「氣志團万博2014 ~房総大パニック!超激突!!~」いよいよWOWOWで今日からオンエア!

PR TIMES / 2014年10月31日 20時17分

「氣志團万博2014 ~房総大パニック!超激突!!~」本日10/31(金)夜9:00、二日目11/1(土)夜9:00、最終日11/2(日)夜9:00[WOWOWライブ]



気持ちのよい秋晴れ。氣志團万博2014、最初のステージに立ったのは森山直太朗だった。ケツメイシの「さくら」にのってセンターステージに登場。「青い空、白い雲、広がる海、最高の出演者たち、素敵なオーディエンス、他に何がいるますか?何もいりません!」。そんな言葉に朝早くから会場に駆けつけたお客さんが湧く。そして2年目の今年は“やりたいようにやる”宣言。カラオケの画面をスクリーンに映し出して、「さくら」を歌った。伸びやかなファルセットが空に響く。得点は……73.142点。もちろんネタだが、微妙な数字に森山は苦笑い。続いて、ぽろぽろとギターを爪弾き、「若者たち」のカバーを歌い終えると、出演者代表として開会宣言。いよいよ3日間の「氣志團万博2014」スタートだ!


1日目のトップバッターは今年30周年を迎えた伝説のパンクバンド、ニューロティカだった。「夏・スイカ・27才」「気持ちいっぱいビンビンビン!!」「DRINKIN' BOYS」などを披露。そして次に登場したのは、昨年、豪雨の中のパフォーマンスが多くの出演者たちからMVPと評されたアイドルユニット私立恵比寿中学は、今年は清々しい青空の下に姿を現した。この日は、気弱な男子生徒に扮した小林歌穂と中山莉子に絡むスケバン姿のメンバーたちを見て、ギャル女子高生役の星名美怜が、「マジでスケバンがいてウケるんですけど~」という寸劇からのスタート。そして、激しいダンスで一気に会場を魅了していく。昨年の豪雨の出演シーンの映像をバックにして、「大人はわかってくれない」までノンストップに歌って踊り、昨年のリベンジを果たした。


氣志團万博には、主催者・綾小路 翔がリスペクトをもって招聘したアーティストが多く出演している。続く筋肉少女帯もまた、綾小路に多大な影響を与えたバンドの1つだ。「氣志團を作ったのは筋肉少女帯だぜー!」と、ボーカル大槻ケンヂが叫ぶと、1曲目「イワンのばか」からギタリスト橘高文彦の美しき速弾きプレイがさく裂。ハードロック~メタルを基盤とする筋少の重厚なロックが展開する。さらに、この日はトリで出演する、ももいろクローバーZに大槻が歌詞を提供した「労働讃歌」でメンバー全員がラップを聴かせる貴重なパフォーマンスも。観客の熱狂とともに、まさにあっと言う間に時が過ぎたステージとなった。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング