「イオン 首里城復興支援プロジェクト」一丸となって復興支援に取り組みます

PR TIMES / 2020年10月20日 18時45分

“首里城を再び”と願うすべての人々の心(くくる)に寄り添います



 イオンは、昨年10月31日未明に発生した大規模火災により世界遺産の首里城が甚大な 被害を受けたことにともない、次代を継承する文化的資産の復元を継続的に支援したいとの 想いから、「イオン 首里城復興支援プロジェクト」を発足しました。
 まもなく火災から一年を迎えようとする今、新たなスローガンを掲げ2026年とされる 首里城正殿の復元まで継続的に支援してまいります。

[画像: https://prtimes.jp/i/7505/2345/resize/d7505-2345-763694-0.jpg ]

 イオンはこれからも、沖縄の伝統・文化を未来に引き継ぐことを目的に、地域と手をたずさえ、一丸となってともに歩んでまいります。

「イオン 首里城復興支援プロジェクト」の取り組みについて
■首里城復興支援 1億円を贈呈
公益財団法人イオンワンパーセントクラブは、向こう5年間に5億円の支援を表明し、火災からまもなく1年を迎える首里城の復興にお役立ていただくため、沖縄県に贈呈いたしました。
日時:2020年10月20日(火)
場所:沖縄県庁
金額:1億円
出席者:沖縄県 県知事 玉城デニー様
公益財団法人イオンワンパーセントクラブ理事長 横尾博
イオン琉球株式会社代表取締役社長 佐方圭二

■第一回 首里城パネル展・首里城ぬり絵展を開催
イオン南風原ショッピングセンターにて一般財団法人美ら島財団様協力のもと、貴重な資料をパネルで紹介したり、地域の子どもたちのぬり絵約500枚を展示します。

■首里城WAON寄付額 10倍に引き上げて支援
イオンの電子マネー「首里城WAON」では、2020年9月1日(火)~11月30日(日)ご利用分を通常ご利用金額0.1%から10倍の1%に引き上げて支援します。

■イオングループ各社の支援募金を実施
全国のお客さまの”応援したい”お気持ちにお応えするため、2020年11月1日(日)~11月30日(日)支援募金を受け付けます。イオン銀行、イオンカードおよびときめきポイントを活用、WAON POINTを活用した支援募金を受付いたします。

■イオン琉球 全55店舗で店舗募金を実施
2020年11月1日(日)~11月30日(日)の期間、「首里城支援店頭募金」を実施します。
※皆さまからのお預かり金はすべて一般財団法人美ら島財団「首里城基金」へ贈呈されます。

■首里城の復元に必要となる”イヌマキの木”の育成、苗木の里親プロジェクトを開始
公益財団法人イオン環境財団の「苗木の里親プロジェクト」のもと、イオン環境財団、イオン琉球(株)が首里城公園友の会と協働で植樹を行い、新たなみどりを育んでいきます。
苗木の配布:2020年12月初旬~
配布数:100本
苗木の里親期間:約1年間
植樹場所:2021年11月以降、沖縄県国頭辺野喜ダム付近を予定

これまでの復興支援プロジェクトの歩みや、取り組みの詳細はリリースをご確認ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング