「ノンフィクションW 触れる 感じる 壊れる絵本~造本作家・駒形克己の挑戦~」が第42回国際エミー賞芸術番組部門にノミネート!

PR TIMES / 2014年10月15日 13時41分

 昨年4月に放送いたしました「ノンフィクションW 触れる 感じる 壊れる絵本 ~造本作家・駒形克己の挑戦~」が、第42回国際エミー賞の芸術番組部門にノミネートされました。
 国際エミー賞に当社の番組がノミネートされるのは、2011年の「ノンフィクションW はじまりの記憶~現代美術作家・杉本博司~」、2012年のWOWOWオリジナル番組「ブルーマン」、2013年の「連続ドラマW 天の方舟」に続き4年連続4回目となります。  

 国際エミー賞とは、50を超える国の500社以上の放送局や番組制作会社などを代表する会員によって構成される「国際テレビ芸術科学アカデミー」(The International Academy of Television Arts & Sciences)が主催する権威ある賞で、アメリカ以外で制作・放送された優秀なテレビ番組に贈られます。
 第42回国際エミー賞の受賞作発表および授賞式は、現地時間2014年11月24日(月)にニューヨークで行われます。

「ノンフィクションW 触れる 感じる 壊れる絵本 ~造本作家・駒形克己の挑戦~」は、五感で“感じる”独創的な絵本で世界から注目される造本作家・駒形克己が、フランスの美術学校からの依頼で初めて挑んだ、手話言語による絵本の制作過程に密着したドキュメンタリーです。
 今回のノミネートを受け、12月にWOWOWプライムで当該作品の再放送を予定しております。

 WOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。」のコンセプトの下、今後もオリジナル番組の制作に力を入れ、視聴者の皆様に上質なエンターテインメントをお届けしていきます。


【お問い合わせ先】
(マスコミ関係)広報部  TEL03(4330)8080
(IR関係)IR経理部  TEL03(4330)8089


「ノンフィクションW 触れる 感じる 壊れる絵本 ~造本作家・駒形克己の挑戦~」概要
放送概要
● 初回放送 2013年4月19日(金)【WOWOWプライム】
● 再放送予定 2014年12月【WOWOWプライム】

番組内容  ※番組情報は初回放送時のものです。
オリジナリティあふれる絵本と、紙を使ったワークショップで世界中からオファーを受けている造本作家・駒形克己。電子書籍の普及で本もデジタル化が進む中、「紙が持つ、壊れるもろさにこそ無限の可能性が眠っている」と語る駒形は、新たな挑戦にフランスの美術学校から依頼された“手話の絵本”の制作を選ぶ。独立した言語である手話は、国や地域などによって種類や動作も異なる。
テーマを「オオカミ」「アヒル」「ゴリラ」といった動物を表わす手話に決めた駒形は、手話のリサーチのため韓国・ソウルのろう学校を訪れる。
“感覚”を大事にする独特なアプローチ、制作にあたっての試行錯誤、各動物の感触を表現するための質感や色合いなどの紙選びへのこだわりなど、“手話”という音のない言葉を形にしようとする駒形の挑戦を追う。併せて、彼のワークショップの模様も紹介する。

<出演>
ナレーション:原田知世

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング