1月1日はWOWOWでザ・ローリング・ストーンズを大特集!「新春ストーンズ祭り」1/1(木・祝)午後0:00~WOWOWライブで放送!

PR TIMES / 2014年12月26日 10時57分



「新春ストーンズ祭り」http://www.wowow.co.jp/pg_info/wk_new/009288.php

■1/1(木・祝)午後0:00~[WOWOWライブ] 
「ザ・ローリング・ストーンズ ロックンロール・サーカス」
1968年にTV用作品として収録されたものの、その後30年近くにわたって公開されずにお蔵入りしていたザ・ローリング・ストーンズの伝説の映像作品「ロックンロール・サーカス」。ザ・ローリング・ストーンズを中心に、ジョン・レノン、エリック・クラプトン、ザ・フー、ジェスロ・タル、マリアンヌ・フェイスフル、タジ・マハールら豪華にして多彩な面々が参加したロックンロール・ショーである。なかでもミニ・ロック・オペラ「クイック・ワン」を披露したザ・フー、ジョン・レノンがこのショーのために結成したザ・ダーティ・マック(ギターはエリック・クラプトン、ベースはキース・リチャーズ、ドラムスはミッチ・ミッチェル)がストーンズを凌ぐパフォーマンスをみせたため、それを嫌がったミック・ジャガーが公開を封印したという説もある曰く付きの作品でもある。ストーンズ・ファンはもちろん、ブリティッシュ・ロック台頭期のドキュメントとしても必見!


■1/1(木・祝)午後1:10~[WOWOWライブ] 
「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」
ご存じM・ジャガーが、音楽もの映画でも実績と定評のあるハリウッドの巨匠スコセッシを監督に指名したことから始まった、この夢のコラボ企画。数万人を動員できる大型ドームの代わりに、スコセッシ監督は、NYの小規模な会場をあえて収録場所に選び、ストーンズの白熱のライブの模様を、18台ものカメラを駆使してより身近な距離から激写。ステージ上を所狭しと駆け回る彼らの今なお若々しくてエネルギッシュなパフォーマンスを、映画の観客も十二分に体感できる、最高にゴキゲンなライブ映画に仕上がった。
<内容/物語>
2006年秋、NYのビーコン・シアター。収容人数2800人と、ストーンズのライブ会場としては例外的に小規模なこのシアターは、プラチナチケットを手に入れた彼らのファンたちでぎっしり満員。当日のセットリストがなかなか決まらず、スコセッシ監督がやきもきするなか、おなじみの名曲「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の必殺のイントロが華々しく鳴り響いていよいよステージは幕を開け、白熱のライブがスタートする。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング