2万5000人が感動!JUJUがライブに懸けた思いを語る カヴァーライブイベント「ジュジュ苑」10周年スペシャル

PR TIMES / 2014年11月12日 9時51分

JUJU SUPER LIVE 2014 -ジュジュ苑 10th Anniversary Special- / 11月22日(土)「TOUCH!WOWOW2014」内でオンエア!



今年デビュー10周年を迎えたJUJU。11月22日(土)、WOWOWが開催する「TOUCH!WOWOW2014」では、10月12日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われた「JUJU SUPER LIVE 2014 -ジュジュ苑 10th Anniversary Special-」を放送する。「ジュジュ苑」は人気のカヴァーライブイベントで、今回はその10周年スペシャル。JUJUが記念すべきライブに対する思いを語った。

屈指の実力派アーティストにとって、カヴァー曲は自身の原点だという。

「子どもの頃、『歌っていいな』と実感したのがカラオケ。名曲を歌うのは代えがたい喜びです。『ジュジュ苑』はそんなカラオケスナックにいる雰囲気を分かち合いたく、200人規模の会場からスタートしました。ファンの方との距離感が非常に心地良く、私自身も楽しいライブイベントです」

さいたまスーパーアリーナで歌うのは自身初。アリーナ中央にセンターステージを設け、2万5000人の観客が周囲を取り囲んだ。

「大規模な会場でのパフォーマンスに不安がありましたが、いざ始まってみるとものすごく楽しい! センターステージは初めてでしたが、360度どこを向いても正面になるというのも新鮮(笑)。終演直後は、もう1回最初からやりたい!と、思ったほどでした」

アリーナクラスの会場ならではのドラマチックな演出も見ものだ。

「スタッフがリハーサルの時から、『上からの景色を見せてあげたい』と。お客さまに配られたLEDリストバンドと会場の照明によって会場が暖かな光で満たされるのをステージ上から見て、とても感動しました。できあがった映像が楽しみです」

この日は10年の集大成として、カヴァー曲とオリジナル曲の各10曲が披露された。

「大変なことも多かった10年ですが、ファンの方の笑顔がすべてを帳消しにしてくれました。歌うことで支えてくれた方たちに恩返しをしていきたいです」

感謝の気持ちを込めた熱唱で、大観衆を感動させたJUJU。その歌の魅力を存分に堪能できるプログラムを要チェックしたい。


【オンエア情報】
JUJUの人気カヴァーカバーライブイベントを「TOUCH!WOWOW2014」で放送、総合司会の菊川怜がその魅力を直撃!
WOWOWは11月22日(土)に「TOUCH!WOWOW2014」を開催する。
今年はWOWOWの3チャンネルで午前10:00から夜10:00まで12時間にわたり、スポーツ、映画、音楽、ステージなど多彩なプログラムを放送する。

イメージキャラクターは全米オープンテニス男子シングルス準優勝を果たし、日本中を熱狂させた錦織圭。総合司会を川平慈英と菊川怜が担当する。
音楽番組の目玉のひとつである「JUJU SUPER LIVE 2014-ジュジュ苑 10th Anniversary Special-」。

ライブ放送の前には、JUJUと菊川怜の対談が実現。
過去にもJUJUのライブに足を運んでいる菊川が、JUJU苑をナビゲート!

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング