭男dism」となりました。グループアーティストが多くランクインする結果となりました。




5年間で最も聴かれたインディーズアーティスト1位は、「t-Ace」。


LINE MUSICでは2018年から顕著にインディーズアーティストの再生回数の伸びが見られ、大手メジャーレーベルのアーティストと並んで人気が高まっています。
詳細: https://note.linemusic.jp/n/n39890bb83b76?magazine_key=m9a25801d1113
[画像7: https://prtimes.jp/i/1594/2303/resize/d1594-2303-229385-1.jpg ]

そのような背景の中、今回発表するインディーズアーティストランキングで、この5年間で最も聴かれたインディーズアーティスト1位は、若い世代のカリスマ的存在となっているラッパー「t-Ace」でした。2位はYouTubeチャンネル登録者数が230万を越えるDJ集団「レペゼン地球」、3位はヒップホップ・クルー「BAD HOP」、4位は「マカロニえんぴつ」、5位は「心之助」となりました。


LINE MUSICでは、今回発表した総合ランキングのトップ100やジャンル別ランキングの各種プレイリストを5周年ランキングトピックにまとめて配信しています。
[画像8: https://prtimes.jp/i/1594/2303/resize/d1594-2303-593321-7.png ]


「5周年ランキング」: https://lin.ee/Ob0Z3Fj/lnms


【LINE MUSIC 概要】
「LINE MUSIC」は、独自フリーミアムモデルにより、ユーザー登録無し・広告無しで、邦楽・洋楽問わず6,400万曲すべての楽曲*2やミュージックビデオを毎月フル再生できる日本発の音楽ストリーミングサービスです。
サービス開始日:2015年6月11日
価格:ダウンロード無料(アプリ内課金)
開発・運営:LINE MUSIC株式会社
サービスサイト: https://music.line.me/top/
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/linemusic/id966142320?mt=1
Google Play: http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.linecorp.linemusic.android
公式twitter: https://twitter.com/LINEMUSIC_JP
公式note: https://note.linemusic.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング