GMOクラウド:「GMO電子契約サービスAgree」とドキュメントフレームワーク「OPROARTS」が連携

PR TIMES / 2018年3月13日 14時2分

~「Salesforce」など顧客管理クラウド上で、ドキュメントの作成から管理までシームレスに~



2018年3月13日
報道関係各位

GMOクラウド株式会社
日本オプロ株式会社
==========================================================
「GMO電子契約サービスAgree」と
ドキュメントフレームワーク「OPROARTS(オプロアーツ)」が連携
~「Salesforce(セールスフォース)」など顧客管理クラウド上で、
ドキュメントの作成から管理までシームレスに~
==========================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満
以下、GMOクラウド)と、日本オプロ株式会社(代表取締役社長:里見 一典 以下、
日本オプロ)は協業し、「GMO電子契約サービスAgree(以下、GMO電子契約Agree
)」とドキュメントフレームワーク「OPROARTS(オプロアーツ)」のサービス連携
を、本日2018年3月13日(火)より開始いたしました。
 これにより、両サービスをご利用の企業は、「OPROARTS」と連携している顧客
管理(CRM)/営業支援(SFA)などの連携クラウドサービス上で、保存している顧
客データを元にしたドキュメント(契約書/申請書/検収書/納品書/作業報告書な
ど)の作成・PDF化から、「GMO電子契約Agree」による取引先への送信・電子署
名(押印)依頼・管理までをシームレスかつ簡単に行うことができます。また、
「GMO電子契約Agree」に保管されているドキュメントは、「OPROARTS」の機能に
より、連携クラウドサービスへ出力することも可能です。
[画像: https://prtimes.jp/i/136/2321/resize/d136-2321-197959-0.jpg ]


---------------------------------------------------
【「GMO電子契約Agree」と「OPROARTS」連携の背景】
---------------------------------------------------
 GMOクラウドの「GMO電子契約Agree」は、電子契約の締結から管理までをワン
ストップで行える、クラウド型の電子契約サービスです。2017年2月からは、契
約締結・管理業務をより効率化できるよう、企業が業務で導入している基幹シス
テム(*1)や帳票、CRMシステムとの連携が可能になるAPI(Agree API)(*2)
を公開しております。
 一方、日本オプロが提供する「OPROARTS」は、「Salesforce」や「kintone」
といったCRM/SFAなどの様々な連携クラウドサービスに保存されたデータを活用
し、データの抽出から帳票や契約書などのドキュメント生成、配信先別のデータ
やドキュメントの仕分けを行う、クラウド型で提供されるドキュメントフレーム
ワークです。
 このたびGMOクラウドと日本オプロは、ドキュメントの作成から、取引先(お
客様)への送信・電子署名依頼・管理までの一連の業務プロセスが分断すること
なくシームレスに行えるよう、Agree APIを活用して、「GMO電子契約Agree」と
「OPROARTS」のサービス連携を開始いたしました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング