Uru 10/28発売の両A面シングル詳細解禁。カップリングには、「あなたがいることで」セルフカバー、wacci「別の人の彼女になったよ」カバーを収録

PR TIMES / 2020年9月28日 18時15分



Uruが10月28日リリースする両A面シングル「Break / 振り子」の詳細が解禁された。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13546/2484/resize/d13546-2484-495146-2.jpg ]

今作はUruにとって9枚目のシングルで、初の両A面シングル。
「Break」は、10月3日よりオンエアがスタートするTVアニメ「半妖の夜叉姫」のために書き下ろされた楽曲で、
作詞・作曲をUruが担当。アレンジャーに気鋭のミュージシャンYaffleを迎えた新機軸のアップナンバー。「振り子」は、10月30日公開の映画「罪の声」を主題歌を手掛けるにあたり、何度も鑑賞して書き下ろした幽遠なバラード。どちらの楽曲もこれまでのアーティストイメージをアップデートする、サードステージの幕開けを飾るに相応しい両A面シングルとなっている。

なお、「Break」は、パッケージリリースに先駆け10月10日にダウンロード・サブスクリプションで配信リリースされる。

カップリング曲には9月に開催した配信ライブでも披露していたwacci「別の人の彼女になったよ」のカバーソング、今年2月にデジタルシングルとしてリリースし自身の代表曲の1つになった「あなたがいることで」のセルフカバーver.を収録。5月の母の日に、外出自粛が続く中で、『会えなくても大切な人を想う気持ち』を写真とメッセージで公募し大切な人へ贈るメッセージや想いが溢れる写真とともに公開した動画でもこのバージョンの音源が使用され話題を呼んでいた。

さらに、初回盤には、自身初の開催となったUru Online Live 2020「あなたと私」より「いい女」、「プロローグ」、「星の中の君」3曲のライブ映像と、小松菜奈が出演した事でも話題を読んだ「今 逢いに行く」のMVをブルーレイで収録。アニメ盤(期間限定盤)には、「Break」のTVサイズと、アニメのノンクレジットムービーがブルーレイで収録される。

また、詳細解禁にあわせて初回盤、通常盤のCDジャケットも公開された。「オリオンブルー」までのシングルで表現された日常の風景から一変、荘重なアートワークに仕上がっており、楽曲と共に新しいステージに歩みを進めたデザインとなっている。アニメ盤の描き下ろしイラストジャケットは後日公開となる。
[画像2: https://prtimes.jp/i/13546/2484/resize/d13546-2484-718554-3.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/13546/2484/resize/d13546-2484-793662-1.jpg ]

3月にリリースしたセカンドアルバム「オリオンブルー」もロングヒットを続ける中、届けられる待望のニューシングル。Uruの新しい楽曲に期待が高まる。


【リリース情報】
New Single
「Break / 振り子」 2020.10.28 Release
「Break」 2020.10.10 先行配信

初回生産限定盤[CD+BD]
AICL-3945~6 ¥2,200(tax in)
トールサイズデジパック仕様
[CD]
1. 振り子
2. Break
3. 別の人の彼女になったよ
4. あなたがいることで Self-cover ver.
5. 振り子 -instrumental-
6. Break -instrumental-
[BD]
Uru Online Live 2020「あなたと私」
1. いい女
2. プロローグ
3. 星の中の君
4. 今 逢いに行く MUSIC VIDEO

通常盤[CD]
AICL-3949 ¥1,200(tax in)
初回プレス:カラートレイ仕様
[CD]
1. Break
2. 振り子
3. 別の人の彼女になったよ
4. あなたがいることで Self-cover ver.
5. Break -instrumental-
6. 振り子 -instrumental-

期間生産限定(アニメ)盤[CD+BD]
AICL-3947~8 ¥2,000(tax in)
アニメ描き下ろしイラストジャケット
トールサイズデジパック仕様

[CD]
1. Break
2. 振り子
3. 別の人の彼女になったよ
4. Break [TV size]

[BD]
TVアニメ「半妖の夜叉姫」
ノンクレジットエンディングムービー

<購入者特典>
Amazon:通常盤絵柄メガジャケ(24cm×24cm)
対象店特典:Uru/アニメ絵柄 両面ポスター(B3サイズ)
CD予約: https://smar.lnk.to/VhXEDO6a

【YouTube情報】
Uru 「あなたがいることで Self-cover ver.」
https://youtu.be/yFs0ImgVDBA

【アニメ情報】
読売テレビ・日本テレビ系 TVアニメ『半妖の夜叉姫』
10 月3日(土)夕方5時30分より放送開始 ※一部地域を除く
[画像4: https://prtimes.jp/i/13546/2484/resize/d13546-2484-757535-4.jpg ]

メインスタッフ 監督:佐藤照雄
シリーズ構成:隅沢克之
メインキャラクターデザイン:高橋留美子
アニメーションキャラクターデザイン:菱沼義仁
音楽:和田薫
アニメーション制作…サンライズ
製作:サンライズ・小学館・読売テレビ
「半妖の夜叉姫」公式サイト http://hanyo-yashahime.com/

<Uruコメント>
長い歴史があり、沢山の方に愛されているアニメ『犬夜叉』の新たなる物語『半妖の夜叉姫』のエンディングテーマを歌わせていただくことができ、とても光栄に思っています。
日本だけでなく世界中で愛されているアニメで、私の曲が海を越えたどこかの国の誰かが聴いてくださっているかもしれないと思うと少し不思議な気持ちですが、『犬夜叉』の物語と、新しい『半妖の夜叉姫』の世界観を大切に曲を書かせていただいたので、アニメと共に愛される曲になってくれたらと思います。

<『半妖の夜叉姫』 佐藤照雄監督コメント>
『半妖の夜叉姫』のエンディングテーマとして、Uruさんから楽曲提供をしていただけると聞いた時にはガッツポーズ出ました!
初めての出逢いは、「あなたがいることで」という楽曲でした。
透明感のある歌声とテーマ性のある歌詞、そして、スッと寄り添う感じのメロディーがすごく作品とリンクしていて、非常に素敵なアーティストさんだな、と言う印象を抱きました。
今回いただいた楽曲も、夜叉姫達キャラクターの想いが歌詞に綴られているようで作品を見ていくたびに歌詞が刺さって行く感じになれば幸いです!
曲調も、Uruさんらしく聴く人を吸い込むようなメロディーと歌声、さらに力強さも相まって素敵なエンディングテーマになってくれること間違いなしです!
たくさんの人たちに是非とも聴いていただきたいです。

【映画情報】
映画『罪の声』
10月30日(金)全国東宝系にて公開
[画像5: https://prtimes.jp/i/13546/2484/resize/d13546-2484-875785-0.jpg ]

出演:小栗旬 星野源
松重豊 古舘寛治 / 宇野祥平 篠原ゆき子 原菜乃華 阿部亮平 / 尾上寛之 川口覚 阿部純子 / 水澤紳吾 山口祥行 / 堀内正美 木場勝己 橋本じゅん 桜木健一 浅茅陽子 高田聖子 佐藤蛾次郎 佐川満男 宮下順子 塩見三省 正司照枝 沼田爆 岡本麗 若葉竜也 須藤理彩
市川実日子 火野正平 / 宇崎竜童 梶芽衣子

原作:塩田武士『罪の声』(講談社文庫)
監督:土井裕泰
脚本:野木亜紀子
音楽:佐藤直紀
主題歌:Uru 「振り子」 (ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:東宝
映画「罪の声」公式サイト https://tsuminokoe.jp/

■映画「罪の声」予告映像
https://youtu.be/LtgddsC92LM

<Uruコメント>
お話を頂き映画を拝見した時に、この作品に沿う主題歌とはどんな楽曲なのかとても考えました。
深く体に染み込ませる為に何度も観て少しずつ形にしていきましたが、希望を描こうとすると浅薄な思考や言葉ばかりが浮かび、再び観る。その繰り返しで、映画の人物達の目線で何度も書き直しました。
生きていると本当に様々な事がありますが、もし今、悲しみや苦しみの中にいて希望を見出せずにいたり、素直に涙を流す事が出来ずにいる方がいるのならば、この曲が「今悪い方へ振っているその振り子は、次は必ず光の方角へ振る」という希望になってくれることを願います。

<プロデューサー那須田淳コメント>
原作小説の衝撃的な着想にひかれ、ふたりの主人公に小栗旬さん星野源さんを想い読み進めて4年経ち、Uruさんの主題歌をえたことで映画が完成しました。Uruさんとは、ドラマ『コウノドリ』でもご一緒しています。『コウノドリ』のテーマは「命」。彼女の歌と歌声には、その源のようなところに響く何かが感じられました。Uruさんとは何も打ち合わせすることなく、ただ映画を見て頂き、この楽曲を作ってもらいました。映画『罪の声』には様々な人たちの人生が宿っています。生きてきた証や夢や希望、どんな人生にも必ずある「生きているということ」の源にある何かを感じ取ってもらいたくてこの映画を作りました。その深淵に潜む何かを、Uruさんは『振り子』で、響きしみいる歌声と詞で浮かび上がらせてくれたような気がします。どんな人生も美しいことを教えてもらった気がします。映画の主題歌とはこういうことかと初めて聞いた時から今も繰り返して感動しています。

【Uru オフィシャルinfo】
HP: http://uru-official.com
Twitter: http://twitter.com/uru_super
facebook: http://facebook.com/uru.singer
Uru Official Fan Club 「SABACAN」: http://uru-official.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング